セダン&コンパクトカーの車中泊を考えている人は必ず読もう~

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

車にも広い空間やごろ寝的居心地の良さを追求する傾向が強く、ワンボックスカーやワゴン車が車列を占めている昨今。それでも走りやスタイルを重視する車好きにとって「セダン」やセダンの低価格ミニタイプともいえる「コンパクトカー」は、今も所有したい車の上位希望にあげられ、根強いファンがいます。

ただ、車中泊をしたい・しようとなった時、「セダンじゃ寝られない」「コンパクトカーじゃ無理」との思い込みから諦めていませんか? セダンだってコンパクトカーだって、車種や工夫次第で意外なほど快適な車中泊を楽しめるのです。

長距離に強いセダンでドライブ重視の車中泊旅

最近でこそ、ワンボックス車などの運転性能や乗り心地がアップして、長距離ドライブもそれほど苦ではなくなりましたが、やっぱりセダンの長距離走行性能には遅れをとります。

近場で少しずつ移動して楽しむ車中泊ではなく、ロングドライブを楽しみながらの車中泊というドライブメインの旅なら、セダンが断然優位。

ただ、一般的なセダンは車高が低く、シートアレンジもフルフラットタイプは少なく、「宿泊施設」としての性能は劣ってしまうのが現実です。

でも、もしあなたの車中泊旅が、以下のいくつかの条件に当てはまれば、セダンを選択しても楽しめるかも。

セダンで車中泊を楽しめる条件とは

もし、自分が袖に所有しているセダンでの車中泊を考えているなら、以下の条件をある程度満たすことで、それなりに快適な車中泊を過ごせる可能性がアップします。

①少人数であること。小柄であること。

これは必須。1人なら楽勝です。2人でもなんとかなります。また、体格的にも身長が高すぎず、横幅もない、小柄なタイプにおすすめです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

②荷物は最小

途中でキャンプもするからとたっぷりとアウトドアグッズを積んでいくと、一気に車内のスペースを奪われてしまいます。あれこれ荷物が多いタイプにはセダン車中泊は向きません。せめてルーフボックスの設置があれば、なんとかなりますが。

③図太い神経

繊細すぎる人には車中泊そのものが向いていないといえますが、特にセダンを利用する場合には、どうしても寝心地は今一つになってしまうので、どこでも寝られる図太さがあるにこしたことはありません。

④ノンフラットを埋めるグッズ

セダンのほとんどがフルフラットアレンジができないノンフラットタイプ。少しでも寝心地をあげるために、隙間や段差を埋めるグッズを準備します。たとえば、マットレス、エアースペーサー、クッションなど。

車中泊がしやすいセダンを選ぶ

続いて、車中泊のできるセダンを購入またはレンタル予定なら、最初から車中泊しやすいセダンを選ぶといいでしょう。

⑤フラット面の有無

これは重要! ただ、セダンの場合は選択肢が少ないのも現実。フルフラットをうたう車種は増えていますが、その中にセダンはほとんど含まれていません。それでもそれなりの工夫があり、後部座席だけはフルフラットになるもの、前部座席がベンチタイプのフラット、後部座席とトランクスペースを合わせたフラットスペースがある…などなど、さまざまなスタイルのフラットスペースを作ることができる車もあります。

ワンボックスなどのフルフラットとの違いは、フラット面の狭さとフラット面の凹凸加減でしょう。後部座席はともかく、セダンの運転席など前列席はベンチシートタイプでない限り、その形状からフルフラットが不可能ですね。たとえフラット面があっても、寝床を作るにはそれなりのマットレスやスペーサーが必要になります。

⑥シートアレンジ

フルフラットは無理でも、後部座席を倒すとトランクとつながってスムーズな行き来ができ、寝床作りもしやすい、後部座席のみのフラットに助手席の折り畳みをプラスして長いスペースを確保できる、オプションとして後部座席取り外しのワイドトランクスペースが選べるなどのシートアレンジの多彩さもまた、車中泊用のセダンを選ぶ時のチェックポイントになるでしょう。

⑦車横幅

どんなセダンでも、どんなコンパクトカーでも後部座席はたいていフラットにつながっています。ここを寝床にするのがもっとも確実で簡単です。そのために足元をふさぐエアースペーサーもいろいろと市販されていて、寝床の「幅」は意外と確保できます。問題は寝床の長さ。これは車の横幅次第。もしも、これから車を選ぶなら、後部座席部分の横幅チェックを忘れずに。ここが数センチ違うだけで、寝心地がまったく変わってきます。

⑧純正もしくは型番式のプライバシーシェイドの有無

狭いからこそ、内部での寝相はちらりとでも見られたくなりものです。そのため、セダン車中泊の場合は特に、しっかりとプライバシー保護のためのシェイドやカーテンなどを準備することをおすすめします。純正でとりつけられると、隙間もなくしっかりと保護してくれるので一番安心。次には、車の型番・型式に合わせた市販メーカー品。手作りもありですが、セダン車中泊者でそこまでする人はあまりいないでしょう。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

長距離も小回りもおまかせのコンパクトカーで車中泊

小型セダンと呼んでもいいコンパクトカー。ハッチバックに近いタイプだと、車高が高く車内も広めにとってあるので、車中泊しやすい車もあります。ただ、なんといってもコンパクト。セダン同様、①人数・体格、②荷物、③神経、④寝床グッズと⑧プライバシー確保は、必須条件になってきます。

ただ、コンパクトカーの利点はセダンと違って、コンパクトだからこそ、車内のシートアレンジにあらかじめ工夫がされている場合が多い点にあります。トランクスルーや後部座席フルフラットなどは、多くのコンパクトカーが実現しているため、比較的フルフラットな寝床を簡単に作り出せます。唯一、フラット面の長さだけは車長が短いためにどうしても不足がち。背の高い人にはかなり窮屈になってしまうのはどうすることもできません。

セダン・コンパクトカー車中泊を少しでも快適にするアイテム

便利なアウトドアアイテムや車中泊アイテムを使えば、ちょっと無理がありそうなセダンやコンパクトカーを使った車中泊もそれなりに快適になります。

・エアースペーサー

主に足元の空間を埋めるために使います。ほとんどは後部座席の足元用ですね。このスペーサーをはめ込み、運転席と助手席を一番前までスライドさせて背もたれを倒した状態の後部座席ではほとんどの、セダンやコンパクトカーで幅1m程度を確保できます。あとは、前述のように、車の横幅=寝床の長さをどれだけ取れるか。

・マットレス

ワンボックスなどの居住空間や荷室の広いタイプならエアーマットレスもおすすめします。なぜならそこに敷きっぱなしでもドライブができる場合があるから。残念ながら、セダンやコンパクトカーの場合はほとんどが、走行中マットレスを仕舞っておくことになります。そのため、毎度毎度エアーマットレスの空気抜きをして空気を入れるという作業が大変すぎるのです。薄いけれどクッション性が高く、コンパクトで折立ためるかくるくると巻いて収納できるマットレスのほうが使い勝手がいいでしょう。

・抱き枕

フルフラットではないため、体をまるめて寝なければならない可能性が高いセダン・コンパクトカー車中泊。最初から抱き枕を使って少し体を丸めて眠ると、「狭いから窮屈」という不快感が少しまぎれます。あくまで個人的な感覚かもしれませんが…。

セダン・コンパクトカーで車中泊するのに向いている場所

車内に快適空間が準備できないセダンやコンパクトカーを使った車中泊の場合、車を降りた近くに伸び伸びと体を伸ばして休める場所があるかどうかで、疲労感が違ってきます。

道の駅やRVパークの温泉付きを選ぶと、入浴という極楽だけでなく、温泉施設の休憩室で寝転がってくつろぐこともできます。さらに、営業時間が長いところを選ぶのも大切なポイントです。就寝時間ギリギリまでゴロゴロしておけるのかどうかは重要ポイントです。

また、温泉施設はなくとも、休憩室を設けている道の駅もあります。これもおすすめですね。

逆に、サービスエリアのように、駐車できるしトイレもあるし、24時間明るく店も開いているという、一般的には車中泊に適しているようにみえる場所でも、セダンやコンパクトカーの場合には、狭い空間で丸まっている時間が長くなるため、あまりおすすめできません。

セダン・コンパクトカー車中泊の注意点

トランクスペースを使っての車中泊では、明かりと酸素と脱出方法の3つを確保しておく必要があるかもしれません。ウォークスルーやトランクスルーの場合は、トランクと車内が一体化しているので問題ありませんが、旧スタイルの孤立トランクを使って寝ようという猛者の場合、想像するとほとんど誘拐されてトランク監禁状態か、死体運搬中のような状態ですが…、トランクはライトがついていても、開けている間しか点灯しませんし、気密性の高いトランクだと酸素が不足してきますし、さらには、外側からしか開かないタイプのロックが使われていることもあります。車中泊のはずが事件発生!? とならないよう、あらかじめ対策を練っておきましょう。もちろん、スマホはしっかり充電した状態で持ち込むように。

まとめ

本当に車が好きな人にはセダン派が多いものです。それは、やはり走りの性能を重視しているからでしょう。

そして、多くはありませんが、実際にセダンやコンパクトカーで車中泊している人はいます。その多くは一人旅、時々夫婦といったところ。やはり、人数は少ないほどいいようです。そして、温泉施設付きの車中泊可能な道の駅などを利用して、夜はぎりぎりまでそこで入浴して食事をして、晩酌までして、すっかりあとは寝るだけになってから車内に戻るというパターンを取っているようです。

たしかに、6~8時間程度の必須睡眠時間だけを過ごすなら、多少狭いセダンやコンパクトカーでもそれほど圧迫を感じる時間が少なくてすみそうです。ついでに、あまり神経の細かいタイプでなければ、けっこう熟睡もできて快適そう。

プライオリティを「走り」におくか、「車中泊での快適さ」におくかで、選ぶ車は自然と絞られてくるものの、セダンやコンパクトカーも車中泊の選択肢にしていいという事実は、ドライブ旅のお楽しみの幅を広げてくれそうです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  2. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  3. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  4. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  5. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  6. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    パパ式自作キャンピングカー旅人仕様。製作期間3ヵ月、廃材などを使い制作費約20万円♪新車内…
  7. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  8. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  9. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  10. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…

pickup 情報

  1. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
  2. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  3. はじめに飛行機で飛び、船に揺られ、バスや電車で運ばれるだけが旅ではありません。自分の…
PAGE TOP