コルドバのメスキータをじっくり見て歩いてみた。見どころ紹介など

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

m0

モスクという名の大聖堂~コルドバのメスキータ「Catedral de Santa María de Córdoba」/スペイン・コルドバ

コルドバのランドマーク、聖マリア大聖堂は「メスキータ(mezquita)」と呼ばれる。メスキータとは、「ひざまずく地」を意味し、現在の「モスク」を指す言葉だ。

コルドバのメスキータは、本来は相いれない聖堂とモスクとが共存する、おそらくこの世で唯一の場所なのだ。

m1

現在の2大宗教混在メスキータが出来上がった背景

コルドバのこの地にはローマ時代の神殿があったとの伝承があり、その後西ゴート王国時代には、聖ヴィアンテ教会が建造された。

しかし、スペインをはじめとしたヨーロッパ各地を制圧したイスラムのパワーは教会の上にモスクを建てることで、宗教的な制圧も行おうとした。それが、785年に建てられたイスラム寺院「アルジャマ・モスク」だ。代々の王はこのモスクを巨大な祈りの場へと拡張していった。現在残っている全体像はこの時のものだ。

1236年、レコンキスタにより再びカトリック勢力が力を盛り返してこの地を奪還。しかしすでに巨大なモスクとしてそこにあった建造物を破壊して新たに造り直すことはしなかった。主に、礼拝堂やカテドラルをその内側に作りこむことでカトリック化を行ったのだ。

イスラム教とキリスト教の双方が、互いの宗教を完全否定しなかったこと、それだけの価値をそこにあった建造物に見出したことが、二つの宗教の共存につながったと考えられている。

m2

現在のメスキータ

1523年時のカルロス1世は、聖職者たちの強い要望を受け、これまでにない大がかりな改装の許可を出した。目的としたのは、よりカトリック教徒色を濃くし、使いやすくすることにあったという。

しかし、その出来上がりに対して「どこにでもあるような建物のために、この世で唯一のものを壊してしまった」と本人が悔悟の弁を残したともいう。

この改修では、いくつかの開放口がふさがれ、柱も取り払われた。さらに大きな聖壇や礼拝堂が加えられ、モスク時代の細密モザイクなどはふさがれてしまった部分もあった。

現代に入り、改修された部分やふさがれてしまった部分に対し、宗教的・歴史的価値を見出した関係者により、一部が再び日の目を浴びるようになり、傷んだ部分の補修も行われ今日に至っている。

m3

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

メスキータの「礼拝の間」

「円柱の森」とも呼ばれる無数の柱がイスラム教徒たちの祈りの場を作りだしている空間は、メスキータの一番の見どころ。

1000本近い柱が連立するさまには圧倒される。実はこの柱、カルロス1世による大改造の際に150本ほどが引き抜かれてしまった。また、周囲は前庭へとその祈りの場がつながるように広く開放されていたが、その開放口もまたいくつかが閉ざされてしまった。

それでもなお、視界に収まりきらず、数えきれない無数の柱が連立するさま、柱の上につながる赤と白の縞々のアーチの連続は今もそこにある。

巨大な祈りの場を支えるこの柱たち、実はあちこちからの寄せ集め。メスキータの一部でもあった聖ヴィアンテ教会の建材を含め、各地の遺跡からもたらされた柱が転用されている。そのため、よく似てはいるものの、一つ一つの材質やサイズが微妙に違っている。

m5

鐘楼「アミナール」

モスクにはミナレットが必要だ。祈りの時間を伝えるための歌「アザーン」を行うために必ず付随している。大規模なモスクには複数のミナレットが建てられていることも多い。

メスキータのミナレットは「アミナール」または「アルミナール」と呼ばれてきたが、レコンキスタ以降内部にいくつもの鐘が設置され、尖塔の先にはコルドバを守護する聖ラファエルの像が据えられている。そう、鐘楼へと変身したのだ。

塔内部は203段の螺旋階段があり、上部のバルコニーまで登ることができる。高さは54mと決して高くはないものの、低層建築の多いコルドバでは群を抜く。

m4

オレンジ・コート

モスク時代、前庭と祈りの間の間は19もの開放口によって隔たれることなくつながっていた。さらに、円柱の間の柱がそのまま外にまで続いているかのように演出するために、古くはナツメヤシや月桂樹が植えられていたという前庭には、現在は糸杉とオレンジの木が植えられているためこの名で呼ばれる。

イスラム教徒のモスクとして使われていた時代には、この前庭が浄めの庭であり、地下水の泉があったらしい。遠く離れた水源地から水を引いていた時期もあるといい、石畳の庭には水路が設けられている。

現在は聖堂らしい回廊に囲まれた庭となっている。

m6

回廊

メスキータ全体は10mほどの高さの古い壁で囲まれている。その壁の内側であるオレンジ・コートもやはり壁で囲まれていた。

これには、先に述べたように、祈りの間と前庭の境をなくす工夫と同様に、庭の部分を屋外(モスクの外)でありながら内側(壁の中)としたいという考え方が根底にある。

この壁が後に回廊として改装された。回廊の柱にも聖ヴィアンテ教会の建材が使われているといい、回廊内の壁には、聖ヴィアンテ教会や初期のモスクの天井に使われていた木材が展示されている。

ちょっと見にはただの古い板切れにしかみえないが、黒ずんだ中にイスラム文化らしい幾何学模様を見ることができる。

m7

ミフラーブ

大聖堂内には今もミフラーブが残されている。

祈りを捧げる方向であるメッカを示すミフラーブはモスクには必ずなければならないものだ。

大きな鍵穴のような入り口の周りには細かい模様が描かれ刻まれている。長く祭壇屏の影となっていたため、傷みが激しかったが、修復されて祈りの場として復活している。

m8

主祭壇

メスキータの中でもひときわまばゆい光を浴びているエリアがある。それが中央礼拝堂の主祭壇だ。

楕円ドームの天井を持ち、贅と尽くした身廊やマホガニー製の聖歌隊席、パイプオルガンなどが設置されている。

キリスト教の威信にかけた装飾の数々が所狭しと詰め込まれている空間で、全体的には今もモスクの雰囲気を漂わせるメスキータだが、ここだけは聖堂らしい輝きを放っている。

m9

周辺の見どころ

メスキータの周辺には「コルドバの歴史地区」として世界遺産に登録されている場所がある。

コルドバ旧市街地の防衛施設として12世紀に建てられ、現在は博物館になっている「カラオーラの塔」は、すぐ近くのローマ橋を昔は力で守り、今は静かに見守っている。

この「ローマ橋」は全長230m、16のアーチが見事な1世紀の建造物。ローマ帝国以降、イスラム時代にもカトリック時代にも大切に補修され続けてきた。メスキータの礼拝の間のアーチはこの橋をヒントとしたといわれている。

メスキータの北には白壁に花が印象的な狭い路地が続く「ユダヤ人街」がある。ここで暮らしていたユダヤ人たちはレコンキスタ後に追放され、シナゴーグも荒れてしまった。しかし現在は、観光客たちがメスキータの帰りに立ち寄るスポットとして人気を集めている。ミニチュアギリシャ風の街並みが魅力的だ。

m10

最後に

コルドバのメスキータは確かに2大宗教がそこに共存している。しかし、共生しているわけではない。現在のメスキータはあくまで聖マリア大聖堂であって、モスクではないのだ。イスラム教徒が個人的に礼拝を捧げることは自由だが、キリスト教徒たちのように、集団で祈りを捧げる機会はない。

また、メスキータ内の礼拝堂は確かに聖堂として機能していて、定期的に礼拝も行われてはいるが、その巨大な建造物の大部分は歴史的建造物として観光地になっている。

キリスト教とイスラム教の覇権争いの結末は、観光という新たな存在によって、そのどちらの良さも保たれることとなったようだ。

そこを訪れた人しか感じることのできない感動を、写真、動画、そして言葉で表現してみませんか? あなたの旅の話を聞かせてください。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…
  3. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  4. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  5. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  6. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  7. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  8. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  9. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  10. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    パパ式自作キャンピングカー旅人仕様。製作期間3ヵ月、廃材などを使い制作費約20万円♪新車内…

pickup 情報

  1. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
  2. 激アツな音楽にハイテンションなオーディエンス。普段は大人しくしている人でも会場に行ってしまえ…
  3. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…
PAGE TOP