ウユニに行くのは甘くない!準備&鏡張りに会うコツ~その3

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

P1040832

1.塩湖ツアーを予約しよう

ウユニに着いたらまずしなければならないことは、塩湖ツアーの予約です。チェックインを済ませ、荷物を置いたらすぐにツアー会社に足を運びましょう。日本人にも有名なツアーですと、「穂高ツアー」と「ブリサツアー」があり、日本人が望む「鏡張りが見れるツアー」を催行してくれます。というのも、鏡張りを好むのは日本人と韓国人、そしてロシア人などが主で、その他の国の人は真っ白な大地を見るためにやってくるんだとか。

美意識や価値観の違いが分かるところですが、感心している場合ではありません。ツアーの意向は多数決で決められるため、鏡張りに興味のない外国人と同じツアーだと、行きたいところに行けなくなってしまう可能性もあります!外国に来たのに異文化交流はあまりできませんが、ここはグッとこらえて、先に挙げた2つのツアーを中心に組むと良いでしょう。

2.予約の方法・種類

まずはツアー会社の外に張り出されている紙の中から、自分が参加したいツアーを選んでください。種類は基本的に3つで、これら以外にも、自分の都合で新たなツアーを作ることができます。

 1.デイツアー

こちらは一番長いツアー。時間は10時~20時。お土産の購入や、周辺にある遺跡、塩の白い大地などを見た後に昼食を食べます。そして最後に塩湖を目指し、夕焼けを見てから帰路につきます。値段は2000円ちょい。

 2.サンセットツアー

これに参加する人が一番多いかもしれません。時間は16時~22時で、体への負担も少ないです。直接鏡張りを目指し、夕焼けを見ます。そして最後には綺麗な夜空を見上げ、星に包まれながらウユニの町へ帰ります。値段は1200円くらい。

 3.サンライズツアー

時間は深夜3時~9時など、体への負担はそれなりに大きいものの、ウユニに来たからには参加しなければもったいないツアーかも。これまでに見たことがないような星空があなたをまっています。サンセットツアーより時間帯が遅いため、より真っ暗な中で星を観察することができます。最後にサンライズを見て、太陽が昇り終えてから町に戻ります。こちらも1200円くらいで催行されています。

そして、どれに参加するか決めたら、中にいるスタッフを呼び、お金を払います。その後マジックをもらえますので、張り紙に自分の名前を書いておきましょう!

3.時間になったら集合、いざ出発!

自分の集合時間になったら、ツアー会社の前に集合しましょう。スタッフが名前を呼んで、参加者をまとめてくれます。同じツアーに参加する人とは仲良くしておくことを忘れずに!あとで写真などを撮って一緒に遊ぶときに、きっと楽しいはず!

bolivia-144437_960_720

車は、こんな感じの4WD。塩の中を突き進むため、かなり車は傷みやすく、それなりに高級な車を利用しなければならないんだとか。ちなみにほとんどトヨタが主流です。穂高ツアーの場合は、長靴を無料で貸してくれます。ブリサツアーの場合もとても安い値段で貸してくれるので、心配は無用でしょう。私は折り畳みに長靴を持っていきましたが、結局使うことができず、後悔しました。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

4.鏡張りに到着したら!

ウユニの町から鏡張りが見えるスポットまでは、車で約1時間ほどかかります。意外と時間がかかるのでビックリしてしまいますが、辛坊強く待ちましょう。ドライバーはきっと綺麗な場所を探してくれているはずです。そして、綺麗な場所を見つけたら下ろしてくれます。

Salar-de-Uyuni-Wallpaper-1024x576

素晴らしい!なんて景色でしょう。世界のどこにもこんな絶景はないとハッキリわかりました。死ぬまでに行きたい絶景に20歳にして行けてしまったことは、とても幸せなことだと感じました。一通り写真が撮り終わったら、トリックアートをして楽しみましょう。

P1040711 IMG_4727

日が暮れていき、夜になっても素晴らしい景色は続きます。

IgM44V0

一面を空に囲まれてしまったかのような景色。まるで自分が宇宙にいるような錯覚に陥ってしまいます。

また、トリックアートを撮っても楽しい!

IMG_4762

Salar-de-Uyuni-Bolivia P2220585

さいごに

長くなってしまいましたが、いかがでしたか?決してここまで来るのは平たんな道のりではありませんが、あなたも死ぬまでに見たい絶景、早く行ってみませんか?

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  2. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  3. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  4. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  5. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  6. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…
  7. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  9. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  10. これでアキちゃんと約2年間旅をしました!車内で灯油ヒーターを焚いてマイナス18度の中キャンプ…

最近の人気記事

  1. はじめに正社員として定職につくのが簡単ではない昨今。それは学歴や成績、そしてコネさえ大きな背…
  2. はじめにありきたりな旅はもう十分! という贅沢な悩みを解消してくれそうなホテルを世界各地から…
  3. 日本を代表するアートの一つとして、誰もがそのうち行ってみたい、見てみたい、体験したいとそれとなく、い…
PAGE TOP