インドネシア・バリ島に長期滞在。約一ヶ月住んでみた感想(まとめ)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

バリ島は世界一周目の最後の滞在国だった。旅というよりも、長い旅の疲れを癒すために滞在したようなものだった。

日本に帰ったら何をしようか?とか、今後の人生を今一度深く見つめなおす時間も欲しかったから。

結局また旅に出てしまったのだけど,,,。

Sunset Wallpapers (12)

まず、日本人がハワイに続いて大好きな観光地という事もあって、圧倒的に日本語が通じる島だった。

アジアでいえば台湾とかカンボジアも日本語が結構通じるけど、ダントツでバリ島は日本語普及率が高い。

それに加えアジアムードと島時間を存分に味わえるのだから、日本人が好む理由も分かる気がする。

物価に関しても、リゾート化された近隣のアジア諸国に比べると安いと感じた。リッチな高級ホテルなどを選ばず、程ほどの旅のスタイルを選べば、日本で家賃を払って生活するよりプール付オーシャンビューのホテル暮らしのほうが断然安く済む。

そんなわけで、ビザ有効期限目一杯の滞在となった。

二人のバリ人と友達になり、バリの本当の姿を見て回る旅に出た。観光化されたエリアもせっかくだから見て回ったけど、やっぱり僕らの旅のスタイルはローカルな現地人の暮らしを見ていく事。

それを彼に伝えると快く真のバリ島を案内してくれた。

農村や湖畔の部落等に連れて行ってもらったり、バリ北部の静かな海に連れて行ってもらったり。

彼もまた写真が好きだった。だから一緒に沢山のバリの写真を収めていった。

彼が最も好きだった風景があると街から車を1時間ほど走らせ連れて行ってもらった事があった。行く途中彼は「この辺りは一昔前までジャングルだった。わずか数年で道が出来て、リゾートホテルが沢山建ってしまった。」と嘆いていた。

バリの開発が進みバリ人の生活が潤うのは嬉しい事だけど、自然が消えていくのはやはり悲しい事だと言っていた。

結局彼が一番好きな場所も大型トラクターによって破壊されていた。その光景を見た彼の後姿は忘れられない。

バリ島北部に行くとまだ「バリらしさ」は沢山見感じることができる。藁小屋で暮らす原住民の人々や農家の人々、サンゴが残る美しいビーチなど。

だけど、あと数年後にはもう彼らの姿や美しいビーチは消えているだろうと思った。

街には大きなショッピングセンターが立ち始め、夜は爆音を鳴らすクラブが景観と音を支配している。高速道路も建設中だったから、郊外の街が開発されるのも時間の問題だろう。

バリらしさを失ったバリ島という名の観光地に本当に魅力があるだろうか。

真の姿を見ると、なんだか悲しい現実ばかりが見えた。

SONY DSC

写真:aya

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  2. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  3. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  4. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  5. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  6. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  7. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  8. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  9. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  10. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

pickup 情報

  1. レゲエミュージックがあふれるジャマイカの首都キングストン。独特の音楽やガンジャ(マリファナ)…
  2. はじめにバックパッカーの中には、「緑・黄色・赤」の3色を組み合わせた衣類や小物を好んで取り入…
  3. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…
PAGE TOP