スペインでサッカー観戦する前に!知っておきたい国内リーグ事情

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

DSC00057欧州サッカーリーグでも強いチームを誇るスペイン。そのためスペインに行く人はサッカー観戦目当てという人も多いのではないでしょうか。

わたしが旅先に選んだ理由もそうでした。「なんでスペインなの?」と聞かれたら「サッカーが好きだから」と。

国内リーグでも強豪チームのレアル・マドリードFC(以下レアル)やFCバルセロナ(以下バルサ)の試合はとても人気があります。これらの試合は旅行会社でも観戦ツアーが組まれているくらいで、旅行者にとって魅力的なものなのでしょう。

試合カードでも最も注目されているのがレアル対バルサのスペイン伝統の一戦「エル・クラシコ(El Clásico)」。サッカーファンなら一生に一度でいいから観たい、と熱望している人も多い試合です。

DSC_0480しかし、今スペインではこの一戦が見られなくなるのでは?と言われています。

これはなぜなのか。旅先で観戦を考えている人は要チェックです。

スペインの政治問題

スペインでは政府からカタルーニャ州(州都バルセロナ)が独立しようという動きが高まっています。

最近のカタルーニャ州義会選挙では独立派に多数の支持が集まりました。人々の団結力は強く、絶対に負けられない一戦で選手たちがしっかりと肩を組んでいるようなもの。

DSC00043このようにカタルーニャ州(州都バルセロナ)が独立の動きを進めていくにつれて、スペインからなくなることを想像してしまいます。

そもそもなぜ独立にこだわるのか。そのわけは1930年代後半から1970年代前半のスペインにありました。当時フランクという人物が政権を握っていたのですが、彼はカタルーニャの民を酷く虐げたのです。

フランクはレアルを支持していたため、カタルーニャの民はマドリードに嫌悪感を募らせていきました。フランク政権の名残もあって、マドリードと一緒の政府に属することを快く思わない人たちもいるのです。

現地に行ったことがある人は感じたことがあるかもしれませんが、サッカーでレアルとバルサの友好関係がよくないことにもこれが起因していると言われています。

独立した場合、サッカーはどうなるか

スペインから独立する以上、政府どころか国内リーグ「リーガ・エスパニョーラ」からもバルサなどカタルーニャのチームが外されることになります。

国内リーグの伝統の一戦「エル・クラシコ(El Clásico)」も見られなくなってしまうのです。

DSC00050DSC00046UEFAチャンピオンズリーグなど欧州をひとくくりにした試合では対戦する可能性はありますが、一次予選から決勝トーナメントを勝ち上がらないことには成立しません。

ドイツブンデスリーガのバイエルンミュンヘンなど優勝経験のある海外の強豪サッカーチームも出場するため、レアル対バルサを見ることはなかなか難しいでしょう。

独立派には元バルサ監督の愛称ペップことジョゼップ・グァルディオラもいて、彼が今後どう動くのかにもサッカーファンの注目が集まるところ。

元バルサの監督までもが介入しているため、独立問題とサッカーは隣あっていることを強く感じます。

サッカーを観に行くとなると、パスポートと航空券、チケットの手配と考えがちですが、これらに加えて国内のリーグ情報も欠かせません。

スペイン政府がカタルーニャ州(州都バルセロナ)の独立に強く反対していることもあってバルサは国内リーグに留まっているものの、独立の動きが落ち着かないスペイン。

特に国内リーグ伝統の一戦「エル・クラシコ(El Clásico)」を観たい人は、チケット情報だけでなく今後の独立の動きについても知っておきたいものです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  2. テントを張る必要がないキャンプ。寝袋がいらないキャンプ。食事の心配のないキャンプ。それってキャンプな…
  3. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  4. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  5. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  6. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  7. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  8. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  9. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  10. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

pickup 情報

  1. 興奮度120%! ダンスミュージックの世界へようこそ「トゥモローランド」(Tomorrow La…
  2. クジラの死骸から発見された、40kg相当のプラスチックゴミ。これが何を意味するか、誰の目にも明らかで…
  3. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
PAGE TOP