ジーンズOK!ロンドンで気軽にアフタヌーンティーができるお店

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

DSC00889

その土地ならではのお食事は旅の醍醐味。

アフタヌーンティーはイギリスで楽しみたいもののひとつではないでしょうか。

しかしドレスコードや値段が気になって気軽に入りづらいという人も少なくないようです。

特にバックパッカーなど動きやすさ重視の服装に節約となると厳しいものですが、せっかくイギリスに来たならアフタヌーンティーをしませんか。

そこで今回ロンドンで「気軽に」アフタヌーンティーを楽しめる場所をご紹介します。

ロンドン市内のピカデリーサーカス、メイフェア、ナイツブリッジ、St Johns Wood、Gloucester Arcadeにお店を構える、1909年創業の老舗「Richoux(リシュー)」というお店です。

DSC_0273

ドレスコード不要

1909年創業の老舗だから格式が高いのではと思われがちですが、安心してください。

Tシャツにジーンズといったカジュアルな服装でもティータイムを楽しめます。ですからバックパッカーでも大丈夫。

ロンドン市内を散策した後、ホテルに戻っていちいちスーツやワンピースに着替える必要はありません。

散策中、格好を気にすることなくひと休みにちょっと入れるのが嬉しいですね。

値段がリーズナブル、一人でもOK!

アフタヌーンティーはスコーン、サンドウィッチ、ケーキの三段重ねになっていることもあってボリューミーな分、たいていひとりあたり4000円、高いところでは5000円以上と値段も張ります。

DSC_0276

食べたかったけどイギリスは物価が高くて手が出せなかった、そんな人もいるでしょう。

また二人からしか利用できないお店も多いです。お金があったとしても一人旅の人にとってはつらいですよね。

こちらでは一人分が€19.50(約3500円)、二人分が€36.50(約6500円)とリーズナブルです。

一人から利用できてリーズナブルなお店はなかなかありません。一人旅のお食事にもよさそうです。

いつでも利用できる

アフタヌーンティーやクリームティ(紅茶とスコーンのセット)の提供は午後からというお店が多い中、こちらではいつでもアフタヌーンティーをオーダーできます。

「Is afternoon tea available?(アフタヌーンティーをすることはできますか?)」と提供時間を気にかけなくてもよいのです。

量が多いアフタヌーンティーをランチ代わりにしているお客さんもいるようです。休日のブランチにもなりそうですね。

DSC_0274

まずドレスコードがないというだけでぐっとハードルが下がったと感じた人もいるのでは。

ピカデリー店はヒースロー空港に向かう電車が走っているピカデリーライン沿いにあるので、空港に行くまで時間があるからちょっとお茶していこうというときにもおすすめです。

ぜひ本場でアフタヌーンティーをする夢をかなえてください。

  • ピカデリー店

住所:172 Picadilly WIJ 9EJ

電話番号:020.7493.2204

営業時間 月~土 8:00~23:00、日 9:00~22:00

  • ナイツブリッジ店

住所:86 Brompton Road SW3 ER

電話番号:030.7584.8300

営業時間 月~土 8:00~23:00、日 9:00~22:00

  • メイフェア店

住所:41a South Audley St. WIK 2PS

電話番号:020.7629.5228

営業時間 月~土 7:30~23:00、日 9:00~22:00

  • St Johns Wood店

住所:3 Circus Road London NW1 6NX

電話番号:020.7483.4001

営業時間 月~土 8:00~23:00、日 9:00~22:00

  • Gloucester Arcade店

住所:128 Gloucester Road London SW7 45F

電話番号:020.7370.0139

営業時間 月~土 8:00~23:00、日 9:00~22:30

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  2. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  3. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  4. あなたも旅をしている気分になれる国境越え動画♪pipi島 → 船でクラビー → トラ…
  5. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  6. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  7. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  8. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  9. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  10. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…

pickup 情報

  1. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  2. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  3. 全身で楽しんで美肌になれる泥祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」(Boryeong Mud …
PAGE TOP