バックパッカーが実際に行っている節約術まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

sj1

バックパッカーの中にはお金に余裕があり、資金を気にすること無く贅沢に旅をしている人もいますが、多くのバックパッカーは限られた資金があり、その資金の中でやりくりしていかなければなりません。なので、バックパッカーにとって節約するということはとても大切なことなのです。

特に何カ国も回って長期的に旅をしようと思っている人ほど、節約することって大切なんですよね。上手に節約することで、少ない資金でも旅を十分に楽しめるようになります。

では、実際にバックパッカーが行っている、節約術についてご紹介いたします。

物価の高い国をなるべく避ける

ベトナムやタイ、エジプトなど、物価の安い国って1日どれくらいあれば過ごせると思いますか?実は最低でも1000円あれば1日楽しむことができます。2000~3000円くらい用意しておけば結構贅沢することもできますよ。

物価の安い国なら200~300円くらいあれば、お腹いっぱい食事をすることだってできますし、観光スポットの入場料もそこまで高くはないです。

一方物価の高いイギリスやフランス、アメリカなどは日本では安く買えるものが、日本の何倍もの値段で売られていることもあります。基本的に安いなぁと感じるものはなく、物価の高い国は物価の安い国に比べて何倍もの資金が必要になってしまいます。

宿泊費などもその分高くなりますし、物価の高い国に滞在すればするほど資金の減りがはやくなってしまいます。

ヨーロッパだってアメリカだって訪れたいという人は多いですし、もちろん、行きたいのならば行くべきだと思います。しかし、なるべく物価の安い国を中心に訪れて、物価の高い国は本当に行きたい国だけに絞ったり、滞在日数を減らすなどして工夫するのがおすすめです。

訪れる国を減らす

訪れる国を減らすことで必然的に節約することが可能になります。なぜなら、たくさんの国を訪れれば訪れるほど運賃がかさんでしまうからです。

飛行機代もそうですが、空港から目的地まで移動するのにもお金はかかります。場合によっては、空港から目的地まで遠くて、かなり高くついてしまうこともあります。しかし、訪れる国を減らせば、その分の運賃を節約することが可能になります。

せっかくバックパッカーで海外旅行するのだから、色々な国を訪れたいと思うかもしれません。しかし、世界一周航空券の世界一周の定義は目的地から大西洋と太平洋をそれぞれ1回ずつだけ通り目的地に戻ることです。なので、ヨーロッパで1ヶ国、アメリカ大陸で1カ国の合計2ヶ国だけでも世界一周をしたということになります。

世界一周をしてみたいからといって、何十カ国も周る必要はありません。資金を節約したいのならば、自分が本当に訪れたい国だけ厳選して、しっかり計画を立てて訪れるようにしましょう。

事前のリサーチをしっかりしておくこと

sj2

事前にリサーチをしておくということは、資金の節約に繋がります。事前に調べておくことは、その国の安い宿と安い移動手段、ついでに安い飲食店なども調べておくのがおすすめです。

ちょっとめんどくさい部分もありますが、資金を節約したいのならば、めんどくさがらずにしっかり調べておきましょう。きちんと調べておくことで、無駄な出費を抑えることが可能になります。

きちんと調べずに行ってしまうと、かえって高くついてしまうことも多々あるので、やはり節約するには事前のリサーチが必要不可欠です。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

国と国の長距離移動は格安航空券か世界一周航空券を使う

日本のように島国でなければ陸移動することができますが、長距離移動になると同じ大陸でも素直に飛行機を使ったほうが楽です。

飛行機を使って移動をするなら、格安航空券を使うか、世界一周航空券を使いましょう。世界一周航空券は、期限や決まりなどがありますが、格安航空券を使うよりも安く抑えることができます。

一方の格安航空券は、自分の好きな場所へ好きなタイミングで移動することができますし、飛行機を利用するたびに料金を支払うので、期限などを気にする必要もありません。

慣れてしまえば問題はないのですが、飛行機代は安く抑えれば抑えるほど、ランクも低くなるので快適さはどんどん失われています。

ドミトリーやユースホステルで宿泊する

sj

ドミトリーやユースホステルは世界中にある安宿です。1泊1000~3000円程度で宿泊できます。そこらへんの安いホテルよりも安く宿泊できる、バックパッカーの強い味方です。

ただし、ドミトリーやユースホステルは部屋が共同の場合が多いです。

最近は高級ホテルなみのクオリティだったり、個室だったり、共同部屋だけどしっかりプライバシーが守られているような安宿もあるので、ぜひ、お気に入りの安宿を探してみてください。

カウチサーフィンを利用する

カウチサーフィンは世界中のバックパッカーが注目をしているウェブサイトです。どんなウェブサイトかというと、無料で泊めてくれる人を探せるサイトです。

宿泊費って旅で最もお金がかかる部分なので、お金をかけずに宿泊できるって、バックパッカーにとってはとてもありがたいことです。

なぜ、無料で迎え入れてくれる人がいるのかというと、相手も海外からきた人とコミュニケーションをとりたいと思っているからです。違う国で生まれ育った人とコミュニケーションをとるのって結構楽しいんですよね。

ただ、いきなり知らない人の家で寝泊まりするのって、日本人なら誰でも抵抗がありますよね。もしかしたら、犯罪に巻き込まれるかもしれないと思ったり、単純になんか危ない気もします。しかし、カウチサーフィンにはセキュリティオプションがあり、そこで善良なユーザーかどうかを判断することが可能です。

それでも中には嫌な思いをしてしまう人もいるようですが、口コミなどをみてみても意外と評判が良く、カウチサーフィンだけで旅をする強者さえ現れてしまうくらいです。

学生は学生証を提示しましょう

日本では学生証を見せると、映画のチケットや遊園地の入場券、カラオケボックスの利用料金、美術館や博物館の入場料が割引になるなど、さまざまな割引特典を受けることができます。

実は、日本だけでなく海外でもこれって通用しちゃうんです!例え日本の学生であっても、割引にしてくれる施設などが海外にもあるので、学割はどんどん使いましょう!

おみやげは買わないもしくはローカルなお店で!

sj3

おみやげは観光客に向けて作られているので値段が高めに設定されています。記念だからとその国のおみやげをガッツリ買ってしまうと、結構高くついてしまいます。なので、おみやげは基本的には買わないのがおすすめです。

もしも買うとしたら、おみやげ屋さんではなく、ローカルの雑貨屋さんやスーパーなどで販売されているものを購入するのがおすすめです。

例えば、美容に良いオイルをおみやげとして販売している国の場合、現地人向けに同じものがドラッグストアやスーパーなどで安く販売されています。おみやげ屋さん散策も楽しいですが、節約したいなら、ローカルのお店でおみやげになるものを買いましょう。

まとめ

バックパッカーの節約術の基本は、移動するための交通費と、宿泊費をいかに安く抑えるかがポイントです。もちろん、そのほかにも色々な方法で、節約することはできますが、交通費と宿泊費は一番の痛手になりやすい部分なので、ここを中心に節約をしてみてください。

また、どの国へ訪れるとしても、事前にしっかりとリサーチすることも忘れないようにしてください。節約に繋がるだけでなく、計画性のあるスムーズな旅をすることが可能になります。

資金を節約して旅をしたいバックパッカーは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  2. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  3. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  4. あなたも旅をしている気分になれる国境越え動画♪pipi島 → 船でクラビー → トラ…
  5. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  6. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  7. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  8. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  9. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  10. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…

pickup 情報

  1. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  2. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…
  3. 世界遺産の火祭り「ラス・ファリャス」(Las Fallas de San Jose)/スペイン・…
PAGE TOP