イギリス人がウサギ好きの理由~イギリスの著名人ゆかりの地を旅して

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

0746

イギリスにいた時、『ピーターラビット』の作家ビアトリクス・ポターの故郷やポール・スミスのアトリエといったイギリス人の作家やデザイナーゆかりの地を訪ねました。

そこで浮かんだのが「多くのイギリス出身の著名人がウサギを作品に登場させるのはどうしてだろう?」という疑問。

『ピーターラビット』、『不思議の国のアリス』、ポール・スミス。これらに共通するものといえば「ウサギ」です。『ピーターラビット』や『不思議の国のアリス』ではメインキャラクターにウサギが用いられていますよね。ポール・スミスはウサギをラッキーモチーフとして愛していて、彼のコレクションや所有品の絵画にも見られます。

DSC_0552

作家やデザイナーがこれほど作品にウサギを登場させるのはイギリスの歴史にヒントがありました。

イギリスに行ったら訪れたい著名人ゆかりの場所も交えながら、疑問について考えていきたいと思います。

19世紀~20世紀のイギリスとウサギ

もともとウサギは10世紀ごろにノルマン人に食料としてもたらされたものですが、後の19世紀から20世紀にかけて社会問題になるほどウサギが増えました。

普通自然界ではある生き物の数が増えすぎたら、その生き物を餌にする生き物が増えるためにバランスがとられます。かわいそうな話ではありますが、キツネにウサギが食べられることによって生態系が守られるという仕組みになっています。

この生態系を狂わせたのがキツネ狩りです。産業革命期にキツネ狩りが盛んに行われたことによってウサギを餌としていたキツネの数が大幅に減少しました。その一方でウサギの数はどんどん増えていきました。敵が減ったことに加え、ウサギは草食動物ですので、草さえあれば増えることができたからです。

意外にグルメなウサギは若い葉っぱを好んで食べるため、イギリス中の木の苗が食べられてしまい、新しい木が育たなくなりました。これに困った政府は駆除政策をとり、ウサギの数が大幅に減らされることになったのです。

文学作品やデザイナーの誕生とイギリスの社会問題

文学作品やデザイナーがいつごろ誕生したのか見ていくと、『ピーターラビット』が1893年、『不思議の国のアリス』が1865年でいずれも19世紀、ポール・スミスが生まれたのは1946年で20世紀。ちょうどウサギが社会問題になっていたころにあたりますね。

社会問題になるほどの時代、とりわけ田舎の方ではウサギを見ない日はなかったのではないかと考えられます。

『ピーターラビット』の舞台として知られる湖水地方は自然が豊かで、ウサギが飛び出してきてもおかしくありません。湖水地方で一番大きい湖「ウィンダミア湖」はたいへん美しく、ぜひとも訪れたい場所です。

07470745

身近なものから作品のアイデアが膨らむこともあるもの。生活の中でよく目にしていたことが、作品に登場させるきっかけになったのではないでしょうか。

著名人ゆかりの地へのアクセス

訪れたのは湖水地方とロンドンのノッティングヒルにあるポール・スミスのアトリエ、ウエストボーンハウスです。

湖水地方へはロンドン・ユーストン駅から湖水地方へ電車が出ていますのでそれに乗って出かけましょう。途中オクセンホルムで乗り換え、ウィンダミアで下車します。所要時間は3時間半ほどです。

ウエストボーンハウスは地下鉄ノッティングヒル駅から徒歩で行ける距離にあり、外観は白い三階建ての建物になっています。ノッティングヒルで有名な蚤の市、ポートベローマーケットに行くついでに立ち寄るのもよいでしょう。

DSC00605

自然豊かな湖水地方では生でウサギを見られるかもしれません。アトリエではウサギを用いたコレクションに出会えるかもしれませんね。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  4. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  5. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  6. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  7. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  8. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  9. 都会の人たちはやっぱり急いでる。だから、早々にヤンゴンを離れ、北上した。今まで7人で動いてい…
  10. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…

pickup 情報

  1. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…
  2. はじめにヒッピーについて書かれた本はあります。映画、小説、演劇などの題材となったこともありま…
  3. フリーダム&エクスタシーパワーが充満する世界最強フェス「グラストンベリー・フェスティバル」(Glas…
PAGE TOP