ドバイ・ショッピング・フェスティバルで買いまくってみたら!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

du00

1ヵ月まるまるショッピング天国「ドバイ・ショッピング・フェスティバル」(Dubai Shopping Festival)/アラブ首長国連邦・ドバイ

ショッピング・ヘブンとしての名が日本にも浸透しつつあるドバイ。どうせ行くならショッピング・フェスティバルが開催される時期がおすすめです。

最大で80%とも90%ともいわれる値引き率はまさに驚異!

ショッピングフリークにとっては普段から憧れの地であり、聖地でもあるドバイですが、フェスティバル開催中は世界中からより安くより良いものを手に入れようとする個人バイヤーたちも集まってきます。

買って食べて遊んで当てる! そんな贅沢な遊び方をしたい人には見逃せないはずです。

du1

ドバイ・ショッピング・フェスティバルの特徴

街の中心に100か所にも及ぶショッピングセンターを持ち、その中には世界最大との呼び名も高いドバイモールも含むという買い物天国ぶり。

ドバイ・ショッピング・フェスティバルの期間中は、これらのショッピングセンターがそれぞれにセールを開催するだけでなく、抽選会やイベントも盛りだくさんです。

抽選会での豪華な賞品にも注目。高級車や金の延べ棒といった「さすが!」的なものから、買い物券や食事券といった身近かつ有意義なものまであり、ショッピングでお金を使えば使うほどますます楽しみとチャンスが広がるというワクワク感を味わえます。

また、ショッピングセンターの外でも、巨大な園芸広場「ドバイ・ミラクル・ガーデン」や冬季限定遊園地の「グローバル・ビレッジ」や世界各地からの物産を集めたパビリオンが登場するなど、街全体が一つのイベントタウンとなります。

du2

ドバイ・ショッピング・フェスティバルの開催会場・開催日

ドバイのショッピングセンターや観光施設のすべてが会場となります。屋外のメイン会場となるのは「グローバル・ビレッジ」と呼ばれるテーマパークか万国博覧会のような巨大イベント会場です。

観光で訪れて目に触れ足を運ぶ中に、フェスティバルに協賛していない場所を探すのは難しいでしょう。フェスティバル期間中だけ限定のショップやレストランも各地にオープンし、仮設とは思えない作りと味で訪れる人をうならせています。

例年1月から2月にかけての1か月間が開催期間となります。ショッピングセンターやホテルなどでは独自のセールやフェスティバルを行っているところもあり、実際のフェスティバル期間の前後もあちこちでイベントが繰り広げられます。

実は夏にもショッピング・フェスティバルがあり、そちらのほうが「元祖」なのですが、暑くて息苦しい夏のドバイよりも、冬のこの時期のほうが屋外イベントも楽しめるということで近年は冬バージョンがメインになってきました。

du3

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ドバイ・ショッピング・フェスティバルのパレード

世界各地、といってもアラブ系がメインですが、有名セレブリティやスターたちがメガコンサートを開催するかと思えば、ストリートでは世界的なパフォーマーやダンサーたちによるストリートパレードが行われ、かなりの観客を集めます。

南米や地中海沿岸のカーニバルともまた違った意味での原色を使った華やかさのあるパレードが繰り広げられます。使われる音楽や動きにどこかアラビアンを感じ取るのは気のせいではないはず。

また、ショッピングモール内では、楽しげな小さなパレードが常にあちこちで行われています。ショッピングで吊り上がってしまった目じりや上がりすぎた熱をちょっぴり下げて、正気を取り戻させてくれるホンワカした雰囲気がなかなかの魅力です。

du4

ドバイ・ショッピング・フェスティバルのイベント

1ヵ月にも及ぶフェスティバルだけあり、実はさまざまなイベントが繰り広げられています。その内容は毎年異なりますが、これまでに開催されたものの中から人気を集めたものをあげてみましょう。

ファッション・オン・アイスは、ショッピングセンター内のアイスリンクを使ったファッションショーです。リンクの真ん中に作られたランウェイ上を、高級ブランドで身を固めたスーパーモデルたちが行き交います。本来ならばファッション業界人しか見ることのできないショーの様子を垣間見るチャンスです。

野外会場ではオペラやクラシックコンサート、アラブを中心としたスーパースターたちによるコンサートやショーも開催されます。

また、毎晩のように打ち上げられる花火の豪華さも格別です。

du5

ドバイ・ショッピング・フェスティバルの食べ物

あらゆる世界中の食べ物がありますが、フェスティバル開催中は仮設のレストランがオープンして、アラブフードを味わえる場所が増えます。

和食とも洋食ともアジア食とも違った、アラブ独特のスパイスや盛り付けセンスは、一度試しておく価値あり。ただし、ドバイにおける食べ物の物価は比較的高めです。ショッピングに予算を取られすぎないよう、胃袋の楽しみ用に、あらかじめ食の予算も組んでおきましょう。

du6

ドバイ・ショッピング・フェスティバルの記念品

元からがフリーポートで免税価格でのショッピングが楽しめるドバイ。ただ、売られているものが超ブランド中心なので、セールとはいってもかなりの高額です。

ミリオネアやビリオネアであれば、あれもこれも「安い!」で買い放題かもしれませんが、庶民としては「何か記念になる一品を」くらいのショッピングに収まってしまうことも多いでしょう。

ただ、日本に上陸していないブランドやデザインが多いのもドバイショッピングの特徴なので、ブランド名や値札の迫力に気圧されることなく、「いいもの」を見極めれば、きっと「いい買い物」ができるでしょう。

また、ショッピングモールから離れたスークでも、この時期はセールが行われています。こちらは値引き交渉という関門が待ってはいますが、ドバイ・ショッピング・フェスティバル開催中は店主たちのセール気分も盛り上がっています。

民族的なグッズや日用品も安く楽しいショッピングのリストに載せておきましょう。

du7

用意するもの

現金少々にクレジットカード。これが必須です。

クレジットカードの使用限度額は旅に出る前にしっかりとチェックしておくのをお忘れなく。同時に、ショッピングと食事と宿泊や観光に使う予算をそれぞれ別に立てておくと安心です。

また、各ショッピングセンターに入っているブランドショップのホームページなどで「狙い」をある程度定めておくのも準備として必須です。なにせ、ショッピングセンターの数も広さも想像を超えます。

ブラブラとウィンドーショッピングをしながら、掘り出し物を探そうと思ったら、足は棒になってしまいます。

du8

参加できること

ショッピング以外では抽選への参加がフェスティバル気分を盛り上げてくれます。

その年によって、またはショッピングモールによっても抽選内容が変わってきますが、数千円程度の買い物で1回の抽選券がついてくることが多いようです。

当選確率は宝くじなどに比べてかなり高いといわれています。高級車(あたってもちょっと困るかも)や金の延べ棒(現地の銀行が換金してくれるらしい)なども当たるため、参加しない手はありませんね。

また、小規模な参加型イベントは各ショッピングセンターや屋外イベント会場で随時行われていて、アラビアンダンスや音楽の体験などが人気です。

du9

一番の見どころ

2016年から登場する予定の「ナイト・スーク」が、ショッピングを離れた一番の見どころとなりそうです。

屋外に作られた仮設のスークですが、昔ながらの市場を再現しつつも、内部では洗練されたグッズと伝統的なグッズが安心価格かつ安心品質で売られます。

オシャレでかわいい小物や、民族衣装などに興味があるなら、是非足を運びたいものです。また、ショッピングの狙いはブランドものだとしても、ナイト・スークの雰囲気を味わうことなく帰国してしまうのはもったいないでしょう。

du10

まとめとして

ドバイはもとから観光客や買い物客への「おもてなし」を最重要課題としている都市です。治安がよく、清潔で、女性や子どもが安心して過ごせる施設も多く、またショッピングセンターなどの営業時間の長さ、アミューズメント施設の充実なども二重丸と、文句の付けどころがないほどです。

そんなドバイがさらに「おもてなし」を尽くしてくれるのがこのドバイ・ショッピング・フェスティバルです。どうせ行くなら、この時期を逃すべきではない理由、分かっていただけたと思います。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  2. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  3. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  4. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  5. 楽しかった~♪…
  6. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  7. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  8. 子供を連れて旅をしていると、よく聞かれるんです。学校はどうすんの?って。必要無いと思…
  9. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  10. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…

最近の人気記事

  1. はじめに「海外旅行」で「夜遊び」とくれば、男としては本領発揮! と気勢を上げるところでしょう…
  2. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
  3. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
PAGE TOP