キャンプ初心者なら何から揃える?熟練キャンパーの知恵からキャンプグッズを紹介

「モノから入るタイプ」だという人がいます。そんな人たちがキャンプを始めてみたいなと思ったなら、テントはもちろん、タープも寝袋もコンロも焚火台もテーブルセットも調理器具も、それこそアウトドア衣料まで、専門店のスタッフがすすめるままにすべてを買い揃えて本番に臨むのかもしれません。

でも、最初のキャンプでの満足度が低いと次がなく、1回こっきり、ひょっとしたら、使うことなくお蔵入りするものがあってもおかしくありません。

キャンプグッズはそれなりのお値段であり、すべてを揃えるのはお財布をしめつけます。だったら、購入するのは最低限必要なものから少しずつ、自分に必要であり、合ったものを選んでいくのが得策だと思うのです。

最初のキャンプグッズは普段も使えるものを

いくら楽しそうにみえても、実際に体験してみて「合わないな~」という場合もあるでしょう。最初のキャンプは、すでにキャンプグッズを揃えている人と一緒にするか、レンタルグッズを上手に使って、できるだけ購入するものを減らすことをおすすめします。

それでも、気分を盛り上げるためにも少しは自分の「キャンプグッズ」を持っていきたいという気持ちは分かります。そこで、もしもキャンプを好きになれなくても、後から使えるものに的を絞ってみましょう。

・LEDランタン
最近はデザイン性の高いものも出回っていて、自室の手元ランプがわりにも、災害用としても使えます。アウトドア仕様のものでも1000円くらいから。

・クッカー
キャンプでも自宅でも使えるダッチオーブンなど鉄鍋系の調理器具もいいですね。ただIHだと使えない場合もあるので注意。アルミのクッカーなら3000円くらいから、鉄製のクッカーは小型でも5000円以上しますが、長持ちすること、直火に強いことからおすすめです。

手作りキャンピングカーで生活中!家族三人+犬二匹の旅暮らしブログ

ハイエースキャンピングカー写真1

家族3人+犬二匹で、日本~世界を旅しながら暮らしています。「車のおうち」は全て僕の手作りです。世界中に故郷を増やし、帰る家はこの「車のおうち」だけ♪

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

この「車のおうち」のカタログは「こちら」からどうぞ♪

・クーラーボックス
キャンプ以外でも夏場の海へ山へのお出かけで活躍してくれます。ソフトタイプを購入しておくと、保冷力は落ちますが使わない時には畳んでおけます。キャンプにハマった後にハードタイプを購入しても、ソフトタイプをスペア的に使うことで役立てることができます。大容量でも3000円くらいから販売されています。

・寝袋
これもおすすめです。誰が使ったかわからないレンタルの寝袋に抵抗感を持つ人には特におすすめします。マイ寝袋を購入しても普段は使いみちがあまりありませんが、災害対策として準備しておいて損はありません。我が家では車にいつも積んであります。最初の寝袋は3シーズン対応のもので十分なので、価格的にもそれほど高くなく、最近は5000円前後でよいものが手に入ります。

ここであげた4つのキャンプグッズすべてを最初に用意する必要はありません。どこから手を出してもいいので、4つはほかのものよりも優先して揃えていきます。

また、今では、災害グッズを自宅に準備しておくのが当たり前。キャンプ用品と災害グッズはかなりカブっている部分があるので、そこも考慮して最初のキャンプグッズ選びをするといいでしょう。

もう一度行きたいと思えたら揃えたいもの

最初キャンプが楽しくて、「もう一度行こう」となった時に是非揃えたいグッズをあげていきます。これらも急いで揃える必要はありません。いいものを見つけた時、レンタルしにくいまたはしたくないものなどから、順々買い揃えていきましょう。

・マットやシート
ピクニックマットも芝生などの上に敷くなら使えますが、キャンプの場合はグラウンドシートやインナーシートと呼ばれる、テントの下や内部に敷くシートが必要になります。これらの役目は防水や防汚。

床の快適さに貢献してくれるのは、テント内に敷く厚みと柔軟性のあるマットです。マットがあると寝心地も居住性もぐっとアップします。登山など荷物を最小限にしたい場合は薄いマットを使うこともありますが、キャンプではしっかりと厚みにあるインフレータブルなものが多く、よりクッション性が高くて快適です。

・タープ
テントのレンタルはほとんどのキャンプ場にありますが、タープは意外とありません。でも、天候によってはタープの存在の有無で快適さに大きな差がでます。

暑い時期には日陰を作り、雨を除け、冬はテントと二重張りすることで冷え込みを防ぎ、霜の影響を最低限に抑えてくれます。また、タープがあることで、荷物などの置き場を外にすることができるので、テント内の省スペースにも役立ちます。

そんなわけで、あくまで個人的な意見ですが、テントとタープのどちらを先に購入すべきかと問われたら、タープと答えています。

・テント
もちろん、テントも自前のものが欲しくなります。キャンプ場で借りられるのは、古かったり小さかったり大きかったりと自分の好みとは違うものも多いはず。レンタルでテント張りに慣れたなら、今度は自分のテントを手に入れましょう。

テントはそうそう買い替えるものではありません。また、さまざまな大きさやスタイルがあるので、自分のキャンプスタイルに合ったものを吟味して購入します。

・テーブルセット
椅子とテーブルはなくてもすみますが、あったほうがいいものです。日本人は床生活もできるので、ピクニックシートが一枚あればそれでもなんとかなります。

でも、ピクニックで1食分の時間を床で過ごすのと違い、キャンプ中は朝昼晩と何度も長時間にわたって座ったり食べたりします。特に夜間に外で食事をするなら、虫たちとの距離感の関係もあってテーブルとイスは是非欲しいと思うはず。折りたたみのものがほとんどで、車に積み込みやすく、または多少かさばりますがまとめて持ち歩くことができるタイプを選ぶと、いろいろなシーンで活躍してくれます。

お値段はピンキリ。イス4テーブル1のセットで3000円程度のプラスチック製もあれば、お尻や腰に負荷をかけることなくゆったりと座れる椅子と耐熱テーブルなら、数万円かかります。

・コンロ
コンロもまた、多くのキャンプ場でレンタルしているほか、卓上コンロという便利グッズが自宅にあれば、それでも代用できます。

ただ、もっと火力の強い2口バーナーや、テント内でも使える小型の1口バーナーなどが欲しくなってくるのです。豪快なアウトドア料理が楽しくなる人、ゆっくりと自分の沸かしたお湯でいれるコーヒーの楽しみを知った人などにとって、欠かせないキャンプグッズとなります。

これは高価であること、メンテナンスしながら長く使うものなので、購入順位を下げてでもじっくりと選びましょう。

・ウォータータンク、バケツ、食器、カトラリー

水場が遠い時にウォータータンクがあると便利です。料理に、ちょっとした洗い物や歯磨き、顔洗い、手洗いなどを自分のサイトでできると助かります。使った水を流す場所としてバケツの準備もしておきましょう。

食器やカトラリーは安いプラスチック製のものでも十分ですが、キャンプ用グッズには恰好のいいものも多いので、予算に余裕ができたら少しずつ買い足していくのを楽しみにしてもいいと思います。

マット、タープ、テントは消耗品。キャンプが好きになって使えば使うほど傷んでいき、破れたり穴が開いたりしてきます。ある程度までは修理で対応できますが、それほど遠くない未来に買い替え時期がやってきます。そのため、よほどのヘビーユーザーでなければ、高級品を買う必要はないと思われます。

逆にコンロのように、メンテナンスをしながら長く使うものは、あまりケチらないようにしたいですね。

いつか買いたい! キャンプの楽しみをアップさせるグッズ

ほとんどの場合、キャンプで使う必要はないし、なくてもまったく困らない、でも、あったら心地よかったり楽しかったりするもの。そんな、「いつか買えたらいいな~」と憧れるグッズも紹介しましょう。

・コット
これはキャンプ用簡易ベッド。どんなにマットを敷き詰めたとしても、床で寝るのと高床で寝るのとでは寝心地が違います。寝床の硬さだけでなく、湿気、虫、冷気、蒸し暑さなどからくる不快感が、コットを使うことで大きく改善されるからです。

ただ、使っていても収納してもそれなりにかさばること、価格も安くはないことから、誰もが使うものではありません。プラスして、普通のベッドと比べればかなり細く華奢なので、大柄な人にとっては寝心地の良いものとは言い切れないという問題もあります。

かさばる荷物もなんのそののオートキャンプ派で、細いコットでも眠れるよう背も横幅も体重も並みであるという条件を満たした人たちだけが味わえるプラスアルファの快適グッズです。

手作りキャンピングカーで生活中!家族三人+犬二匹の旅暮らしブログ

ハイエースキャンピングカー写真1

家族3人+犬二匹で、日本~世界を旅しながら暮らしています。「車のおうち」は全て僕の手作りです。世界中に故郷を増やし、帰る家はこの「車のおうち」だけ♪

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

この「車のおうち」のカタログは「こちら」からどうぞ♪

・焚火台
火で危険から身を守り、食事を得ていた原始の人間のDNAが騒ぐからでしょうか? 人は適度なサイズの焚火をとても心地よく感じるようにできているようです。炎の在りかがはっきりしない炭や個人で扱うには危険なキャンプファイヤーのような規模ではなく、パチパチと時々炎が立ち上がるものの、手をかざしても危険を感じない程度のお手頃サイズの火をキャンプで楽しむのに必要なのが焚火台です。

本来、土を少し掘って周囲を石やレンガで囲む手作りの炉での焚火を楽しみたいところですが、ほとんどのキャンプ場は直火を禁止しています。安全性と後始末問題が理由です。でも、焚火台さえあれば問題は解決。炎の位置が地面ではなく膝の高さになることで、より炎との距離は近づき、薪や炭を入れ炎が広がる範囲が限定されることで安全性も増します。

安全に焚火を楽しみつつ暖も取れる焚火台。古くは灯油缶やドラム缶を使うこともできましたが、最近は見かけませんね。販売品はというと、造りはシンプルですが、低価格で提供してくれるノンブランドでそれほど量産されていないため価格が高めで、こぶりなものでも5000円以上するものがほとんど。娯楽や嗜好という面での要求は強くても、キャンプをする上での必要性も低いため、まだあまり持っている人がいません。

ある程度キャンプ道具を揃え終えた人が、次に欲しいものとして挙げるナンバー1アイテムです。最近見かけたものでは、ストーブにも焚火台にもなる小型コンロがあり、4000円程度。小さな小さな焚火になりますが、使い勝手は良さそうでした。

・発電機
キャンプを快適に過ごすためにあると嬉しいのが発電機。灯油が必要な巨大なものではなく、自宅で充電して持ち込む中型タイプで十分です。最近は、災害時の利便性と有効性が注目されたこともあり高性能かつ軽量、10000円程度のリーズナブルな価格設定のものが出回るようになって、より身近になりました。

発電機が一つあると、スマホやパソコンなどの充電だけでなく、暑い時の扇風機やミニ冷蔵庫、寒い時の電気毛布など、小型のものだけですが電化製品を利用できるようになります。中には、発電機を使ってパソコンとプロジェクタで映画鑑賞を楽しんでいる人もいます。

自然と親しむという観点からすると、発電機は邪道かもしれませんが、過酷さを愛するキャンパーもいれば、快適さを求めるキャンパーもいていいと思います。楽しむことが一番大切ですからね。

・暖房器具
キャンプ場の多くは山の中や水辺。寝る場所は布一枚で覆われたテントの中。当然、気温の変化に敏感です。特に寒さ対策は重要。残念ながら、一酸化炭素中毒の恐れがあるため、テント内では火を使いにくく、暖房手段は限られます。

断熱シートやマット、湯たんぽや携帯カイロのような、電気の必要ない暖房器具が一つ目の選択肢です。これらは比較的安価で手に入ります。もう一つは、発電機とセットで考える暖房電化製品です。すでに紹介したように、電気毛布や電気ストーブなどがこれにあたります。低容量の発電機でも使えるものと限ると、電気毛布がもっとも安くて2000円程度から手に入り、使いやすいでしょう。冬用の寝袋や断熱シートなどと併用すると、真冬であっても汗ばむほど温かく過ごせます。

このサイトを運営している家族

貯金30万円、財産すべてをザックに詰め込み、7歳と9歳の娘たちを連れて地球放浪の旅に出たのが10年前。今になっても着地できず、旅は年々刺激と学びが増すばかり。

私たちの「超刺激的な旅ブログ」を読む👇
https://yuuma7.com/blog/

まとめとして

新しいことを始める時には、ワクワクする心を止められず、ついついグッズを買い揃えたくなりますね。でも、キャンプグッズは選択肢が多く、好みでも予算面でも自分に合ったものを選ぶには、最初からすべてを揃えるよりも、レンタルを上手に使って少しずつ必要なものを買い揃えていく感覚がおすすめです。

最初のうちはそれなりの予算が必要ですが、一気買いをさけてレンタルを併用し、上手な買い物をすることで、一度にかかるお財布の負荷を減らすことができます。また、最低限必要なグッズさえ揃えてしまえばその後はかなり安く楽しめるのもキャンプのよいところ。

キャンプ未経験者からすると、準備すべき必要なものがあれこれたくさんあって、敷居が高くもみえるキャンプ。実は、ほとんど手ぶらであっても始められるアクティビティなのです。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  3. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  5. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    type2完成!~旅をして、さらに改良し使いやすく、おしゃれになりました!自作キャンピングカー旅…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  7. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  8. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  9. 楽しかった~♪…
  10. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …

pickup 情報

  1. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  2. はじめに「旅先の恋」。その場限りの出会いもあれば、結婚につながる出会いもあります。世…
  3. バックパッカーで海外のライブハウスを巡る、音楽の旅旅には必ず音楽がついてきます。お気…
PAGE TOP