ふもとっぱらにキャンピングカー泊したよ!この場所での遊び方や周辺の見所

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

富士山の裾野に広がる草原の中、整備された芝生のキャンプ場があります。そこは、同じキャンプ場内にいても、端と端では車に乗りたくなるほどの広さを誇り、どのサイトからも富士山の全景を十分に堪能できる贅沢さを自慢にしています。

東京ドーム5個分という敷地の広さを生かし、大規模なイベントが開催されることも多く、富士山の見えるイベント会場として名の知られたキャンプ場ですが、やっぱり泊まって朝昼晩と富士山に見下ろされて過ごすキャンプ泊が一番のおすすめです。

ふもとっぱらでの飲食

キャンプ定番のバーベキューは、食材とコンロレンタルなどのセットがあり、予約は必要ですが、手ぶらかつお手頃な価格で楽しめます。また、キャンプ場内付属の「ふもとっぱら食堂」を見かけることがあるかもしれませんが、こちらは、スタッフ用。キャンプ場利用客は入れないのが残念です。

富士宮エリアは知る人ぞ知る焼きそば天国。焼きそば、焼きそば入りお好み焼き(モダン焼)など、焼きそば系の食品を扱う店があっちにもこっちにも。

・富士宮やきそば学会

富士宮駅構内にある店とは一味違う、富士山本宮浅間大社前のお宮横丁にある直営のアンテナショップがおすすめ。塩味、ソース味、ハーフ&ハーフなど、味付け違いの富士宮焼きそば学会の焼きそばを味わえるほか、他店の味との喰い比べもできます。屋外フードコートのような様相で、長居はしにくいものの、その分混雑していても流れは早く焼き立てをすぐに食べられます。お腹が空いているなら、迷わず大盛りにしておきましょう。

・お好み食堂 伊東

お好み焼きと焼きそばの店。巨大な鉄板が備え付けられた店内では、ジュージューとソースの焦げるいい匂いが漂っています。おすすめは五目焼きそば。具沢山で満足感が高い一品です。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

・さの食堂

地元の人に人気のある焼きそば店。焼きそばだけでなく、ラーメンや普通の定食も食べられるところが、何度も足を運びたくなる理由でしょう。駅近なせいもあり、昼時はかなり込み合います。焼きそばならすぐに出てきますが、作っている人が一人なのか? グループで行っていろいろ食べたい時には、複雑な注文をすると時間がかかるので、混雑時を避けていきましょう。

・うるおいてい 本店

他店のやきそばは焼いてもってきてくれることが多いけれど、ここは自分で焼いて食べるスタイル。焼きそばもお好み焼きも自分好みに仕上げられます。もちろん、腕に自信がなければヘルプを頼むことも可。卵かけご飯ならぬ、卵かけ焼きそばは、半熟加減になった卵ともっちり麺のハーモニーが素晴らしく美味です。

・虹屋ミミ

小さな店ですが、美味しさは本物です。たかが焼きそば、されど焼きそば。自分で作る焼きそばと一体なにが違うのか? と不思議になる美味しさを味わいに、何度も行きたくなる店です。

・農場レストラン

「まかいの牧場」の中にあり、家族連れでにぎわっています。牧場エリアは一部有料ですが、レストランの利用だけなら入場料は必要ありません。ここの魅力はバイキング形式であるところ。地元の食材を使った料理はそれほど種類が多いわけではありませんが、それでもおかわり自由なところは嬉しいですね。牧場のミルクを使ったジャムやソフトクリームは濃厚な味。これらのデザートもお替り自由です。

・PATAPATA富士宮店

焼きそばに飽きたら、洋食レストラン。パスタやピザの種類が多くて迷ってしまいます。ここは焼き立てピザの食べ放題で人気です。窯焼きされてチーズで火傷しそうなピザがどんどんと運ばれてきます。ランチセットにはドリンクバーもつくので、お得感があります。

ふもとっぱらでの遊び

・MTBフォレストパーク

ふもとっぱらの系列施設として、ダウンヒルコースとクロスカントリーコースがありましがた、現在はクロスカントリーコースのみ利用可能となっています。アップダウンが少ない平坦系コースなので、子どもや初心者でも楽しめるのが特徴。途中から分岐する上級者コースを選べば、それなりの難易度も味わえます。ふもとっぱらでは、クロスカントリー車のレンタルが2時間2000円、1日3000円。コースの走行量は1日500円+入場料となります。

・セグウェイツアー

牧草地帯と林道、2つのコースを使ったセグウェイツアーが開催されています。エコツアーとして特定非営利活動法人とふもとっぱらの共同開催であり、学びを取り入れていることから、初めての場合には講習が義務付けられています。コースツアーは講習後に参加できます。平らな道の走行ではないことから、参加できるのは18歳以上のみ。特に林道コースは、今では使われていない古道に浮き出た木々の根っこの上をセグウェイで進んでいくというちょっとした障害物レース感覚で楽しめます。

・イベント

音楽系イベント、キャンプ系イベント、体験系イベントなど、いろいろなイベントが頻繁に開催されています。貸し切りイベントの場合には、イベントチケットを持っていないと宿泊できなくなりますが、ハーフスペースイベントの時には、チラ見ができたりして得した気分になれます。

定期的に開催されているGO OUT CAMPは、アーティストによる演奏あり、キャンプ系フリマあり、抽選会あり、各種ワークショップあり、持ち寄りバーベキューやバー開店あり、気球ありと、盛りだくさんイベントです。チケットは日帰りと宿泊があり、泊まると早朝ヨガプログラムなどにも参加できます。宿泊で5500円程度、日帰りなら3500円~。

・パラグライダー

「スカイ朝霧」では、大人だけでなく子ども(3歳以上)もパラグライダー体験が可能です。大人一人の場合は最初から一人でパラを背負って練習してちょっと飛んでは降りるを繰り返しますが、子どもを含めてタンデムの場合はベテランインストラクターと一緒の飛行なので、いきなり富士山をバックに空を飛べます。

・カヌーイング

空は飛べない人もいるでしょう。だったら、カヌーはいかがでしょうか? 同じく「スカイ朝霧」では、本栖湖でのカヌースクールを開催しています。一人乗り、2人乗りを選べ、レクチャーを受けたあとは沖まで漕いでいきます。湖から眺める富士山は途中に障害物がないため、ますますキレイです。

ふもとっぱらに泊まる

ふもとっぱらに泊まるうえでの一番の魅力は、富士山とサイトの広さ。日本とは思えないほどの広々草原とその向こうにドド~ンと富士山がそびえているのが特徴的です。「モンゴル?」と思わずつぶやいてしまいそうな景色ですが、富士山の存在が白昼夢から引き戻してくれます。

混雑時にはこのだだっ広いフリーサイトがしっかりと埋まってしまいます。ところが閑散期は隣のテントとかなり距離があって寂しい気がするほど。荒野にポツンとテントを張っている気分です。

ふもとっぱらは原則としてフリーサイトかつ予約不要なので、いつどこにテントを張るかは個人の好み。ただ、広い草原サイトということは、トイレや炊事場が遠いという事情もあります。そこで、サイトを選ぶうえでのチェックポイントをみていきましょう。

●富士山
どこからでも見えます。心配ご無用。

●トイレ
常設と仮設、そして洋式と和式があります。もっともキレイなのは新設された洋式の常設トイレ。檜をふんだんに使った贅沢かつ清潔なトイレ棟なので、ここまでアクセスの良さは重要なポイントになりそうです。

●水場
各地に点在していますが、蛇口1つのところもあり、時間帯によっては順番待ちとなります。蛇口数が多いところ、新設でキレイなところなどをチェックしておきましょう。

●サイト
基本は芝サイトですが、人気エリアはハゲているところもあります。また地面がかなり硬いので、ペグは硬くて丈夫なスチール製ものが必要ですし、ハンマーも必須。さらには、全体的に緩やかな傾斜地になっていることも考えて、寝る時の頭の向きを考えてのテント設営、安全を考えたコンロ設置を行いましょう。

●禁忌エリア
キャンプ場内のすみに堆肥場が設けられています。どうやら、周囲に出没する鹿などの獣たちの糞もここに集められているらしく、強烈に獣臭が漂います。この近くは避けるが勝ち。

こうして総合的に見ると、富士山から離れた池や受付に近いエリアがおすすめ。この辺りだと、トイレはキレイな洋式で安心。水場も複数利用が可能、さらには受付が近く売店を有効活用でき、ゴミ捨て場も近いと利点が増えます。ただ、その一方でほかのエリアよりもキャンパーが多いので、賑やかです。ひっそりと富士山との時間を満喫するためなら、トイレや水場をある程度犠牲にできる覚悟を持って、あえて離れたエリアを取るのもアリでしょう。

また、ふもとっぱらはキャンプサイトの使用時間が長いことも嬉しいポイントです。チェックインが朝8:30~でチェックアウトは14:00まで。早起きしていけば、30時間ほど滞在できるし、撤収も朝早く起きて焦る必要がなく、しっかりとテントを乾かしてから帰れます。

さらには、キャンピングカーなどでのオートキャンプはもちろん、林間エリアに点在する別荘やコテージなどを利用して家族や仲間と水入らずに時間を過ごすこともできます。

ふもとっぱらの安全性

サイトはすべてオートキャンプ可能になっています。一応車の走行する道は決まっていますが、自分のサイトに進入するために突っ切っていく車が多くいます。広さがあだになり、暴走迷走する車も少なからずいるので、テントサイト内でも交通事故に注意が必要です。

また、遮るものが何もなく、冬はもちろん、春や秋でもかなり冷え込みます。寒さ対策は必須ですが、テント内での一酸化酸素中毒にも注意が必要です。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

ふもとっぱらの立地とアクセス

富士山のふもと、朝霧高原内の広々とした草原地帯とその周囲を囲む林がふもとっぱらです。全体的にゆるやかな傾斜地になっています。

アクセスは東名高速道路を利用すると富士インターチェンジ、新東名高速道路からだと新富士インターチェンジから西富士道路と国道139号線を経由します。中央道だと河口湖インターチェンジから国道139号線経由。朝霧高原グリーンパーク入り口を毛無山登山口方面に走るとすぐです。

ふもとっぱらの周辺観光

・富士山本宮浅間大社

世界遺産に登録されている富士山の構成遺産の一つです。ここは富士山をご神体とする本宮。奥宮は富士山頂でなかなか到達できないため、この本宮で参拝するのが主流です。

本殿は特殊な浅間造り。二階建てで壮大な貫禄があります。また、富士山の伏流水が湧き出る湧玉池の水量と透明度がすごいので、忘れずに訪れましょう。

・人穴富士講

こちらも世界遺産の構成遺産の一つ、富士山の溶岩洞窟ですが、長く富士信仰の修行場として使われてきました。むやみに立ち入ることはできませんが、富士講の人たちは許可を取って内部の仏像に参拝しているそうです。

樹海近くであることもあり、厳か、かつおどろおどろしい雰囲気も醸し出しています。

・富士花鳥園

世界から集められた花が温室で栽培されているほか、フクロウやミミズクなど、40種200羽の鳥たちが飼われています。鳥たちのショーでは、大小さまざまな鳥たちが間近に飛んでくる迫力を味わえ、またアヒルやエミューなどへの餌付けも楽しめます。

・富士ミルクランド

入場も駐車場も無料の観光牧場です。動物とのふれあい、えさやりなどが無料か低料金で楽しめるので、動物好きや小さな子どもたちはかなりワクワクするスポットです。乗馬体験は700円~。バーベキューをしたり、乳しぼり、バター作りなどの体験もできます。

・奇石博物館

世界から集めた変わった石を展示しています。化石や宝石も含まれているので、見ていて飽きません。博物館エリアだけでなく、トレジャーハンターとして、500円支払えば紙コップとスコップで30分間の石エリアで宝石やサイコロを探します。サイコロを探し当てれば大きな天然石に交換してもらえます。子どもだけでなく、大人も真剣になって探している様子を見ているだけでもおもしろいコーナーです。

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間と料金

施設としての休業は原則としてありません。ただし、イベント開催時などは全部または一部が利用できなくなることも。

営業時間は8:30~17:00ですが、季節や時期によって異なります。日没後から翌朝までの夜間の車の出入りはもちろん、場内の走行も禁止されます。

広大なフリーサイトでサイト数の記載はありませんが、ゴールデンウイークなどには予約だけで埋まるだろうというラインを施設側で設けているようす。予約でいっぱいだと判断されて締め切られると、当日受付はできなくなります。

利用料金は1泊中学生以上が一人1000円、小学生は500円、二輪車は1000円、普通車は2000円、キャンピングカーなど大型車は4000円です。

ちなみに、屋根のある宿泊施設の場合、コテージは25000円~、翠山荘と毛無山荘20000円~、まほろば(麓の森の大きな家・20名以上50名以下)は1名2500円。

キャンプサイトのチェックインは8:30~、チェックアウトは14:00まで。コテージなどは15:00~翌11:00までの利用となっています。

②駐車スペース

すべてがオートキャンプサイトなので、車横づけ可。ただし、1サイトにつき1台のみで、ナンバー登録が必要です。スペースもフリーサイトだけあって、自由、場所もある程度の広さも自在ですが、混雑時には譲り合いで。

また、登録した1台以外の車は入場ができません。周囲にも駐車場がないので注意が必要です。

③トイレ

場内各地にトイレの設置があります。ただし、仮設トイレや和式トイレ、古いものもあって、当たり外れの差が大きいようです。受付棟近くに建てられた新トイレ棟は総ヒノキ造りの清潔な洋式トイレ。トイレの位置でサイト位置を決める人も少なくありません。

④炊事

サイト各地に蛇口1~2個程度の簡易炊事場があるほか、10程度の蛇口がある大きな炊事棟もあります。夕方から夜にかけては混雑するので、キャンピングカー内に水場がある場合を除くと、大きめの炊事場近くを確保しておきたいところです。

⑤シャワー・風呂

コテージなどにはありますが、キャンプ客用のシャワーや風呂はありません。ほとんどのキャンパーたちは、昼間のうちに近隣の日帰り入浴施設で済ませています。ただ、休日などキャンプ場利用者の多い日には、施設内にある大浴場と小浴場が開放されることもあります。

大規模キャンプ場とはいえ、せめてコインシャワーの設置は欲しいところですね。

⑥電源

ありません。発電機の使用も禁止されています。

⑦ゴミの扱い

当たり前ですが、不法投棄は禁止。広くて目が届かないことをいいこととして、ゴミだけでなくキャンプグッズなども投棄していく例があるそうです。

受付で有料のゴミ袋を販売しています。燃えるごみはこの袋に詰められる分のみ、回収してもらえます。それ以外はゴミステーションで分別可能なものなら捨てられます。それ以外は持ち帰りです。

⑧売店など

ありますが、薪や木炭などキャンプ関連グッズのみの販売です。レンタル用品もありますが、数に限りがあり、予約が必要です。

キャンプ場の売店によくある、たばごやアルコールの販売はありません。

⑨Wi-Fi

ありません。

⑩そのほか

直火利用は不可。池での釣り、水遊びなどは禁止。花火も禁止です。ペットの規制はありませんが、リードの使用、落し物注意などを守りましょう。

場内、一応車道とサイトの区切りはありますが、それでもかなり自由に車が走れる状態になっています。スピードを落とすことはもちろん、不要な走行は避けること、また日没後の走行、出入りは一切禁止です。そのため、門限が日没だと思っておく必要があります。

まとめ

富士山がすごくて、広くて、滞在時間が長くてと、良いところを中心にご紹介してきた「ふもとっぱら」ですが、実は、電源なし、トイレ少なし、遊具なし、その日によってはお風呂なし、という、ないない尽くしのキャンプ場でもあります。

それでも、キャンパーたちの間で「好き」「また行きたい」と愛され続けているのが「ふもとっぱら」。不便さをものともしないだけの魅力があるということですね。「ふもとっぱら」のどこに魅力を見出すかは、訪れたあなた次第です。

「ふもとっぱら」
静岡県富士宮市麓156
0544-52-2112

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  2. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  4. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  5. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  6. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  7. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  8. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  9. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…

pickup 情報

  1. レゲエミュージックがあふれるジャマイカの首都キングストン。独特の音楽やガンジャ(マリファナ)…
  2. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
  3. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
PAGE TOP