アタカマ砂漠からウユニ塩湖へ抜ける国境越え3泊4日ツアーに参加

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

世界で最も乾燥した地域と言われるのが、南米チリ北部にあるアタカマ砂漠。

この細長いチリという国は、南にはトレッキングや氷河で人気のパタゴニア地方、モアイ像で有名なイースター島など、さまざまな自然と神秘が集まってできている。

そして近年、「世界一きれいな星空が見える場所」として、アタカマ砂漠も観光客の注目を集めるようになっている。

28160_366831676765368_1203190368_n

今回このアタカマ砂漠を訪れたのは、チリ~ボリビアへの国境越えのためだ。

ただ国境越えだけをするルートもあるが、せっかくの大自然を思い切り満喫したいと思い、チリのサン・ペドロ・デ・アタカマからボリビアのウユニまで観光地を巡りながら乗用車でかけぬける3泊4日のツアーを申し込んだ。

73160_366831746765361_128013086_n

日干しレンガで造られた砂漠の中の小さな町「サン・ペドロ・デ・アタカマ」

アタカマ観光の拠点となるのが、「サン・ペドロ・デ・アタカマ」という小さな町。

1~2時間あれば見て回れるほどの小さな町だが、観光地としてレストランやホテル、旅行会社には事欠かないし、町全体が調和のとれた治安のよいところである。

チリの首都サンチアゴやカラマからバスで行くのが一般的なルートとされているが、私はアルゼンチン北部のサルタという町から長距離バス(Pullman Bus 約12時間)で向かった。

町はずれの何もない場所でバスから降ろされるため少し不安になるが、ほとんどの人が町の中心へ向かうので着いていけばよい。徒歩圏内である。

64306_364141000367769_564196022_n

過酷な自然環境が生み出す感動の世界

日中は灼熱の太陽が照りつけ、夜は氷点下まで気温が下がるこのアタカマ砂漠には、この過酷な気候だからこそ生み出される美しい世界がある。

月の谷・・・アタカマの最も有名な観光スポット。果てしなく広がる砂と岩の、まるで月面のような世界。ここからの夕日は格別で、広い空がピンク色に染まる。

228203_364141803701022_1917624685_n

タティオ間欠泉・・・世界最高所にある間欠泉群。あたり一面に広がる大小の噴出口からは、絶えず熱湯が吹き出し、一帯に白い蒸気が立ちこめている。

世界一美しい星空・・・美しい星空が見える条件は、周囲に邪魔をする光がなく、標高は出来るだけ高く、空気はできるだけ乾燥していること。
これらの条件を満たしているアタカマ砂漠では、世界一星がキレイに見えると言われる。

プリタマ温泉・・・大自然を見ながら天然温泉に浸かれるという極上のリラックススポット。ただし、標高4000m以上の高所にあるため、私は軽い高山病(頭痛)にかかったので体調に注意が必要。

67901_366831786765357_1945494302_n

ミスカンティ湖・・・透き通った青色が美しいハート型の湖。チリからボリビアへ抜ける荒野にはさまざまな色をした湖があり、フラミンゴや野生動物の姿に癒される。

625460_366831493432053_1146001803_n

最高のAmigo達に出会える3泊4日の国境越えツアー

サンペドロデアタカマの旅行会社で、ウユニ抜けのツアーを申し込んだ。

当日までどんなメンバーと一緒になるか分からなかったため不安だったが、結果的に最高の仲間と4日間をともにすることができた。

メンバーは、チリ人大学生4人組と、イギリス人の女性1人旅と、日本人の私、そしてドライバーのキント。

荒れた砂漠地帯をただひたすら車で走り抜けるため、時には砂嵐に苦戦し、水シャワーしかないホテルで寒さに耐え、何もない荒野で用を足す羞恥心も克服した。

10087_366831400098729_1760656703_n

言葉も通じない7人だったが、寝食を共にし、お互いにスペイン語、英語、日本語を教え合い、空手をしたり、夜はトランプをしたり、女子同士でマニキュアを塗ったり、恋話をしたり、、、

ウユニ塩湖では、みんなで協力していろんなトリック写真をとり、大地の恵みに感謝しながら、キントが作ってくれた食事をいただいた。

そこには言葉や文化、宗教の壁を越えた絆が生まれたように感じた。

ウユニの町でみんなとはお別れで、最後の食事はなんとなくみんな無口になった。

泣きながらバイバイしたけれど、この地球のこの砂漠で、この4日間をこの仲間と共にできたことのご縁に感謝し、またそれぞれの旅へと向かっていった。

6746_366831840098685_47413093_n

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  2. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  3. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風シャワー…
  4. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  5. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  6. 2025km、61日間の思い出写真…
  7. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  8. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  9. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  10. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…

注目記事

  1. 都会に住んでいる人が田舎に行くと、夜に星がたくさん出ているのを見てテンションが上がりますよね…
  2. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
  3. 片岡鶴太郎という名前を、お笑い俳優として認識するか、俳優としてか、はたまた画家か。片岡鶴太郎…

ピックアップ記事

  1. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. もっと刺激を求める世界一周トラベラーにおすすめ! 世界各地で人生を変える修行体験を海外旅行の…
  3. 吊り橋効果でドキドキ美味しいレストラン~三游洞の絶壁レストラン「Sanyou Cave Clif…
  4. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  5. ビジネスにウェブメディアは付き物あなたが新たにウェブメディアを使ってビジネスを始めようと…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP