バックパッカーが知るべき海外でのクレジットカード事情

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ggg3

海外旅行にはクレジットカードが必要不可欠だという話を聞いたことがありませんか?ハッキリ言ってしまえば別になくても大丈夫なのですが、あった方が良いというのが現実です。
というのも、海外ではクレジットカードでなければ、利用できないサービスや施設が多いからです。

ただ、節約重視の貧乏旅なら、特に気にする必要はないかもしれませんが、持っていると色々便利なので、旅に出る前にとりあえず1枚は作っておくことがおすすめです。

では、海外でのクレジットカードの基本的な情報などについてご紹介いたします。

海外に行くならクレジットカードを持っていったほうが良い理由

クレジットカードを持っていったほうが良い理由は、クレジットカードがないと利用できない施設やサービスがあるだけではありません。

クレジットカード以外にも現金を持っていく必要がありますが、場合によって現地通貨が足りなくなってしまうことがあります。そんなときにクレジットカードが役に立ちます。
実はクレジットカードって、ショッピング枠だけでなくキャッシング枠も多少はあります。銀行のATMを利用すれば、キャッシング枠からその場で現金を用意することが可能になります。海外のATMを利用すれば、現地通貨で引き出すことができますし、手数料が現地の両替所を利用するよりも安く済むこともあるので、かえってお得になることもあります。

そして、万が一、国際キャッシュカードの口座に預けていたお金を使い果たしてしまっても、クレジットカードがあればキャッシング枠もショッピング枠も使えますので安心感が違います。

持って行くなら1枚より2枚

ggg

クレジットカードは最低でも1枚は欲しいですが。持って行くなら1枚より2枚の方が良いです。その理由は、万が一無くしてしまっても、1枚残っていれば大丈夫だからです。
バックパッカーの旅では紛失も盗難もよくあるトラブルであり、クレジットカードを絶対に無くさずに無事に旅を終えることができるという保証はできません。どんなに慎重にしている人でも、なくすときはなくします。

クレジットカードが2枚あれば、それぞれ別々の場所で保管することができるので、1枚なくなっても1枚は手元に残る可能性が高くなります。同じ場所に保管してたら2枚同時になくなる可能性がありますが、別々の場所なら同時になくなることってあまりないので、なくすリスクを下げることができるようになります。

また、2枚持てば盗難や紛失以外に、スキミングのリスクを分散させることが可能です。限度額の大きなカードを1枚持つと、スキミングの被害にあったとき限度額いっぱいまで使われてしまうので、ダメージが大きくなります。
しかし、限度額が小さなカードを複数持てば、1枚スキミングされても、ダメージは最小限に抑えることができるようになります。リスクを分散させることができるのも、複数枚持ち歩くことならではのメリットです。

そして、クレジットカードにはマスターやJCB,VISAなどいくつか種類があり、同じ種類のクレジットカードを2枚持ってもいいのですが、違う種類を1枚ずつ持つことで、さらに便利になります。お店によっては特定のカードで支払うと手数料が無料になることがあったり、国によって使えないカードがあったりもするので、VISAとJCBとか、マスターとVISAというように、違うカードを1枚ずつ持つことがおすすめです。

クレジットカードは日本で予め作っておきましょう

ggg4

日本で発行したクレジットカードは海外でも問題なく使えます。なので、クレジットカードは日本で予め作っておきましょう。
ただし、クレジットカードの種類によって、使いにくい場合もあるので、目的の国に合わせてカードを作るのがおすすめです。以下、カードの種類による解説をご紹介いたします。

【VISA】
CMでもお馴染みのVISAカードは、世界中で使えることで有名なクレジットカードです。基本的にどの国と地域でも使えるオールマイティーなカードなので、VISAカードを持って行って海外で困ることはほとんどありません。

【MasterCard】
MasterCardもVISAカードと同じく、ほとんどの国と地域で使える便利なカードです。もしもどのカードを作るか迷ったら、VISAカードかMasterCardを作るのがおすすめです。

【アメリカン・エキスプレス】
アメリカン・エキスプレスは上記のクレジットカードに比べて使える店舗が少ないです。全く使えないカードというわけではないのですが、高級ホテルや高級レストランという感じの、格式の高い施設では取り扱っている可能性が大きいですが、小さなお店やスーパーなどでは使えない場合が多いです。

【ダイナースクラブ】
ダイナースクラブもアメリカン・エキスプレスと同じような状態です。ダイナースクラブのクレジットカードだけを持って海外へ行くのはおすすめできません。

【JCB】
JCBカードは日本のブランドであるため、日本では問題なく使えますが、海外ではやや使いにくいです。台湾やハワイなど、日本人が多く観光に訪れるような国では使いやすいですが、それ以外の国では対応していないことが多いです。サブカードとして持っていく分にはありだと思います。

【ハウスカード】
ハウスカードというのは、クレジットカードとしての機能はあるものの、どのクレジットカードブランドとも提携していないクレジットカードのことです。ハウスカードは基本的に海外では使えないので、持っていかないほうが良いでしょう。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

海外では支払い回数を聞かれることはありません

日本では、クレジットカードで買い物をしたときに一括にするか数回にわけて支払うか聞かれますが、海外では日本のように支払い回数を聞かれることはありません。
なぜ、聞かれないのかというと、海外では支払い回数を選べないのが普通だからです。買い物の際に支払い方法が選べるのは日本だけです。海外では予めクレジットカードを契約する際に決められている支払い方法が自動的に適応されます。

だから、店員さんに支払い方法を伝える必要はありません。

日本のクレジットカードは、海外での利用時にどのような支払い方法にするか、契約した時点で初期設定がされています。この初期設定を変更することで、海外利用時の支払い方法を選ぶことができるようになります。
クレジットカードブランドではなく、クレジットカードを発行している会社(楽天やマルイなど)によって、初期設定として海外利用時はリボ払いとなっていることもあります。変更したい場合は、海外に出る前に予め設定を変更するようにしてください。

クレジットカードが作れない人はVISAデビットカードがおすすめ

ggg7

人によっては諸事情でクレジットカードを発行できない人もいます。しかし、クレジットカードを持ち歩いていないバックパッカーもいますし、特に問題はありませんが、やはり持っているのと持っていないのでは違います。

そこでおすすめなのが、VISAデビットカードを作ることです。デビットカードはクレジットカードと同じように使えるカードですが、使えるのは口座に入っている金額までで、支払いが完了した時点で口座から現金が引き落とされます。
VISAカードが使えるところでならVISAカードと同じように使えるので、クレジットカードが作れない人はこちらを作るのがおすすめです。

クレジットカードとは違って、後払いではなく即時決済なので審査もありません。そして15歳以上から申し込みが可能なので、高校生でも問題ありません。

おわりに

クレジットカードもデビットカードも、申し込んでから家に届くまで、通常1~2週間かかります。なので、出発の直前ギリギリに申し込んでは遅いということです。
はやめに申し込むことが重要なので、バックパッカーの旅をしようと思った時点で申し込んでしまいましょう。

クレジットカードやデビットカードが発行されて損をすることはないですし、無料で発行してくれるカードもたくさんあるので、お金がかかることもありません。万が一のことを考えて、カードの発行をしてみてはいかかでしょうか。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  2. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  3. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  4. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  5. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  6. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  7. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  8. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  9. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  10. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…

注目記事

  1. ※特に外国人や女性は身ぐるみをはがれたり、暴行を受けたり、レイプされたりといった例も多数報告されてい…
  2. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
  3. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…

ピックアップ記事

  1. 「花の都」、「ファッションの中心」、「世界的観光地」など、パリを表現する言葉は数知れ…
  2. 水のパワーで作られた優美な曲線と光の渓谷~アンテロープ・キャニオン「アンテロープ・キ…
  3. お肉大好きチェコ人たちが肉に感謝を捧げる日「マソプスト」(Masopust)/チェコ各地世界…
  4. ギャンブラーは職業とはいえないという意見もあるでしょう。でも、世界には、ギャンブリングで生計…
  5. はじめに世界一周中に海外各地で出会うさまざまな「食」。おいしさに感激することもあれば…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP