旅とステイケーション。コロナ期はルール違反にならない笑

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

旅とは日常から離れて非日常を味わうもの。その定義を全うするにも、旅の第一条件として、日常を思わせる場所から離れようとするのが一般的な旅スタイルでしょう。ところが、時間的な問題、体調的な問題、ビザなどの物理的な問題、そしてコロナのような状況的な問題から、今いる場所から離れることがままならない場合もあります。でも、旅はしたい!

そんな中、日常的な場所から離れるという旅の第一条件を満たすことができなくても、非日常を味わう工夫をして楽しむ人が増えています。その一つが「ステイケーション」です。

石垣島移住プロジェクト~島で手作りの家を作ってみたよ

ステイケーションとは

英語にするとStaycation。StayとVacationを組み合わせた造語で、本来はバカンス好きな欧米人たちが「遠距離の旅」を控える必要性に迫られた時に取り入れた「近場でちょっと贅沢な非日常」を楽しむスタイルのことです。

ステイケーションは「その場での休暇」。それまでの休暇といえば、有名観光地や避暑地など、海外を含めた遠い場所で非日常を過ごすのが一般的であり憧れでもありましたが、近場でちょっと豪華に過ごすのもアリだよね、というノリで、最初はイギリスで始まったとされています。ただ、この時のステイケーションはそれほど大きな波となって全世界に広がることはなかったのですが、コロナという障害を抱えた世界での休暇の過ごし方として適していたことから、今になって盛り上がりを見せています。

実のところ、初期のステイケーションには「本当のところは海外バカンスに行きたいけれどいけないから」という口には出さない本音と負け惜しみの意味合いが暗に含まれていたそうですが、コロナ期のステイケーションは「これならルールに反しないし、正しい過ごし方だ」として正当性を得ているという違いがあります。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

ステイケーションとは旅なのか

さて、ステイケーションは、これまでの長距離長期間バカンスとは大きくスタイルが異なります。初期のイギリス人たちはそれでも、「これは新しい形のバカンスだ」とちょっと皮肉げに口の端を曲げ、眉をあげながら言い張ったとか…。それでも実のところは、「本当の意味の旅とは別物」という考えが強かったようです。

でも今は違います。公的に国や地域をまたいだ移動が制限され、私的に活動自粛をすべきだと考える人も増えている中、ステイケーションは旅の一つの形として市民権を得るようになりました。もう、言い訳でも負け惜しみでも皮肉でもなく、「今回はステイケーションで楽しむ予定」と胸を張っていえるのです。

そう、ステイケーションはバケーションと並び立つ立派な旅の一つの選択肢となったのです。

ステイケーションを旅にするのは自分

ただ、ステイケーションはまだまだ新しい造語でありスタイルであるため、その定義はあやふや。自宅で豪華ケータリングディナーを楽しむこと、近くの街の高級レストランでドレスアップして食事をすること、近隣のホテルでサロンやクラブを利用してリラックスタイムを過ごすことなど、ステイケーションには解釈の幅があります。

どんなステイケーションならバカンスに並ぶような旅になるのか、どんなステイケーションだと単なる余暇タイムの延長なのか、その線引きは自分がそのステイケーションで何を得る(つもり)か、何を得たかによります。

ステイケーションを旅として楽しむつもりならば、場所・目的などを明らかにして計画を立てた上で実行し、結果として十分な満足感を得られることが大切でしょう。

人によっては、自宅ディナーでも十分にバカンス並みの満足を得られるかもしれませんし、また別の人は近隣の海辺の高級ロッジで過ごしても日常から離れられずに終わるかもしれません。ステイケーションを旅にするのは、自分自身の心の持ちようと準備次第なのです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ステイケーション+旅を楽しむコツ

ステイバケーションを旅として楽しむために何より大切なのは、自分から日常を捨てること。

バケーションで生活圏から離れた場所を選ぶのは、距離的な遠さで非日常を得ようとするから。近場でエンジョイすることを旨とするステイケーションの場合、距離では日常から脱することはできないのです。

では、どうやって日常をすてるか。

「それ!」と捨ててしまいましょう。気持ちの切り替えこそが大切。そのきっかけとしてお勧めしたいのが、まずは服装。
いつもは着ないような色合いデザインの服を着ること。そして次に、いつもと違うことをすること。さらには、これまでは予算オーバーとか勇気が足りないなどで挑戦できなかったことを選ぶこと。

そんな日常の枠からはみ出した意思と行動が、たとえ近場であってもそれが自宅であったとしても、バケーションなみの満足感を得られるステイケーションとなり、旅に出た非日常気分をも味わうためのコツです。

ステイケーション+旅のおすすめ例

いくつかおすすめのステイケーション+旅の例をご紹介しましょう。

行動範囲や予算範囲などによって、ステイケーション+旅のスタイルはかなり幅広くなります。

もっとも身近なところでは、自宅に豪華ケータリングを頼んでの非日常的食事。食事内容の豪華さはもちろんですが、この際、室内のセッティングから後片付けまですべておまかせ。配膳にはビシっと決めたウェイターかウェイトレスをつけます。自分自身や会食者のドレスアップも忘れずに。このあたりをケチるとバケーション気分に浸れません。

自宅では日常と非日常のギャップがありすぎて落ち着かないという人には、お手軽なレストランでの食事をおすすめ。超高級ホテルレストランとラウンジを利用した一晩の夢的過ごし方はいかがでしょうか? ここにホテル1泊をプラスすればもっと非日常に浸れますね。

食事よりもマッサージやサロン、ホテル内のカジノなどを利用することで、非日常感を味わう方法もあります。コロナ期で厳しいのはホテル業界も同じで、客を惹きつけるためにさまざまなサービスを展開しているので、より自分にとっての日常からかけ離れた、そして満足度が高そうなサービスを体験してみましょう。

人それぞれとは思いますが、個人的にはビジネスホテルに数日間缶詰というのも魅力的。あの狭くも密封された空間で、ひたすら映画を見たり読書をしたりするのも、日常のなかでやりたいのにできないことなので、非日常を味わえるうえ満足感もあります。

温泉好きなら、温泉に特化したビジネスホテルに大人買いした漫画などを持ち込んで「風呂・読む・寝る・喰う」を繰り返すのも自堕落な方向ではありますが、うっとりするほど癒されそうで憧れますね。

近場にキャンプ場があるなら、そこでの連泊も一案。連泊の場合は寝心地の良さが重要なので、グランピング設備を利用するか、コットタイプのベッドを使いましょう。また、食事は3食分自分で買ってきた材料を使って作って食べるのがおすすめ。3食アウトドア料理を徹底すること、朝日を浴び、夕陽を眺め、星空を愛でるという自然の中でしっかり寝ること、余計なことを考えず、必要以上に体も動かさないこと。寝ると食べるに特化したアウトドアステイケーションは、プリミティブな自分へとリセットできる気がします。

まとめとして

旅といえば、遠くへでかけること、そこに長期間滞在すること、あれこれ体験すること。そんな思い込みがあるかもしれません。

残念ながら、誰もがいつでもそんなロングバケーション的な旅を実現させられるとは限りません。もし今、状況がロングバケーションを許さないなら、そこを逆手にとって、近場&短期間のステイケーションという楽しみ方を満喫してみませんか?

旅のスタイルは無尽蔵。楽しみ方は無限大。どんなに近くでも、見知った場所でも、ちょっと角度や視座を変えることで、新しい楽しみ方であるステイケーションの種を見つけられるかも。そしてその種を育てて楽しめるかどうかは、あなた次第です。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  2. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  3. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  4. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  5. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  6. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  7. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  8. 楽しかった~♪…
  9. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  10. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

pickup 情報

  1. はじめに「旅」は誰もがその規模や考え方は違っても体験しますが、「バックパッカー」、「世界一周…
  2. アフリカ大陸と言っても、モロッコやチュニジア、エジプトといった地中海に面したアラブ世界の北ア…
  3. 東南アジアは日本人にとっては文化や生活習慣も比較的近く、国にもよりますが他の地域と比べて旅し…
PAGE TOP