キャンピングカーを生活の場にできる職業です!「超自由業」

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

キャンピングカーを、移動もできる自宅として使うとか、たまの週末や連休にキャンピングカーでお出かけするとかなら、どんな職業の人でも実現可能です。でも、1年を通じて、または最低でも週単位・月単位の長期間キャンピングカーの旅を実行できる職業は限られてきます。

キャンピングカーで暮らす、または暮らすように旅をするのに適した職業とはどんな職業なのでしょうか。

家賃収入

家賃を払う側ではなく受け取る側であれば、その収入でキャンピングカー生活ができます。ただ、貸すことのできる物件を所有していることが絶対条件となりますね。

既に持ち家があって、それを貸すことができれば問題ありませんが、定期的に自宅でも過ごすために保持しておきたいとなると、普通の賃貸契約は結べません。民泊的な使い方もありますが、これはその家の在所や手続き、メンテナンスなどの問題をクリアする必要があります。

そしてなにより、どの場合も、キャンピングカー生活を続けられるだけの家賃収入額に達しなければ困ります。

また、十分な貯金があれば、それで賃貸収入目的、または投資目的の物件を新たに購入してそこから収入を得るという方法もあります。キャンピングカー生活に入るために会社を退職し、その退職金を元手に購入するという手段を取る人もいます。

家賃収入の場合、賃貸物件の管理を自分でしている場合には、生活の中に多少の雑事が入ってきますが、手数料はかかっても管理会社に丸投げしていれば、ほとんど労働することなく固定収入を得られます。もちろん、賃貸人が常にいるという絶対条件はありますが。

利息収入

家賃収入のところで触れたように、退職金をキャンピングカー生活の元手にする方法として、それを貯金した利息での収入という方法もあります。ただ、近年の利息の低さから考えると、かなり高額の貯金がないと生活に十分な額の利息を得ることは難しいでしょう。利息がたとえ1%あったとしても、100万円の収入を得るのに元金は1億万円必要です。1%が滅多にない数字であると同時に、1億円も難しく、さらには年間100万円では生活も難しいというのが現実です。

利息収入でのキャンピングカー生活は不可能でこそありませんが、車内生活者と区別がつかないキリつめ方をするか、数億円以上の預貯蓄がある場合に限定されてしまいそうです。

トレーダー

トレーダーという職業に関しては、関心や接触機会がないとよくわからないかもしれません。

簡単に言うと、投資家とディーラーの間に入って、株や債券などの売買取引の仲介をする人のことをいいます。株や債券の世界は24時間秒単位で変化していて、個人では対応が難しいところがあります。そこを、専門的にチェックして把握し、常に最新の売り買い情報を持って、投資家に提供することで手数料を稼ぎます。

以前は、株式市場などに詰めているか、投資銀行や証券会社などのトレーディング部門に所属している必要がありましたが、ネットワークが発達した今、インターネットにつながる環境さえあれば、どこでも対応できる職業になりました。

自分自身が取引をして利益を得るのではなく、あくまでその仲介をして得る手数料が収入になるので、それだけで稼げるのか? という疑問もあるかもしれません。

実は優秀なトレーダーたちが扱う資金は数十億から数百億というとんでもない単位。手数料は成功報酬なども含めると、決して少なくありません。ただし、優秀なトレーダーでなければ、それだけの資金を預けられることがないため、厳しい実力勝負の世界です。まだまだ、大手の会社名を背負った社内トレーダー率が高いようです。

一方で、昨今は個人トレーダーが徐々に増加してきています。これは、会社組織に所属することなく、個人で下株式や債券の売買を行う個人投資家とほぼ同義です。

自宅でパソコンを相手に市場チェックしては、売り買いで得る利益を上げている人たちのこと。当然、ネット環境さえ整えることができれば、キャンピングカー生活をしながらもできる職業です。

さらに、デイトレーダーと呼ばれる、1日の中の数時間単位で売買を行って終えてしまうという、短期決戦型の取引で大きな金額を動かしている人もいます。

ただ、安定収入を得られるかというと、大きな利益が出る可能性があるのと同時に、大きな損失を出す可能性もあるため、トレーダーはだれでも努力すればなれる種類の職種ではありません。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ウェブ系在宅ワーカー

SOHO的なメイン職ともいえるのが、ウェブ系の在宅ワークでしょう。

代表的なのがウェブページの制作。制作会社で経験を積んだ人が独立して個人で活動する例が多いようです。また、編集関連の仕事もあります。雑誌、本、チラシなど、さまざまな媒体の編集を在宅で請け負って作業します。

ある程度の知識は必要ですが、それほど難しいわけではなく、パソコンを扱うのが苦でない人なら、チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

需要はたくさんありますが、単価の高い仕事ではないため、これに生活収入をすべて頼るには、それなりのコネや実力がやはり必要かもしれません。

請け負いデータ入力など内職

ありとあらゆるデータがデジタル化される世の中です。それらのデータは自然に機械の中に吸い込まれたり溶け込んだりするわけではなく、必ず人が介在してデータを入力するという手間が発生します。

そこを請け負うのがデータ入力業。数字ばかりのデータもあれば、文字列データもありますが、ほとんどは単価が非常に安く、いかに大量のデータを請け負ってそれを納期までに確実に仕上げるかで収入が変わってきます。

また一部には、医科学系など専門性の必要なデータ入力作業もあり、これらを請け負うには、専門的な講習を受けることになります。知識や技術を認められた後には、単価の高い作業ができるようになりますが、講習を受けている期間の長さや、その間の収入少なさを考えると計画性が必要でしょう。

基本的にパソコンがあり、ネットワークがあればできる仕事です。キャンピングカー生活でも問題はありません。

文筆系

勝手に自称することはできても、才能がないと収入に結びつかないのが文筆業系。作家 漫画家、ライター、イラストレーターなどなど、いわゆる腕というか筆一つで稼ぐ人たちです。

基本的に一人か、キャンピングカー共同生活者の補助程度でできる範囲になるので、多くのアシスタントと作業を進める人気漫画家には無理かもしれません。またライターも、取材先が限定されていると、キャンピングカー生活とかみ合わなくなり難しいでしょう。

作家や個人イラストレーターは、原則として一人勝負。原始的に原稿用紙や画用紙と郵便局、またはパソコンとネットがあれば、キャンピングカーに乗ってどこに移動していっても、仕事として続けられます。

制作販売

シルバーアクセサリーや革製品などの手作り小物を作って販売する、個人製作販売業もキャンピングカー生活とマッチする可能性があります。

日本各地で開催されるフリーマーケットを渡り歩くようにキャンピングカーで移動し、そこで自作の小物を販売することで収入を得るわけです。かなりの数を制作販売するか、単価の高いものを作って売れないと、実際に生活できるだけの収入に結びつけるのは簡単ではありませんが、実際にこれでキャンピングカー生活をしている人はいます。

どんなものを制作するかは、自分の趣味や技能、そして需要とよく相談しましょう。

フリーター

世の中は人手不足。職種を選ばなければ、そして健康で働き者であれば、日本中どこでもアルバイトやパート職を見つけることができます。

特に単発と呼ばれる短期のアルバイトは、アプリやお仕事情報サイトを通せば、毎回面倒な書類作成などをすることなく、気楽に申し込んで1日から数日働いて、現金を得ることができます。

仕事量は都会の方が多いものの、非都会地域でも、工場作業などの仕事は確実にあるほか、農作業の手伝いなどの選択肢もあります。

うまく交渉すれば、キャンピングカーの駐車場を確保できる可能性があり、なかなか有望です。

ただ、フリーターとして単発の仕事を続けていくには、ある程度の場慣れや器用さは必要ですし、生活費として稼ぐなら月の半数程度は働く必要があるでしょう。

季節労働者

フリーターのところでも触れましたが、農作業や工場などでは、季節労働者の募集があります。

住み込みや食事が出るものが多く、たとえキャンピングカーを持っていても、福利厚生的にありがたい条件がつくことが多いでしょう。駐車場も確保しやすいはずです。

農業系では、高原野菜農家の夏の出荷作業、果物農家の受粉作業や出荷作業、酪農の場合には通年で長期短期の募集があります。

体力的に辛い部分があり、誰もができるとはいえませんが、まとまった期間働くことで、まとまった収入を得られるので、その前後のキャンピングカー生活では、特に働かずにゆったりと楽しめます。

リタイヤ組

現状として、もっともキャンピングカー生活者として多いのがリタイヤ組です。

定年退職した男性や夫婦、早期退職をして、次の職に就くまでの間の期間限定リタイヤ組など、中身はいろいろですが、働かずに年金や雇用保険などを使ってキャンピングカー生活をしています。

年金の受取額に個人差があるように、退職金の金額もかなりの差があります。同じように退職組であっても、収入格差は大きいようです。小さく古いキャンピングカーで節約して生活している様子が分かる人もいれば、かなり悠々自適感覚のキャンピングカー生活者もいます。

ただ、日々の生活のための収入を得なければならないという焦りや切迫感はなく、のんびりした雰囲気と自由な活動にはうらやましさを感じますね。

リタイヤ組は原則として働かないという前提で考えると、キャンピングカー生活を送るには、退職金や預貯金からの利息収入のほか、退職金を食いつぶすつもりで期間限定の旅にでる、年金を切り詰めて使うなどで、生活費が工面できることが第一関門。第二関門は健康管理、第三関門としては、キャンピングカー生活ができなくなった時の備えが必要でしょう。

まとめ

週末キャンパーなら誰でも思い立てば実行できます。でも、生活の場をキャンピングカーに移してしまうには、勇気も準備もお金も必要です。

ここでは、比較的よくあるパターンのキャンピングカー生活者の職業をあげていきました。実際には、キャンピング生活そのものをネット配信することで収入を得ている強者やスポンサーを募って宣伝活動などを行いながらキャンピングカー生活を送っているアイデアマンもいます。

キャンピングカーという移動手段を毎日の生活手段にするための方法として、こんなにもいろいろな方法(職業)があります。夢物語だよなと諦める前に、いろいろな可能性を模索してみたくなりませんか?

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  2. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  3. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  4. 石垣島の山々や森に囲まれた大自然のド真ん中にあるLive Free村日の出とともに目を覚…
  5. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  6. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  7. こんにちわリョウです(^^♪いよいよ旅始まって二ヶ国目ミャンマーに突入です!!いぇい♪…
  8. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  9. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…
  10. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…

最近の人気記事

  1. 片岡鶴太郎という名前を、お笑い俳優として認識するか、俳優としてか、はたまた画家か。片岡鶴太郎…
  2. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
  3. アートで原始的な共同生活イベント「バーニングマン」(Burning Man)/アメリカネバダ州・…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP