ウユニ塩湖だけじゃない!ボリビアで絶対後悔しない観光地5選

ボリビア=ウユニ塩湖だと思っていませんか?

dsc_1244-largep南米の国、ボリビア。空の色が湖面に映る壮大な景観が人気のウユニ塩湖で有名な国ですね。湖の上ではその独特の景色からちょっと変わった写真が撮れることでも人気なスポットです。日本からもペルーのマチュピチュと合わせて訪れる人が多いのではないでしょうか。

もちろんウユニ塩湖は素敵な場所ですが、ボリビアの魅力はそれだけではないんです!インカ帝国の歴史を感じることができる遺跡や、雄大な自然など見るべきもの、行くべきところがたくさんあります。今回はそんなボリビアの魅力的な観光地を5つご紹介します!

ウユニ塩湖を目的にボリビアに行こうと思っていた人もぜひこの記事を一読してみてください。新たなボリビアの魅力を発見して、さらに充実した旅行になること間違いなしです!

1.スクレ

src_11114392スクレはボリビアの首都とされている街です。しかし、スクレという名前を聞いたことのある方はそんなに多くないのではないでしょうか?憲法上はボリビアの首都はスクレとされていますが、事実上、首都機能はラ・バスという街に移行されているのです。そのため、ラ・バスという名前の方が馴染みがある方も多いのではないでしょか?

スクレは世界遺産にも登録されているほど歴史のある都市です。スペイン統治下にあったボリビアで中心地として発展してきました。標高2600mと高地に位置しているのも特徴です。スクレの見どころはなんと言ってもそのきれいな街並みです。町中の建物は白い壁に赤い屋根で統一されています。建物の壁が白く美しいことから「白の街」とも呼ばれているそうです。

スクレでは、教会などの歴史ある建物を楽しめたり、近隣の民族の伝統的な織物が展示されている織物博物館があったりします。日曜日には織物市が開催され、アンティークな織物を購入することもできます。またチョコレートが名物なのでぜひ食べてみてください。甘いものが好きな方はとりこになること間違いなしです!

2.ティワナク遺跡

ba247cffティワナク遺跡はペルーとボリビアの国境にある湖、ティティカカ湖から程近くにある遺跡です。ユネスコの世界遺産にも登録されており、歴史的にも非常に価値が高いです。インカ遺跡として有名なペルーのマチュピチュ遺跡よりもはるかに古い、プレインカ時代の遺跡だそうです。

この遺跡にはピラミッドもあったとされています。しかしながら、スペインからの侵略を受けた際にかなりの部分が破壊されてしまい、現在残っているのは基礎のわずかな部分のみです。ピラミット以外にも、排水溝が遺跡の至る所で確認されるなど、町の整備もかなり進んだ都市だったことが見て取れます。

そのほかにも、半地下式の巨大な神殿跡も発見されています。神殿跡には、当時の壁装飾、または神殿内に置かれていたであろう石造などの美術作品も見ることができます。年代を経て、劣化してしまっているものも多いですが、十分にその歴史や趣を感じることができます。ペルーのマチュピチュなど周辺の遺跡と一緒に巡り、比較してみるのも楽しいかもしれませんね。

旅人になりたい人向けの求人情報!

どんな物騒な世界になろうとも、旅人の目に映る景色はいつも平和で自由、そして愛そのものです ~ ♪

求人情報はコチラ👇
https://yuuma7.com/live-free/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

3.ワイナポトシ山

dsc00023海に面している国が多い南米で、実は唯一海を持たない国がボリビアなんです。そんなボリビアにあるワイナポトシ山。世界で最も挑戦しやすい6000m級の山として有名です。

ワイナポトシ山は、観光の拠点となる街ラバスの周囲に広がるレアル山群のうちのひとつです。市内からアクセスしやすいこと、道中にテクニックが必要なポイントが少ないこと、そして最短1泊2日から登頂可能なことなどが世界一登りやすい標高6000m級の山と言われている理由です。車で4500m地点までは行くことが可能なので、そこから登り始めることになります。

かなり上登りやすい山といえども、さすがは6000m級の山。登るにあたってはしっかりと準備が必要です。観光で訪れる人は基本的にはガイド付きのツアーを利用することになります。山頂に登頂した際はもちろん、登山中も、途中の休憩地点、宿泊地点からも雄大な景色が楽しめます。景色を見ながら、自然を満喫しながら、そして十分に注意して、ワイナポトシ山での山登りを楽しんでください。山の魅力にはまってしまうきっかけになるかもしれないですね。

4.太陽の島(チチカカ湖・ボリビア領内)

src_11096977太陽の島は、ペルーとの国境になっている湖、チチカカ湖のボリビア領内に浮かぶ島です。この島はインカ帝国の発症の地として非常に有名です。インカ時代は聖地として巡礼地になっていたとも言われています。スペイン領時代にも太陽の島は巡礼地としての扱いを受けており、現在ではキリスト教の聖地になっているようです。

歴史的にも非常に重要な島ですが、現在では観光地としても人気のある島です。チチカカ湖畔の街、コパカパーナからは観光船に乗って、この島に行くこができます。ボリビアの中心地、ラバスからはこの観光船を利用するバスツアーも出ているようです。

島内での見どころは、ティワナク期やインカ時代の遺跡。非常に貴重な遺跡を見学しようと世界中から観光客が集まります。また、党内にはテラスという段々畑もあり、観光スポットとなっているようです。船の出発地となるコパカパーナはその他周辺の観光の起点ともなるポイントなので、ぜひ訪れた際には太陽の島にも寄ってみることをおすすめします!

5.ラグナ・ベルデ

laguna_verde_boliviaラグナ・ベルデは神秘的な景観が人気の湖です。ボリビアの湖というとウユニ塩湖を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実はそれだけではないのです。ラグナ・ベルデは湖の色がエメラルド色です。このラグナ・ベルデもうウユニと同じく塩湖です。その鮮やかな景色は直接見るのはもちろん、写真に収めても神秘的です。

ラグナ・ベルデはチリとの国境近く、ボリビアの南西部にあります。アクセスは決して良いというわけではありませんが、その魅力からたくさんの観光客が訪れます。ラグナ・ベルデ最大の魅力はエメラルドに輝く湖。銅を含む沈殿物によってこの色になるのだとか。

湖の色はもちろん、湖の近くにある山とのコントラストが人気の秘密です。湖に反射した山がきれいに見えます。カラフルで神秘的な世界がラグナ・ベルデには広がっているのです。山は日本の富士山に似た形をしているので、日本人には馴染み深いような不思議な気持ちにもなります。

歴史も自然も楽しみ尽くそう!

src_11029414今回は、歴史や自然を感じられるスポットを中心にウユニ塩湖以外のボリビアの魅力をお伝えしてきました。こうして見ていると、如何にボリビアが魅力的な国か分かってきますね。

もちろん、ボリビアの観光地はこれだけではありません!オルーロのカーニバル、ハレナバケのアマゾンツアー、さらにはバラエティ番組などでもよく取り上げられるおばちゃんプロセスなどもボリビアで楽しめます。

ウユニ塩湖に訪れる際には、ぜひそれだけでなく周りの観光地もチェックしてみましょう!ボリビアを楽しみ尽くして最高の滞在にしてくださいね。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  2. 写真:papa電車を乗り継ぎバラナシに到着した。コルカタから15日間かかった。…
  3. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  4. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  5. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  6. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  8. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  9. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

pickup 情報

  1. スリルを求める人なら誰もが一度はスカイダイビングに挑戦してみたいと思うはず。また、普段の生活…
  2. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
  3. アートで原始的な共同生活イベント「バーニングマン」(Burning Man)/アメリカネバダ州・…
PAGE TOP