ウィンブルドンミュージアムを見学!意外と知らないテニスの歴史

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

DSC_0322

ウィンブルドンへはロンドン地下鉄District線Wimbledon駅の一歩手前のSouthfields駅で下車します。

観光地としても有名なウィンブルドンですが、現地のスタッフさんによるとお土産目当てで来てウィンブルドンショップだけを覗いて帰る人も多いのだとか。

せっかく訪れたのならテニスの歴史について学びたいものです。

ウィンブルドンショップ内のミュージアムでは歴史について知ることができ、さらに試合日を除いて行われている競技場のツアー(2015年で24ポンド)に参加すれば歴史の解説とともに競技場内をぐるっと一周できます。

特に競技場のツアーは、試合日でもないと入れないコートの観客席やテレビで大きく映し出されている選手のインタビュー席にも立ち入ることができるなど、貴重な体験ができておすすめです。

DSC_0333

DSC_0349

今回ミュージアムに入って、競技場のツアーにも参加してきました。

DSC_0327

そこでテニスの発祥や昔のルールについて知ったのですが、まず発祥はイギリスではなかったのです。

ではどこで発祥したのか、昔のルールって何?について見ていきましょう。

発祥はフランス

テニスといえばイギリスのスポーツのイメージが強いですが、実はお隣の国フランスで中世に生まれた球技が発展したものでした。

当時は「テニス」ではなく「ジュ・ド・ポーム」という名前で貴族に親しまれていたそうです。

やがてフランスからイギリスへと伝わって「テニス」と呼ばれるようになりました。イギリスでも貴族を中心に親しまれたため、ミュージアムでも「上流階級のスポーツ」を物語る展示がされています。

DSC_0328

「ラリーを続けることが目的」「召使による球出し」が昔のルール

テニス同様にラケット状の道具でボールを打ち合うのですが、「ジュ・ド・ポーム」ではラリーを続けることを目的としていました。そのため「打球に攻撃性がない」ことは今のテニスと大きく異なっています。

相手が返しやすい球を打つことを大切にしていたため、相手を思いやった紳士的な対応が求められたことには貴族らしさがうかがえます。

上手な人たちがプレーをしていると、まるで長時間にも及ぶテニスの試合を観ているようだったのではないでしょうか。

DSC_0340

最初は召使が投げる球を打つことからスタートするというものでした。

フランス語で召使を意味する「service(セルヴィス)」と呼んでいたことが今の「サービス」の語源になったと言われています。

続けることが目的ですから召使の球出しにももちろん攻撃性はありません。

テニスは最初の一球から相手の返しにくいところに球を打ってポイントを取ることで試合が進行するため、最初の一球に攻撃性がなかったなんて意外ですよね。

ここではスポーツの発祥や「サービスの語源」にも触れながら昔のルールについて書きましたが、現地では他にもおもしろい発見があるかもしれません。

行く機会があればショップだけと言わず、ぜひミュージアムに入って、競技場のツアーに参加してみてください。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  2. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  3. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  4. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  5. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  6. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  7. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  8. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  9. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  10. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…

pickup 情報

  1. ポロリで幸運をゲット! 女も男も熱狂する「ニューオリンズ・マルディグラ」(New Orleans…
  2. 東南アジアは日本人にとっては文化や生活習慣も比較的近く、国にもよりますが他の地域と比べて旅し…
  3. アートで原始的な共同生活イベント「バーニングマン」(Burning Man)/アメリカネバダ州・…
PAGE TOP