行ってきました!ヤンゴン、月夜に輝く黄金寺院シュエダゴン・パゴダ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

みなさんこんにちは!

Shigeです!

僕は今回、ミャンマーの旧首都ヤンゴンにおいて伝説となっている寺院に夜間潜入してきました!

その寺院の名前は”シュエダゴン・パゴダ”

見渡す限り黄金が散りばめられ、中央にそびえ立つストゥーパと呼ばれる仏塔は、その神秘的なまでの輝きで道ゆく者の目を引きつけて止みません。

そんな”シュエダゴン・パゴダ”の魅了を、多くの写真を使ってみなさんに伝えて行こうと思います。

これが、ヤンゴンに今尚ある黄金に囲まれた世界です。

黄金寺院シュエダゴン・パゴダを守る聖獣が訪れる者を出迎える

パゴダ入り口に到着し、まず僕たちを出迎えてくれたのは黄金に輝く門と、その門を守護するように堂々と鎮座する2匹の聖獣でした。

日本の神社に狛犬やお狐様がいるように、ここシュエダゴン・パゴダでも神仏の使いとしての役割があるのでしょうか。

そびえる2匹の目玉は大きく、じっとこちらを監視しているようでした。

そんな2匹に見守られながら(?)記念撮影を1枚。


寺院は土足厳禁なので、ちゃんと靴を脱ぎましょう。

煌びやかな装飾と参拝露店の居並ぶ長い回廊

門をくぐり抜けた僕たちは、そこかしこに煌びやかな装飾が施された長い回廊を歩いていました。

壁に作り込まれた絵には、何かの歴史の様子が場面ごとに描かれているようでした。

回廊の左右には、参拝時に供えるための花や、宗教的仏具などを販売している露店が等間隔で並んでいました。
中には赤ん坊の子守をしながらお店番をしているお母さんの姿も。

回廊の中で寺院を守護するのは人と…ワニ?

しばらく回廊を歩いていると、空港でよく見る身体検査のゲートが姿を現しました。

結構しっかりと警護しているようだと感心していたのですが、実際通ってみるとほぼ形式的なものでした。
まあ、荷物は機械を通していたので、テロ要素を警戒してのことかなと思います。

(警備的観点から一部伏せさせていただきます)

警備を通り過ぎると、次に現れたのは階段の端に控える巨大なワニでした。

今までもいくつか寺院を見たことがありますが、龍がいたところもあれば人と猫が融合したような像があるところもあり、その寺院の特徴の一つになっているようでした。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万~320万円。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

シュエダゴン・パゴダの入場料と服装規定

回廊を抜け、ようやく中心部に入れるかと思いきや、ここで入場前最後の決まり、入場料支払いと服装チェックが待っていました。

現在、シュエダゴン・パゴダへの入場料は1人当たり10000チャット(約700円)

服装規定に関しては、わかる限りですが

男性:短パンNG。ロングパンツでもダメージが入っており破れ目から肌が見えるようなものはNG。
”ロンジー”と呼ばれる伝統的なスカートをズボンの上から巻きつければ入場可能。借りる時支払ったお金は、返却時に帰って来るので安心。

女性:過度な露出NG。はっきりとはわかりませんが、女性の場合ロングのスカートやワンピース、足のラインがわからないズボンを着用する必要があるように思われます。
ダメージなしのロングジーンズでも上からロンジーを着用するように指示があったためです。

それでも、ロンジーはとても綺麗な色合いをしており、折角なら着用してみるのも良い思い出になるのではないでしょうか。

黄金寺院シュエダゴン・パゴダいよいよ入場!

そこには黄金の世界が広がっていました。

何処を見ても黄金が輝く寺院。

光り輝く宝石が散りばめられた寺院。

そして堂々と月夜にそびえ立つストゥーパ(仏塔)

現在は改修工事のため足場が組まれていますが、それを感じさせない荘厳な輝きが僕たちを圧倒してきます。

夜空の黒によってより際立った金が一層この世界を幻想的に染め上げています。

美しい世界に触れた僕たちは、夢見心地でその光景に魅入っていました…。

寺院には人の数だけ祈りがある

今や観光地として人気を博しているミャンマーの各寺院ですが、当然のことながら本来の役割は宗教的なものです。

特にこのシュエダゴン・パゴダは、歴史的にも宗教的にも大変価値のある位置づけの寺院です。
そのため、ここには年齢性別、職業問わず多くの参拝者が訪れており、その眼差しはとても真剣なものでした。

そんな彼らを見るたびに、

「どんな想いで祈っているのだろう」

と考えずにはいられません。

多くの人が想いを込めてお祈りしているのを眺めながら、僕はふと思い出していました。

それは、入場料を支払うところでおっちゃんが言っていた言葉。

「どこの神様もお金好きだよ。それはブッタだって同じさ。」

そんなこと、ここで言っても大丈夫なのかと、その時は心配になるやら呆れるやらでした。

しかし今考えてみると、存在が不確かな神様たちがその上でなお、お金やらなんやらで願いを振り分けているのだとしたら、救われない話だなと思います。

まあ、まずは神様仏様に祈る前に、自分は自分の持ってる力でしっかり努力して進んでいこうと思った次第です。

帰路

気づけば月もそろそろ落ち始める時間になっていました。

そろそろ帰ろうかということになり、もと来た回廊を下っていき、僕たちは黄金寺院シュエダゴン・パゴダをあとにしました。

帰りも聖獣に見送られながら。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか。

日本でも京都の金閣寺や、豊臣公の黄金の茶室など、金にまつわる名所はありますが、ここまで黄金に囲まれた空間はないのではないでしょうか。

ここヤンゴンでは、そんな普段では手の届かない世界を誰でも味わうことができます。

また、黄金もさることながら、ミャンマーにおける寺院がどのようなものなのか、仏教という宗教がどれだけ人々に影響を与えているのかということも感じることができるはずです。

ヤンゴンに訪れた際は是非とも訪れてみることをお勧めします。

それでは、みなさんの旅が黄金のように輝くことをお祈りしております。

Shigeでした!

Shigeのうんちく

みなさんご存知かもしれませんが、金には純度があり、日本国内における金の純度が99.999%のものを”k24”と表記し、この純度が高いものほど柔らかいそうです。
逆に混ぜものが多く入っているものほど固くなり、酸化による劣化が目立つようです。

さて、度々改修工事をされているシュエダゴン・パゴダですが、一体どれだけの純度の金をどれほど使っているのか、興味が尽きませんね。

ちなみに、アメリカのステルス戦略爆撃機である”B-2 spirit”は機体と同重量の黄金と同じ値段がすると言われており、その製造価格は約2000億円だと言われています。

まったく、国家予算の無駄遣いですね。笑

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

旅が仕事YUUMA

求人

村人ブログ

神崎竜馬

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

Family – pickup

  1. ※写真: TRAVELER'S NOTE スタートから31日目から34日目新潟県…
  2. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  3. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP