ついて行ったらこうなった~上海茶会ボッタクリ詐欺に要注意!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

海外旅行にボッタクリはつきもの??
筆者が体験したボッタクリを皆様にシェアします。くれぐれもご注意を。

女1人、上海を旅した時の話です

外灘1

ボッタクリとの出会い

上海の観光名所”豫園”の最寄駅、地下鉄の豫園駅を降りてすぐ、写真を撮って下さい、と女子2人組に中国語で声を掛けられました。
豫園4
『ありがとう。中国人かと思いました。私達上海に観光に来きました。』
流暢な英語とたまに日本語の単語を交えながら、親しげに会話を続けてきました。(著者は英語がほぼ不自由なく話せます。)
『今、3年に1度のティーセレモニーをやってるので一緒に行きませんか?』
『遠慮しておきます、豫園を観光したいので。』
ボッタクリとは少しも考えず、筆者よりずいぶん若くて話が合わなそうだなぁ・・・とお断りしました。

観光を終え、ホテルへ帰ろうと駅へ向かうと、また写真を頼まれました。今度は男女2人組(いとこ)。
観光地で写真撮影はよくあること。同じように中国人に似てるね、から始まり、流暢な英語。
またティーセレモニーに誘われたのです。
後から考えるとここで詐欺と気付け!と思うのですが、日本人を騙すのなら日本語のはず、みたいな先入観と、中国人だと思われて話し掛けられたのだから日本人狙いではないだろうし、(実際に旅先で現地の人に似てるね、と言われることが多いので)ことごとく疑いを払い除けてしまいました。
※日本人狙いではないですよと言わんばかりに、あえて中国語で話し掛けるのが彼らの手口です※

2組に声を掛けられるなんて、さぞかし盛大なティーセレモニーなのかも!と愚かにもついて行ってしまいました。

こうやって人は詐欺に遭うんです。
後からは何とでも言えますが、その時は気がつかない。それが詐欺なのです。

てっきり屋外だと思い込んでいたら、茶館に到着

1
中に入るとチャイナ服の店員がおり、席に座ってメニューを見せられ、お茶が1杯45~145元。
買ったらこの値段なのね、と勝手に納得していました。

店員は中国語で話し、それを一緒に来た2人が英語で通訳をしてくれ、説明を受けながら6種類飲みました。試飲と思い込み疑わず、だって一杯はお猪口ほど湯のみです。

最後にチャイナ服の店員が茶葉を入れる箱を持ってきて、
店員『どれにする?』
ようやくついて来た事を後悔しました。一緒に来た2人は躊躇なく選びます。

・・高い。
中には日本円で1万以上のお茶もありました。

『ごめんなさい。手持ちがなかった。来る予定じゃなかったから。買うのは遠慮します。』
店員『でも飲んだ分は払って。398元(約7000円)。』
『あれは試飲じゃないんですか?』
一緒に来た女『メニューを見て納得してたでしょ?』
『あの値段は買ったらの値段でしょ?』
※1元=約17.5円

一緒に来た2人が通訳に入り、こんなやり取りが続くと、店員がマネージャーと呼ばれる人に電話をしました。マネージャーは英語が流暢だったため、今度は彼女と、払う払わないでしばらくもめることに。

 

(長いやり取りだったので途中割愛します。)

結局、飲んだ分は仕方ないと思い、130元だけ支払うこことで折り合いがつきました。

一緒に来た男『駅までの道は分るでしょ?先に帰っていいよ。』
私だけ店の外に出され、ようやく解放されました。

ホテルについて、”上海・お茶・詐欺”を検索すると沢山ヒット。
上海で今の流行りのキャッチ商法でした。中には2000元払った人もいるみたいです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

まとめ

昨今の物騒な世の中、無事に帰れただけでも幸運なのかもしれませんが、
自分のバカさに飽きれました。知らない人にはやはりついて行ってはいけない、と改めて実感した出来事でした。

皆様、上海ではくれぐれもお茶の誘いにご注意を。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  3. 2025km、61日間の思い出写真…
  4. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  5. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  6. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  7. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  8. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  9. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  10. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…

pickup 情報

  1. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…
  2. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  3. はじめに「海外旅行」で「夜遊び」とくれば、男としては本領発揮! と気勢を上げるところでしょう…
PAGE TOP