オランダのど田舎で2週間ファームステイしてみた!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

オランダとドイツの国境沿いに、ウィンタースウェイク(Winterswijk)という小さな町があります。カントリーサイドの観光地として、キャンプ場が少しありますが、基本的には特に何もない町です。

見渡す限りの牧草地、たまにとうもろこし畑、ときどき牛や羊や馬。

こんなオランダのど田舎で2週間ファームステイをしてきました!

IMG_9126

 

滞在した農家のスペック

滞在したのは、約1.7ヘクタールの敷地でりんご畑とゲストハウスを営む小規模農家さんのお宅です。

IMG_9090

ホストは50代の夫婦二人で、5年ほど前に都会から田舎に移住してきたとのことです。オランダでは農家の高齢化が進んでいるため、行政が田舎暮らしをしたい人に土地や家を斡旋し、世代交代を進めることで、うまく地域を活性化しています。今回のホストのお二人も、市の協力を得て、こちらの家を手に入れました。

基本的に奥さんの方が、農業とゲストハウスを切り盛りしています。旦那さんは会計士で、週3、4日のペースで町に出て働き、安定した収入を得ています。

次に飼っている動物達を紹介します。

まず、毎日卵を提供してくれる鶏たちです。残飯の消費にも協力的です。

IMG_9145

そして雑草を食べてくれる羊たち。一匹一匹、鳴き声が違います。

IMG_9099

そして羊のお供、ボーダーコリーです。毎朝、全力でアタックしてきました。

IMG_9097

最後に、こちらが私たちが2週間を過ごしたキャラバンです。

IMG_9112

以前、キャンピングカーで1週間ほど旅をしたのですが、まさかこんなところでキャンピングカーの経験が活かされるとは思いませんでした。汚水処理ならお手のものです。

りんごや野菜の収穫をお手伝い!

オランダでは、10月から11月にかけてりんごの収穫の季節です。

IMG_9110

1週間でりんご300キロ収穫という目標のもと、せっせと収穫です。高いところのりんごは、写真のような道具を使って収穫します。なかなかの重労働です。

収穫したりんごの中には、虫や鳥に食べられているものもあります。

IMG_9182

これだけのりんごが廃棄になってしまいました。裏庭に埋めてコンポストにします。

毎日りんごの収穫ばかりでは悪かろう、とご配慮いただいたのか、野菜の収穫のお手伝いもさせてもらいました。

IMG_9168

キャベツ、ブロッコリー、トマト、ピーマン、きゅうり、にんじん、だいこん、カボチャ、とうもろこし、白菜など、日本人が思いつくだいたいの野菜は植えられていました。

IMG_9188

自分たちが食べる分の野菜を育てているとのことです。

収穫した後は加工に入ります。

IMG_9176

この手前の赤い道具で豆をスライスしていきます。以前、フリマでこの道具を見たことがあり、一体どうやって使うのだろうと思っていましたが、やっと疑問が解消しました。まさか豆を穴に突っ込んでスライスするとは!

ハンドルを回すだけでサクサクと豆が切れていきます。大量に豆を収穫した際は、スライスして塩漬けにし、壷に入れて保存しておくそうです。

切られた豆が夕食に登場しました。

IMG_9181

ちなみに、この料理はオランダの伝統料理で、スタンポットと呼ばれています。マッシュポテトと野菜を混ぜ、真ん中に肉汁を入れていただきます。

機械化が進む田舎の農家

今回のファームステイは、ワークアウェイというサイトを使ってホストを探しました。ワークアウェイでは労働は週5日、1日5時間と決められているので、けっこう自由な時間があります。

ホストが自転車を貸してくれたので、田舎をサイクリングしながら探索してみました。

少し走ると、トウモロコシ畑が続いています。

IMG_9123

トウモロコシも収穫シーズンのようで、ものすごく大きな収穫機とトラックが並走していました。カーブを曲がるときも息がピッタリです。このあたりのトウモロコシは飼料用なのでコーンも茎も関係なく一緒に刈り取られます。この収穫作業は農家が行うのではなく、収穫専門の業者に委託しているそうです。

IMG_9131

近所の酪農家のお宅にもお邪魔しました。

IMG_9129

やぎの乳搾りです。エサを食べにきたやぎに機械をセットするだけで、乳搾り終了です。

オランダの田舎といえども、大規模農家や酪農家においては、あらゆるものが機械化され、効率的に動いていました。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万~320万円。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

田舎での滞在を終えての感想

今回のホストのお二人は、移住して5年ということで、この地域ではまだまだ新参者のようです。特に奥さんは都会生まれ、都会育ちだったこともあり、田舎ならではの慣習に衝撃を受けているようでした。

オランダの都会にいると、オランダ人はオープンで寛容だなぁと感じますが、田舎ではまだまだ保守的な人が多いとのことです。

ご近所付き合いが最重要、地域イベントには絶対参加、建前と本音があるといった話を聞いていると、日本の田舎と似ている部分も多いなぁと感じました。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  4. こんにちわリョウです(^^♪タイ、ミャンマー、と旅をし、僕たちは遂にインドへ突入!!数多くの…
  5. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  6. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  7. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  8. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  9. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  10. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…

注目記事

  1. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  2. はじめに「海外旅行」で「夜遊び」とくれば、男としては本領発揮! と気勢を上げるところでしょう…
  3. 世界遺産の火祭り「ラス・ファリャス」(Las Fallas de San Jose)/スペイン・…

ピックアップ記事

  1. 1日5円が叶える。学校へ行くこと、学び続けることあなたにとって「学校」はどんな場所でしょうか…
  2. 歴史上長く「放浪者」だったカザフ族。彼らは騎馬で草原を遊牧してわたっていく民族として知られて…
  3. ゴンドラだけじゃない!魅了的な離島達イタリアの北東部にある街ヴェネツィア。小さな島々が集まって街…
  4. 歴史都市を護る聖人たちの聖堂と城壁~アビラ旧市街と市壁外の教会群「Old Town of Ávi…
  5. 海外旅行で付き物なのがトラブルです。海外では日本では滅多に巻き込まれない、巻き込まれることの…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP