カナダに行ったら一度は観てみたい~NHLナショナルホッケーリーグ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

056

カナダの国技、アイスホッケー

カナダの国技といえばアイスホッケー。カナダ国民に愛され、試合の日は町中でユニフォームを着た大勢のファンを見かけることができます。アイスホッケーはプレーする人も大勢いますが、観戦するスポーツとしても人気があります。お酒を飲みながら、自宅やスポーツバーで応援するのが醍醐味です。日本人にはなかなか馴染みがないですが、カナダでは絶大な人気を誇るスポーツです。カナダに訪れたなら、ぜひ一度は観ておいて損はないでしょう。

アイスホッケーの簡単なルール

アイスホッケーとは、スケートリンクの上で行う団体競技です。1チーム6人構成でスティックを使って、パックを打ち合い得点を競うスポーツです。非常に激しく、危険なスポーツのため「氷上の格闘技」と呼ばれています。そのためスタミナの消耗も激しく、長い時間滑ることは厳しいため選手交代はいつ、何人行っても構いません。その際、審判に知らせる必要もないのです。

試合時間は20分を計3回行います。各ピリオドの間に、休憩時間として15分のインターバルが設けられています。

057

北米4大プロスポーツのひとつNHL

ナショナルホッケーリーグ(NHL)は、世界のプロホッケーリーグ界において最高峰に位置づけられ、北アメリカにおいてはアメリカンフットボール(NFL)、バスケットボール(NBA)、メジャーリーグ(NLB)と並んで北米4大プロスポーツリーグの一つに数えられます。

所属チームはアメリカ23チーム、カナダ7チームとなっています。カナダでは最も人気のあるプロスポーツリーグのため、リーグ選手のおよそ半分をカナダ人が占めています。レギュラーシーズンは10月から翌年の4月までとなっていて、各チームが82試合の公式戦を行います。日本のプロ野球のようにパリーグ、セリーグに分かれていて、プレーオフを勝ち抜いた両者が戦うのがスタンレーカップ・チャンピオンシップです。これに勝ったNHL王者が100年以上歴史を誇る北米プロスポーツ界最古のトロフィーを手に入れることができるのです。

058

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

人気どころのチーム

モントリオール・カナディアンズ

モントリオールを本拠としているチーム。モントリオール・カナディアンズほど伝説に彩られた歴史を持ち、成功を収めたチームは存在しないと言われるほど。スタンレー・カップの優勝回数は、他のNHLのチームを大きく引き離して史上最多の24回。

トロント・メープルリーフス

トロントを本拠としているチーム。NHLの中で最もファン層が厚く、最大級の人気を持つチームといわれている。カナディアンズの宿敵ともされていて、NHLの対戦で最も白熱する試合であるといわれる。

バンクーバー・カナックス

バンクーバーを本拠としているチーム。日本で人気のあるチームとして知られる。カナックスが決勝に進んだ時は、バンクーバーの店やバスの電光掲示板が「GO CANOCUKS GO!!」と表示されるほ地元に愛されている。

059

アイスホッケーの魅力

なんといっても圧倒されるスピード感ではないでしょうか。選手やパックが飛び交う様子はもの凄い迫力で、それだけでも見応え十分といえます。猛スピードで滑る選手たちが次々に交代し、軽やかなスケーティングから瞬く間に放たれるシュートは時速160kmを超えるといいます。得点が入るスピードも速いため、得点が入ると喜ぶサッカーとは違い、喜んでいる間に攻められるなんてこともあります。それだけ息つく暇がないのです。試合中は選手だけでなく、観客も集中していなければ取り残されてしまいます。そしてアイスホッケーは「氷上の格闘技」といわれるほど選手同士が激しくぶつかり合う競技です。エキサイトした選手たちがぶつかり合い乱闘が始まることもしばしば。そうすると控えの乱闘に強い選手が出てきて、スター選手を守る役割をするといいます。その「乱闘」もまたエンターテインメントのひとつでもあるのです。一度生で試合観戦してしまうと、アイスホッケーの虜になること間違いなし!

060

NHLの観戦方法

チケットはネットで購入することができます。人気のチームはすぐにチケットが完売してしまうため入手できないこともあります。人気どころのチームでなくても、アイスホッケーはカナダの国技であり、とても人気があるため入手できない可能性もあります。自分の訪れる都市や日程をしっかり確認しておきましょう。チケットの値段は席や人気によって様々です。20$で観られる試合もあれば最低ラインが100$以上の試合もあります。決勝戦になると数十$で取引されるほどです。

観戦するときの服装ですが、ホッケー会場はとても寒いので長袖、長ズボンにダウンやジャケットを羽織り、手袋とマフラーを忘れずに。ひざ掛けもあると安心です。そして会場に着いたら、せっかくなのでチームのグッズを購入して応援しましょう。試合が始まったらあとは、選手やファンと一緒に時を忘れて楽しむだけです。そうすればあなたも、試合が終わったころにはすっかりハマっていることでしょう。

 

まとめとして

日本ではマイナースポーツのアイスホッケーですが、カナダでは一度NHLのファンになると離れられなくなってしまうといわれるほど人気です。日本からだとバンクーバー・カナックスのツアーがあるので、どうしても観たいと思ったらツアーを申し込むのが確実です。町の至る所で地元民はホッケーの話をしています。なのでホッケーの話ができると仲良くなるきっかけにもなります。

カナダは世界で2番目に大きな面積を持つ国土で自然豊かなため、たくさんの観光地や見所があります。観光地を回ることで歴史や文化を知ることができます。しかしアイスホッケーを観に行くことでどんな人種の人たちがいて、どんな国民性なのかを知るには一番の近道ではないでしょうか。

カナダに訪れた際は、あなたも一度アイスホッケーを観戦してみてはどうでしょう。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. 石垣島の山々や森に囲まれた大自然のド真ん中にあるLive Free村日の出とともに目を覚…
  2. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  3. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…
  4. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  5. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  6. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  7. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  8. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  9. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  10. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…

最近の人気記事

  1. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
  2. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…
  3. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP