コロナ後のリモートワークと現代のリモートワークはちょっと違う

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

「リモートワーク」という言葉が口に上るようになりました。コロナ禍の世界的情勢の中で、必要性が高まり急増した新しい働き方の名称です。

現在のような「外出を自粛すべき」「対人距離を取るべき」状況が、今後もずっと続くとは限りません。少しでも早い状況好転を望むのはもちろんです。そんな中で、現況に即して広まりつつある「リモートワーク」という働き方が、これからの時代の中でどんな位置づけを得ていくのか、興味を持つ人も多いことでしょう。

リモートワークとは

まずは、「リモートワーク」という働き方の定義を確認してみましょう。

一言でいうならば「オフィス外で仕事をするスタイル」のこと。ただこれだと、働く側の身分(正社員かパートかフリーランスかなど)は問われず、また、職種も問われません。例えば、オフィスを必要としない建設業なども広義では含めてしまいます。また、この場合は、政府やマスコミなどが多用している「テレワーク」という働き方とフリーランスの間で使われてきた「ノマドワーク」という働き方の両方もまた含みます。

ところが、昨今急増している「リモートワーク」はもう少しその範囲を狭めたものです。まず最も大きな絞り込み条件は「会社員(またはそれに近い固定職勤務者)」であることでしょう。つまり、本来ならばオフィスに出勤するはずなのに、オフィス以外の場所で働くことを「リモートワーク」と呼んでいるのです。

このように、「リモートワーク」は広義と狭義の二通りの使い方ができる言葉ですが、現在もてはやされ始めているのは狭義の「リモートワーク」です。

これまでの「リモートワーク」は?

ほんの少し時代をさかのぼってみると、広義の「リモートワーク」に含まれるであろう「ノマドワーク」が注目され、少しずつ社会の中でその存在感を強めてきていました。

ノマドワーカーたちのほとんどが、正社員として企業などに属することなく、起業家やフリーランスとして個人で働き、決まったオフィスを持たず、ノマド(遊牧民)のように好みや季節や都合に合わせて移動していました。

この働き方が崩れたのは、現在世界を覆っているやむを得ない「行動自粛」が大きな要因といえます。自由な行動がとれなくなれば、ノマド的な移動はほぼ不可能になります。こうして、「リモートワーク」の一つであった「ノマドワーク」はあっという間に下火となってしまったのです。

また、21世紀に入ったころから、先進的な企業の中には、「テレワーク」として、たとえ正社員であってもオフィス外での完全または一定時間の勤務を勧め、認めるところがありました。ただ、それはごく一部の限られた能力を持つ人や職種に限られていました。

現在の「リモートワーク」

現在は、社会的な情勢に押される形で“仕方なく”「リモートワーク」を進める企業とやはり“やむを得ず”「それを受け入れる会社員」という「リモートワーク」スタイルが広がっています。

企業としては、これまでのオフィス中心の働き方を「リモートワーク」スタイルに完全移行するというよりは、一時的な苦肉の策として行っているという感があります。状況さえ好転すれば、いつでも元通りのオフィス勤務に戻っていく企業が大半だろうと想像できます。

また働く側も、これまでと違った働き方を知り、「オフィス以外でも働けるんだ」という発見はあっても、「だからといって、これからずっと自宅勤務というのも…」というためらいや不安の声もまた多くあり、「リモートワーク」を労使が一体となって推し進めていこうという動きは決して強くありません。

ただ、現在のような「行動自粛」をやむなくされる社会情勢がいつまで続くのか、誰にも見通せません。企業も労働者も同じように、「働き方」を見直す必要がありそうだという事実には気づいています。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

これからの時代の「リモートワーク」

企業の場合、働き方の見直しはこれまでの企業姿勢を大きく変えることにもつながるため、そう簡単には進められません。過去と同様に、一部のリモートワークが可能な職種を中心に、できるところから少しずつある程度は許可してみようかと、部分的な「リモートワーク」スタイルを模索しているところといえます。これは、企業主体で進める「リモートワーク」の問題点であり、ひょっとすると限界でもあるのかもしれません。

ただ、「リモートワーク」を取り入れる主体が企業ではなく個人であれば、その問題点や限界も変わってきます。

これからの時代、正直なところ先行きは非常に不透明です。その上、企業に属していれば、企業の指示通りにしていれば、それだけで安心して働いて過ごしていけるという大前提が作り出していた神話も、ガラガラと音を立てて崩れてきています。

だからこそ、身軽にスタイル変換をできない企業という箱に頼った働き方ではなく、自ら働き方を提案して変えていくという手段をとり、より時代に即して身を処すことができる「リモートワーク」を選んでもいいのではないでしょうか?

「リモートワーク」が生み出す2つの企業スタイル

「リモートワーク」という働き方は今後、社会の中で、徐々広がっていくでしょう。その結果、「リモートワーク」視点として見た時の企業には、二つのスタイルが生まれそうです。

一つは、企業主体で可能な限り「リモートワーク」を取り入れることで生き残ることを目指すスタイル。この場合、「リモートワーク」を長期的に円滑に進めていくための初期投資が必要となりますが、長い目では、オフィスを縮小化してコストを削減でき、昨今のような社会情勢に大きく左右されることなく労使ともに安全に活動することができるという利点が生まれます。もちろん、「リモートワーク」が可能な範囲には限界もあるでしょうが、できる限りリモート化変換することで、リスクを削減していこうという長期的に見た「攻め」の企業スタイルといえます。

もう一つは、これまでの企業スタイルを崩すことを良しとしない旧態的な性質を持ち、それを今後も持ち続けようとしている企業です。

切羽詰まった状況に迫られて、仕方なく「リモートワーク」を取り入れてはみたものの、今後「リモートワーク」を広げていくつもりはあまりないように見えます。「これまで利益を得ていたから」「これまで大きな問題がなかったから」という過去の実績を頼り、新たな投資や挑戦をするよりも、状況に合わせて多少の変更はあっても、「(過去の)現状維持」を主幹とするため、前者と比較すると「受け身」な企業スタイルといえるでしょう。

企業のスタイルが二分化された時、そこで働く人たちもまた、選択を余儀なくされます。企業とともに「攻め」るのか、「受け身」でいくのか、はたまた、企業から離れるのか。

「リモートワーク」を選ぶ人たち

「リモートワーク」を選ぶ人の中にも二つのスタイルがあります。一つは、企業内に属したままで「リモートワーク」を選ぶ人、もう一つは、企業の枠から離れて「リモートワーク」を選ぶ人です。

どちらも、これまでの働き方スタイルを変える必要があるので、簡単な選択ではないでしょう。それでも、前者の企業が選択肢を与えてくれる場合には、ある程度の「保証」があるため、踏み出しやすいのではないでしょうか? フリーランスとして「ノマドワーカー」になるのは「とても無理!」でも、企業の枠の中で会社員として「リモートワーク」が可能であれば、それを選ぶ人は少なからずいそうです。

実際に、さまざまな「自粛」が求められた時期には、多くの人が自宅勤務を行いました。その経験から、「自分にもできそうだ」と「リモートワーク」を選ぶ際のハードルが下がった人も多いでしょう。

同じように、企業の枠から外れたところで「リモートワーク」を始める人もいます。そこには、「元ノマドワーカー」もいれば、「自粛リモートワーク経験者」もいます。特徴としては、これまでのノマドワーカーやテレワーカーと比べて、職種に幅が生まれたことがあげられそうです。

エンジニア系や文筆業やブローカーといった、オフィスを持たずに個人で働きやすい職種の人だけでなく、人事や営業、公報などといった、本来ならオフィスのデスクで勤務するのが当たり前の職種でも、ある程度の独立した「リモートワーク」が可能になっているのです。

「リモートワーク」だけで完結することはできなくても、必要な時だけオフィスに出向く、またはオンラインを活用してミーティングを行うなどで、「リモートワーク」できることの範疇が広がってきている点は、大いに歓迎したいですね。

これからのリモートワーカーが求めるものとは

「リモートワーク」を始めるにあたって求めるものとしては、行動自粛を伴う社会情勢から受ける(悪)影響をできる限り減らすことや、より自分が働きやすい環境を得ることがあげられます。

また、「リモートワーク」を続けていく中で求めるものとしては、企業から与えられるだけであった「安定」を自分の力で得られるだけのノウハウと実績を蓄積していくことでしょう。

これらを得るためには、社会・企業の直接的なサポートや働き方への考え方の柔軟化といった間接的なサポート、各人それぞれの自己能力アップなどが必須です。

リモートワーカーに求められるものとは

いくらオフィスに出勤せず、時には企業に属することもない「リモートワーク」を行っているとしても、完全自給自足生活を行わない限り、「一人で完結」することは不可能です。当然、社会からも企業からも、そして家族など身近な人からも求められるものがあります。

社会(国や地方公共団体などと世論)は、現況に見合っているという理由から「リモートワーク」を今は歓迎しています。ただし、社会からは、新しい働き方として「成功すること(少なくとも失敗例にならないこと)」が暗に求められています。また、旧態的なスタイルを保持する企業や会社員から見れば、「リモートワーク」は枠からはみ出した働き方です。「良い結果」が導き出されなければ、その歓迎もサポート体制もいつまで続くか分からないのです。

企業やそこに属する会社員からは、わざわざ「リモートワーク」を選んだ以上、「それに見合った成果を出すのが当たり前だろう」という建前的要求と同時に、「これまで通り働く自分たちよりも成功するはずがない」というやっかみの混じった批判的な感情もそこにあるため、「大きな成功をしないこと」「(失敗)して泣きついてくること」を求めている部分もなきにしもあらず。

まとめとして

これからの時代の「リモートワーク」は、上から強制されるものでも、ほかに選択肢がないものでもなく、各自が選んでいくものとなるでしょう。

ただし、過去のノマドワークやテレワークとは異なり、企業に属したまま、または社会とのつながりを太く残した状態での「リモートワーク」という新しい働き方として定着していく可能性があります。

新しい働き方には困難がつきもの。旧態な働き方を続ける側から見れば、身近なところにできた異物も同じかもしれません。「リモートワーク」を選んだ自分自身が努力し苦労することで解消できるものだけでなく、そこには反発も生まれてくるのです。

これからの時代の「リモートワーク」には、それらの正負両面を持つ要求や感情を受け止め、時には流せるだけの精神的な強さと実力が必要とされるのではないでしょうか。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  2. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  3. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  5. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  6. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    パパ式自作キャンピングカー旅人仕様。製作期間3ヵ月、廃材などを使い制作費約20万円♪新車内…
  7. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  8. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  9. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…

pickup 情報

  1. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
  2. はじめにヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることは…
  3. ポロリで幸運をゲット! 女も男も熱狂する「ニューオリンズ・マルディグラ」(New Orleans…
PAGE TOP