インテルとACミランの本拠地、サン・シーロスタジアムに行ってみた

海外サッカー好きの皆さんなら誰もが知っている、世界有数のサッカークラブ、インテルミラノとACミラン。どちらもイタリア・ミラノを本拠地とし、『サン・シーロ』(別名はジュゼッペ・メアッツァ)という、イタリア一大きなサッカースタジアムをホームとしています。

今日では、日本代表DF長友佑都がインテルに、FW本田圭佑がACミランに所属していることもあり、日本人にとっての知名度もかなり上がっています。また、サッカー、特にセリエAのファンなら、是非一度は訪れてみたいと思うのではないでしょうか?

そんな、サッカーに興味がある誰にもオススメな、サン・シーロを紹介したいと思います。

01

この日は、インテル、ACミランともに試合がなかったため、スタジアム&ミュージアム見学ツアーに参加しました。

ツアーといっても、誰かが案内をしてくれるものではなく、自分たちで順路に沿って見学できるようになっています。

入り口でチケットを購入し、いざ入場です。

順路は次のようになっています。

記者会見スペース→両チームロッカー→スタジアム入場口→スタジアム→ミュージアム

順番に見ていきましょう。

記者会見スペース

まずはここ!試合を終えた選手たちが、スーツ姿で登場し、取材に応対する場所です。椅子や机などはなく、選手もインタビュアーも立ってインタビューを行うようです。

06 (2)

スポンサーを背景にして写真を撮れば、自分がサッカー選手になったかのような感覚が味わえます!

ACミランのロッカールーム

次は、選手たちが試合前に士気を高める、ロッカールームです。

まずはACミランから。

08

sかなり豪華ですね!ミランのシンボルカラーである、Rossonero(イタリア語で赤と黒)を基調にしたデザインになっています。また、スタッフが本田選手のベンチを教えてくれ、そこに座って写真を撮ることができました!実際に選手たちがいる空間に自分が身を置くことができ、大興奮でした!

インテルのロッカールーム

次はインテル。

14

ACミランに比べ、シンプルなデザインになっていることがわかるかと思います。こちらもデザインはインテルのチームカラー、Nerazzuri(黒と青)になっています。特に豪華なベンチを使っていたり、デザインがオシャレ、というわけではありませんが、落ち着いた印象を与えます。

13

壁には、各時代で活躍したトッププレイヤーたちが描かれています。一番最近の選手ですと、左側で大きなカップを掲げている選手、ハビエル・サネッティです。彼は1995年から引退する2014年にわたって957試合に出場した、クラブの伝説的な存在として知られています。また選手用のシャワールームも外から見ることができました。

PR広告

※投稿記事とは無関係です。

いよいよスタジアムへ!

21

ロッカールームを見終えた後は、通路を通ってスタジアムへ向かいます。この順路は、実際に選手たちが通るのと同じ順になっているため、それだけで臨場感を味わうことができます。

外が見えてきました。

25 (1)

31ものすごい広さです!9万人近くを収容できるこのサン・シーロは、世界でも最大級のスタジアムと言われています。

なんと芝生の上におりることもできます。このツアーで一番の感動でした。

サン・シーロミュージアム

スタジアムを出ると、外にあるのがサン・シーロミュージアムです。ここでは、ACミランとインテルの歴史や、両チームがこれまでに獲得したトロフィー、過去現在のトッププレイヤーのユニフォームなどが飾られています。素晴らしい栄冠やユニフォームに混じって、本田選手と長友選手のユニフォームもしっかりとありました。

09

03

もしミラノを訪れるあなたが、サッカーが少しで好きならば、サン・シーロまで足を延ばしてみてください。大興奮間違いなしです。素晴らしい体験ができることを保証します。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪この村はいつも水に悩まされて…
  2. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  3. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  4. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  5. やっと完成した~♪製作費:廃材を使いお金をほとんど使っていません♪ 制作期間:3か月 メイカ…
  6. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  8. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  9. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  10. キャンドルアーティスト ゴンちゃん!星とキャンドルが調和しました! …

pickup 情報

  1. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  2. スリルを求める人なら誰もが一度はスカイダイビングに挑戦してみたいと思うはず。また、普段の生活…
  3. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
PAGE TOP