ウユニに行くのは甘くない!準備&鏡張りに会うコツ~その1

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Salar-de-Uyuni-Wallpaper-1024x576

ここ数年、日本のメディアや雑誌などによく取り上げられ、かなり知名度が上がっている絶景、ウユニ塩湖。誰もが死ぬまでに行きたいと思う世界の絶景を、実際に訪れるためには、どのような準備が必要なのでしょうか?日本での準備から、ウユニでの楽しみ方まで、一緒に確認してみたいと思います。

大前提:ウユニ塩湖ってどこ?

20150517164205039

名前は聞いたことあるウユニ塩湖ですが、実際に「どこにあるか知ってる?」と知人に聞いても「南米だよね?」や「鏡張りしか知らない」と言う人が非常に多いのが現実。実はウユニ、南米大陸の国、ボリビアにあるのです。ボリビアは人口約1000万人の南米では比較的小さな国であり、スペイン語圏に属しています。

日本での準備編

スペイン語の日常会話を勉強しよう

先ほどもお話しした通り、ボリビアはスペイン語圏です。そして、ひとたび空港を出てしまえば、英語を話せる人は決して多くありません。そのため、スペイン語の日常会話を多少知っておく必要があるでしょう。市販の「指さし会話集」などで、十分対応できます。

高山病対策をしよう

mountain-983914_960_720

あの絶景で知られるウユニ塩湖は、どうやって誕生したのでしょうか。それは、もともと海だった場所の土地が急激な隆起によって盛り上がり、海から取り残されてしまったため、あのような塩湖が生まれたとされています。そのため、ウユニ塩湖の標高はなんと約4000m!富士山よりも高いところにあるのです。

そのため、日本の病院で事前にダイアモックスと呼ばれる高山病の薬を処方してもらいましょう。「自分は若いから」と思っても油断禁物。むしろ、肺活量が多い若者の方が高山病にかかりやすいとも言われています。実際、20歳の私も、旅の途中一度だけ高山病にかかりました。相当しんどいです。他にもウユニ出会った旅人は、高山病にかかってしまったのに薬が無かったせいでとても苦しんでいました。安いところでは2000円程度で購入できます。安全を買うつもりで、対策してみてはいかがでしょうか。

予防接種をしよう

これは途上国に行く際には当然と言えるかもしれません。A型肝炎(水あたりを防ぐ)や破傷風(傷口から菌が入った際に悪化を防ぐ)は必須と言えるでしょう。動物と触れ合うことが多い場合は狂犬病の注射をオススメします。

また、WHO(世界保健機関)や国立の保健センターでは、ボリビア渡航の際に黄熱病の注射を義務付けていますが、ボリビアのラパスやウユニなどの高地しか訪れない人の場合は、全く必要ありません。私は無駄に注射を打って1万円ほど損をしたので、標高の低い地域にも行く方のみの接種で問題ありません。

日焼け対策をしよう

P1040711

標高4000mとなると太陽との距離がかなり近く、日本で普通に生活しているよりも圧倒的に日焼けをします。また、ウユニは360度真っ白な塩しかないので、照り返しがハンパなくキツイ!帽子のみならず、サングラス、日焼け止め、長そでのシャツは必須です。

ちなみに調子に乗って日焼けしようとした私は、その後3日間悲鳴を上げながらシャワーを浴びました。皆さんはこんなことにならないように…。

時期を確認しよう

Solar_de_Uyuni_1050x700

ウユニ塩湖では1年中鏡張りを見られるわけではありません。これを言うと驚く方がいますが、鏡張りが見れる時期は、ボリビアの雨期(11月~3月)などとなっています。それ以外の時期は乾季と呼ばれ、雨が降りません。ということで、日本人が長期休暇を取りやすい夏にウユニを訪れても、一面真っ白の塩原に出会えるだけ。もちろんそちらでも十分に価値はありますが、せっかく来たのなら鏡張りの方がいいですよね?年末年始や春休みなどの旅行を事前に計画してはいかがでしょうか。

前編まとめ

いかがでしたか?知っていること、知らないことあったかと思います。次回の後編は、具体的に日本からウユニまでどうやって行くか、そしてどうすれば鏡張りに会えるのか、徹底解説していきます。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. こんにちわリョウです(^^♪タイ、ミャンマー、と旅をし、僕たちは遂にインドへ突入!!数多くの…
  2. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  3. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  5. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  6. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  7. とにかくすごい夜でした!…
  8. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  9. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  10. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

注目記事

  1. この記事は平成の自由人、旅人として国内トップの所得を稼ぐ悪ガキが書いています笑悪ガキの更なる…
  2. はじめに「海外旅行」で「夜遊び」とくれば、男としては本領発揮! と気勢を上げるところでしょう…
  3. はじめにシルクロードとヒッピートレイルの関係、ヒッピーとバックパッカーの関係、さらに、初期ヒ…

ピックアップ記事

  1. はじめにカップルで世界一周へと旅立つ人が増えています。その一つの形として結婚後の最初の二人旅…
  2. 死後も王を魅了し続けた王妃が眠る純白の宮殿墓所~タージ・マハルタージ・マハルは、白亜…
  3. 明るい光が街にも家にもあふれるかえる日「ディワーリー」(Diwali)/インド各地町にも家に…
  4. ※写真:当サイトスタートから16日目から18日目青森県から秋田県スタートから…
  5. 屋根のない博物館 フィレンツェ歴史地区フィレンツェ歴史地区(Historic Centre …

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP