タイ・バンコクってどんな場所?バンコクの成長は予想以上だった!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

バンコクの成長は予想以上

src_11063887みなさん、タイと言われるとどんあことを思い浮かべますか?タイといえば仏教の国ですね。大きなブッタ像や黄金の仏閣を思い浮かべる人も多いでしょう。また、東南アジアらしいナイトマーケットや、人混みを想像する人もいるかもしれませんね。もちろん、それらは間違いではありません。タイでは、アユタヤの世界遺産を始め、バンコク市内でもワット・ポーなどの仏教にお寺が数多くあります。道路沿いにはたくさんの飲食店や屋台が並んでいたり、街中ではツクツクやミニバイクがたくさん走っていたりと、東南アジアらしい街の活発さを感じる場面もあります。しかしながら、バンコクの成長はそれだけではありません。日本やヨーロッパに負けずとも劣らないほどの高級ショッピングモールなどもバンコク市内には多くあり、そのようなショッピングモールでは物価も日本並、ものやブランドによっては日本で買うよりも高価なものも多くあります。今回は、そんなバンコクの発展の最先端をご紹介していきます。旅行で訪れた際にも、自分で足を運びそのすごさを実感してみてくださいね。

バンコクの高級ショッピングモールでお買い物

4バンコクには先ほどもご紹介した通り、いわゆる「タイ」のイメージを覆す高級ショッピングモールがあります。それらの多くはタイの高級街、サイアムに集中しています。2005年にオープンされ、アジア最大級のデパートとも言われるサイアムパラゴンはその代表格です。サイアム駅から直結しており、多くの海外ブランドも進出しています。デパート内には、ブランドショップのみならず、映画館や水族館などの娯楽施設まで入っている複合型のショッピングモールになっています。その他にも伊勢丹が入っているセントラルワールドも有名です。ショッピングモール内のイベントスペースでは、海外アーティストが訪れた際に記者会見など行われることもあり知名度は高いです。パラゴンと比較すると高級志向の強いブランドは少なく、家族連れなどで訪れる姿も多いです。しかし、低価格な商品というわけではなく、日本などのいわゆる先進国と物価は並ぶほどです。エンポリアムというデパートは、欧米人や日本人が多く住むクローントゥーイ地区にあり、ポリゴン同様高級志向のお店が並んでいます。

雰囲気はタイじゃない!?

blog_5030232_origin_1282414426今まで紹介してきたショッピングモール、デパートはいわゆるタイの雰囲気からはかけ離れたものとなっています。一度足を踏み入れると、その洗礼された現代的な空間に驚くでしょう。東南アジアなどを回って旅行をしている人にとっては、今までとは少し違いどこか日本のデパートに来たように落ち着く人もいるかもしれません。これがタイの最先端なのです。タイの観光地と、これらのデパートのどちらを回ってみるとその違いに驚くかもしれません。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

学生もデパートで遊んでいる?

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e5%a4%9c%e6%99%afu私がこれらのデパートで驚いたのは、高級デパートに高校生と思われるような人もいたことです。バンコク内でも格差は大きくあり、学生でも高級デパートで放課後を過ごせるほどの人もいるということでしょう。もちろん今ではどの国でも格差はある程度あるでしょうが、タイではそれが大きいであろうことをデパートを訪れることで実感しました。デパートでは、学生以外にも、多くの観光客や現地の人々を見ることができました。デパートの雰囲気はもちろん、現地の人々を見ることでタイの現状を実感できるスポットでしょう。バンコクに訪れて、時間に余裕があるときにはぜひこれらのデパート、ショッピングモールにも足を運んで見て下さいね。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 16歳のアキちゃ…
  2. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  3. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  4. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  5. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  6. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  7. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  9. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…

pickup 情報

  1. ダイビング目的の海外旅行に出かける人は大勢います。旅先で体験ダイビングをする人もいるでしょう…
  2. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  3. 「和を以って貴しとなす」を根底テーマに、「be 美(美しくあること)」を活動指針とするNPO法人「美…
PAGE TOP