タイからカンボジアへ陸路によるお手軽国境越え~ファーストクラスバス編

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

20160421_111740

ファーストクラスバスによる国境越え

タイはバンコクからカンボジアはシェムリアップへ簡単に行く方法をお伝えします。

ルートはいくつかあるものの旅人の話を聞くと、このルートは値段は決して安くないものの楽に行くことができます。

それはTTM(THAI TICKET MAJOR)の高速バスです。朝8時と9時の一日2本運行しています。料金は片道750バーツです。この値段でシェムリアップまで行ってくれるのは、安上がりになる可能性もあります。

チケットの準備

インターネットで予約できます。以下のURLからまず会員登録を行います。

http://www.thaiticketmajor.com/

英語に変換することができるので、簡単にできます。その後、バンコクからシェムリアップ行きのチケットを購入します。

チケットの発券

チケットは以下の場所で発券出来ます。

http://www.thaiticketmajor.com/bus/ttmbus/bus-contact.php

発券はチケットカウンターへ行き、チケット購入後に送られてくるメールをみせて、パスポートと料金を支払うことで、受け取ることができます。事前にプリントアウト出来ればプリントアウトしても大丈夫です。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

バス乗車

席は事前にインターネットから予約出来ますが、バスの乗車が遅いと空いている席に座ることになるので、早めに行った方が良いです。バンコクの朝の道は混むので、そこも注意です。

バス車内は日本の座席間隔と同じくらいです。頭上に荷物を置く場所がありますが、これも早い者勝ちです。クーラーは利いていますが、少し暑いと感じるかもしれません。

バンコクから休憩地点へ

バンコクを出発して二時間程度でトイレ休憩があります。それまでに、乗車名簿を記入します。

休憩後、乗務員がビザ1400バーツと言ってきます。USDだと70ドルです。バスの乗客はビザを持っていない欧米人はみんな支払っています。ただ国境で自分で取得すると1200バーツで取得出来ます。

20160421_122026

食事について

出発するとすぐに、水とジュースとコーヒーとお菓子が配られます。お昼ご飯は冷凍食品のチャーハンです。

20160421_091249

20160421_133831

国境の町ポイペトへ

バスを降りて3つの手続き必要になります。

  • タイの出国
  • ガンボジアビザの発給
  • ガンボジアへの入国

バスが待ってくれる時間は1時間なので、早めに手続きを済ませたほうが良いです。混んでいなければ、どれも10分程度で終わります。しかし、バスが国境で待ってくれる時間は1時間です。それまでにタイの出国、ビザの取得、カンボジアの入国を済ます必要があります。ちなみに私は、混雑していない状況でタイの出国3分、ビザの取得10分、カンボジアの入国15分でした。混雑状況によりますが、他のバスで来た日本人は2時間かかっていると言っていました。

20160421_141352

20160421_143549

タイの出国

パスポートとタイに入国する際に記入した出国カードを用意して、列がなければ、数十秒で終わります。

ガンボジアビザの発給

事前に取得していた人とバスで申し込んだひとは不要です。ビザがない人は、申請する必要があります。証明写真4×5サイズ1枚、パスポート、ビザ申請用紙、1200バーツを用意して受付に渡します。バスナンバーを記入する箇所があるので、事前に確認したほうが良いです。それを記入していない欧米人は少し足止めをされていました。

ガンボジアへの入国

ここでは、カンボジアの入出国カードをその場で記入し、それを持って入国審査します。列がなければ数分で終わります。

到着後

到着すると、シヴォタ通りのKFC付近で降車します。その後は、ホテルまでの距離が2km以内ならトゥクトゥクで送迎してくれます。

20160421_174000

まとめ

所要時間は9時間前後です。ビザを事前に取得しておけば何の問題もなく、国境越えできてしまいます。持ち物検査なども一切チェックしないので少し不安ではありますが、値段が少し張るので乗客はほとんど欧米人の観光客でした。また、シェムリアップ→バンコク間も同様にあるようです。時間はあるけど、スムーズに国境後えしたい方にはオススメです。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  2. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  4. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  5. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  6. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  7. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  8. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  9. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  10. こんにちわリョウです(^^♪いよいよ旅始まって二ヶ国目ミャンマーに突入です!!いぇい♪…

注目記事

  1. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
  2. スリルを求める人なら誰もが一度はスカイダイビングに挑戦してみたいと思うはず。また、普段の生活…
  3. この記事は平成の自由人、旅人として国内トップの所得を稼ぐ悪ガキが書いています笑悪ガキの更なる…

ピックアップ記事

  1. 見た目のスマートさに隠されたド根性と筋肉の祭典「ツールドフランス」(Tour de France…
  2. 歴史上長く「放浪者」だったカザフ族。彼らは騎馬で草原を遊牧してわたっていく民族として知られて…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  4. はじめに博物館というと、化石や隕石、恐竜や動物や人間の歴史が学べる場所のはず。ところが、世界…
  5. グランドキャニオン鉄道、後編前回の投稿では、グランドキャニオンを訪れるための列車、グラン…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP