オーストラリア・アデレードで海を満喫する~ビーチでの遊び方

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

christies-beach-994002-originalオーストラリアと言えば何を思い浮かべますか?バーベキューに、アボリジニたち、雄大な大地などを思い浮かべるかもしれません。ですが、やはりオーストラリアで外せないのは海!ですね。オーストラリアの海と言えば、グレートバリアリーフなどが特に有名です。ただ、それだけではないのです!オーストラリアは周りを海に囲まれているからこそ、たくさんの場所で海を楽しめるのは魅力です。南オーストラリアに位置するアデレードでも、もちろん海が楽しめます。今回は、1カ月程アデレードに滞在経験のある筆者が、アデレードでの海の楽しみ方、魅力をお伝えします。アデレードは、語学学校などが充実しており、比較的安価で通えるため、英語を勉強するために長期滞在するのにも向いています。また、観光でいうと、カンガルー島で訪れるには出発点となる街です。オーストラリアに訪れた際はぜひ立ち寄ってみて下さいね。

アデレードにはビーチがたくさん!

adelaide-and-vicinity-6051330-smalltabletretina実は、アデレード近郊にはいくつものビーチがあります。その中でも最も人気があるのがグルネルグビーチ(Glenelg Beach)です。アデレード市内からトラムのみでアクセスできる好立地はもちろん、白い砂浜に青い空、そして海すべてを満喫できます。周辺には、ショッピング街などもあり、ちょっとしたリゾート気分も味わえます。アデレードに来たなら必ずおすすめしたい場所です。昼頃にトラムで訪れて、太陽が降り注ぐ中ビーチでくつろぎ、遅めのランチを海辺のテラスで取る、そしてゆっくりと落ちていく夕日を眺める、そんな贅沢な楽しみ方ができるビーチです。また、夜になると海辺のバーがちょっとしてクラブのようになるので、夜の海も忘れずに楽しみましょう。桟橋から雄大な海を味わいたいのなら、ブライトン・ジェティー(Brighton Jetty)がおすすめです。海辺の酸歩道を歩いて、桟橋に行くことができます。桟橋からは遮るもののない雄大な海を楽しむことができます。近くには、海を臨めるテラスがあるカフェもあるので、ゆっくりとコーヒーを飲みながら休憩するのも素敵です。グレネルビーチから北上すると、アデレード空港の程近くにはウエストビーチ(West Beach)もあります。ウエストビーチの近くにはゴルフ場もあるので、リゾートビーチとして人気です。ゆったりとした極上の時間を過ごせることでしょう。

アクセス良好のビーチも!!

image_adapt_1663_mediumアデレードにはいくつもの素敵なビーチがあることを紹介してきました。しかしながら、アデレードのビーチの魅力はただ海がきれいなこと、ビーチをゆったりと満喫できることだけではありません。そのアクセスの良さもポイントです。最もアクセスしやすい、グレネルビーチはアデレード市内からトラムで25分程です。学校の後でも、ちょっとした休息の時間にでも手軽に訪れることができるのです。ブライトン・ジェティーも、バスで簡単にアクセスが可能です。バスやトラムを利用することで、車がなくても簡単にビーチにアクセスできるのはとても便利ですね。

夕暮れのビーチは最高

henley-beach-adelaide-cropped-xlargeビーチといえば、夕暮れの時間を忘れてはいけません。まぶしいほどの太陽に照らされながらの日中の時間ももちろん楽しいです。しかし、はしゃいで遊んだあとにビーチで眺める夕日ほど最高のものはないでしょう。雄大な海に赤くなった太陽が沈んでいくのを眺めるのは至福の時間です。周りに高い建物や、景観を遮るものもなく、広く開けたオーストラリア、アデレードでみる夕日は一生の思い出になるはずです。ぜひ忘れずに楽しんでください。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  3. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  4. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  5. サハラの星空を目指して、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス…
  6. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  7. 都会の人たちはやっぱり急いでる。だから、早々にヤンゴンを離れ、北上した。今まで7人で動いてい…
  8. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  9. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  10. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…

最近の人気記事

  1. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
  2. はじめに地球にぽっかりと口をあけた洞窟は、世界各地に驚くほどの数と規模で横たわっています。普…
  3. 世界遺産の火祭り「ラス・ファリャス」(Las Fallas de San Jose)/スペイン・…
PAGE TOP