スリランカの食事事情~まずはカレーと紅茶を楽しんでみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

P1060441

スリランカの食事といって真っ先に思いつくのがカレーと紅茶です。
カレーを食さずして、紅茶を飲まずしてスリランカ旅行は語れません。
今回は、スリランカの国民食カレーと紅茶についてお話したいと思います。

 

【カレーについて】

スリランカのカレーはライス&カレーといって、日本でいうご飯とおかずのようなものです。
タミル語で“調理されたもの”を意味するカレーが英語化してカリーになったとの説があります。
さすが毎日カレーを食べるだけあって、その種類は実に様々、野菜、チキン、魚、豆など何でもカレーにアレンジされます。また、日本のように1種類のカレールーで食べるのではなく、2、3種類を白米や赤米にかけて食べます。

こんなイメージです。(写真下)

P1060440
食堂やレストランではバイキング形式に複数のカレーが並んでいるので、色々と試してみると面白いです。下の写真は、シーギリヤを訪れた際にランチ休憩で入った地元のお店です。ツボの中は全てカレーが入っています。P1060444

 

食べ方

スリランカ人は右手を使ってカレーを食べます。日本だとご飯にカレーをたっぷりかけて食べますが、現地の人が食べているのを見ると、ご飯いっぱいにカレーを少しといった感じです。
手でご飯とカレーを混ぜる、食べる、混ぜる、食べる、を繰り返します。スプーンで食べることに慣れている日本人から見ると、彼らはこぼさず、実にキレイに食べます。

 

カレーとスパイス

image
スリランカ料理の特徴は豊富なスパイスを使った味付けです。どこの家庭にも大量のスパイスがあります。スパイスの使い方でその家庭の“おふくろの味”になるのでしょうね。
東京に戻って、スリランカ人のシェフにチキンカレーの作り方を教えてもらいました。スパイスを混ぜ合わせて鶏肉を30分程煮込みます。長く煮込むことで鶏肉がやわらかくなり、少し魚に似た食感になります。
こんなにスパイス(と具材)が入っています。
鶏肉、しょうが、玉ねぎ、ココナッツオイル、レモングラス、カレーパウダー、チリパウダー、ブラックペッパー、ターメリック、フェヌグリーク、クローブ、シナモンスティック、醤油、塩
image
image

 

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

【紅茶について】

スリランカは世界有数の紅茶産出国かつ紅茶消費国です。
よく耳にする“セイロンティー”とは、スリランカで産出される紅茶の総称です。産地によって紅茶の種類が分かれており、産地の分け方は、茶葉が取れる場所の標高によって決まります。
スリランカ紅茶局という政府の機関があり、下記の認証マークがついていると政府が紅茶の品質を認めた証になります。
紅茶

 

紅茶の飲み方~キリテ~

スリランカ人はとてもよく紅茶を飲みます。熱帯国であるにもかかわらず、彼は熱い紅茶を好みます。アイスティーはほぼ存在しません。どんなに暑かろうが一向に構わず、熱い紅茶を飲みます。そして、大量の砂糖を加えます。
スリランカを旅行していると必ず出会うのが、“キリテ”と呼ばれる甘いミルクティー。スリランカで最も飲まれている飲み方です。辛いカレーを食べた後だからこそ甘い物を欲するのでしょうか。
入れ方は簡単。茶葉、砂糖、粉ミルクを入れて紅茶を作った後、空気を含ませながら、高い所からジャバジャバと別の容器に注ぎます。そしてまた戻し、別の容器に注ぐを繰り返します。こうすることで味にコクがでます。
dabfdd9fdcc34bcd9904217c6099d30b_s

 

コロンボでハイティーを

今回の旅行で訪れた紅茶カフェです。スリランカで最も歴史ある紅茶会社ティー・ブリーズ(Tea Breeze)に行ってみました。お店はレースコース(Racecourse Complex)内にあります。
写真のアフタヌーンティーセットは800ルピー。
image
image

 

まとめ

旅行の醍醐味と言ったら、本場の食事を楽しむこと。
暑いスリランカで、汗をかきながら辛いカレーを食べて、
暑くて喉が渇くのに、あえて熱いミルクティーを飲んで、そんな地元の人の生活を少し体験してみてはいかがでしょうか。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  2. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  3. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  4. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  5. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  6. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…
  7. やっと完成しました♪製作費:廃材を使いお金をほとんど使っていません♪ 制作期間:3か月 メイ…
  8. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  9. みなさん…こんにちは…。Shigeで…す。今回僕たちは、本日限定で開催されるロック・…
  10. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…

pickup 情報

  1. ポロリで幸運をゲット! 女も男も熱狂する「ニューオリンズ・マルディグラ」(New Orleans…
  2. 写真はハートで撮るんだ! カメラでもなく、腕でもなく、被写体でもなく、一番に必要なのはハート。…
  3. はじめに「旅先の恋」。その場限りの出会いもあれば、結婚につながる出会いもあります。世…
PAGE TOP