アンティグアの美味しいホームステイ生活~食事の写真や感想

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

中米グアテマラの世界遺産都市、アンティグア。
わたしはここで人生初のホームステイを経験しました。

ファミリーの素敵な人柄もあり、毎日快適に過ごすことができましたが、特にママが作ってくれる美味しい食事が最高でした。

アンティグアへ来る前はグアテマラ料理についての知識がほとんどなく、インターネットで調べてもいまいちピンとこない。
メキシコ料理やペルー料理と違って、グアテマラ料理専門のレストランなんてまず見たことも聞いたこともない。
どこかにあるのかな?

食べることが大好きなわたしとしては、現地でどんな料理がいただけるのか楽しみな半面不安もありました。
そこで今回はアンティグアのホームステイ先でいただいた美味しい食事を、グアテマラ郷土料理などにも触れつつ写真付きで一部ご紹介します。

 

カクテルグラスがお洒落なセビーチェ

akinekko060911

わたしがステイしていた家では、料理はママが手作りしてくれました。
なんでもママのパパ、つまりおじいさんがシェフだったとかで、その影響でママは子供の頃から料理に親しんでいたとか。

そのため提供される料理は美味しいのはもちろん、見た目もお洒落。
まるでレストランで食事をしているかのようなご馳走でした。

グアテマラは基本的にディナーよりもランチがメイン。
わたしのステイ先もお昼はボリューム満点、夜はサンドイッチなどの軽食スタイルでした。
朝はパンケーキとフルーツなど、日本でもお馴染みのもの。

こちらはグアテマラだけではなくラテンアメリカで食べられるセビーチェ。
セビーチェは魚介類のマリネで、生の魚やエビにみじん切りの玉ねぎやトマト、レモン汁などを加えて和えたものです。

写真奥に映っている容器の中には、トルティーヤが入っています。
トルティーヤはトウモロコシが原料の薄焼きパンのことで、グアテマラの食卓に欠かせないソウルフードです。

以前は各家庭で作っていたみたいなんですが、現在は購入するのが一般的とか。
もちもちとした食感はくせになります。

 

グアテマラ版カレー「ペピアン」

akinekko060912

ペピアンはグアテマラ版のカレーのことで、わたしの大好物のひとつ。
日本のカレーが各家庭で異なるように、ペピアンもところ違えば具材や味、見た目も異なります。

わたしがいただいたペピアンには柔らかく煮込んだ鶏肉とニンジンが具材として入っていました。
ふわっと香るスパイスが食欲をそそります。

アンティグアで食べられる一般的なお肉は鶏肉と言われています。
実際、ニワトリをアイコンとしたファストフード店や地ビールなどがあり、かなり身近なもの。
鶏肉はジューシーで噛めば噛むほど味が出る美味しさです。

 

牛肉をたっぷり使った「イラチャ」

akinekko060913

「イラチャ」もペピアンと同様、グアテマラを代表する郷土料理で、牛肉を細かく裂いたものを煮込んだスープ料理です。

デザートはイチゴ。
アンティグアは温暖な気候ということもあり、年中新鮮な野菜や果物が手に入るんだとか。

 

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ボリューム満点のショートパスタ

akinekko060915

パスタも食べます。
付け合わせのサラダはインゲンと豆。

デザートはママ特製のイチゴゼリー。

 

魚の蒸し焼き

akinekko060916

アンティグアは四方を山で囲まれていることもあり、魚を食べる習慣があまりありません。
ただ、ステイ先ではわたしたち滞在者のことを考えてお肉ばかりだけでなく魚料理も作ってくれます。
ありがたい。

写真右上にあるバナナのようなものはプラタノという果物。
見た目は大きいバナナのような形なのですが、プラタノは基本的に加熱用で、砂糖で煮込んだり焼いたりした後、デザートとしていただきます。

 

朝食はパンケーキとか

akinekko060917

朝はパンケーキとフルーツなど、日本でもお馴染みのもの。
そして毎朝必ずフレッシュフルーツジュースとコーヒー付き。
この日はマンゴーの搾りたてジュースでした。

 

まとめ

旅の楽しみの一つと言えばやっぱり食!
ということで、アンティグアのホームステイ先では毎日美味しい食事をいただくことができました。

アンティグアに滞在予定の方はぜひ参考にしてみてください。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  2. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  3. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  4. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  5. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…
  6. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  8. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  9. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…

pickup 情報

  1. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  2. 世界遺産の火祭り「ラス・ファリャス」(Las Fallas de San Jose)/スペイン・…
  3. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
PAGE TOP