バックパッカーが選ぶ、世界のパワースポット5選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ps1

バックパッカーの旅って精神的にも肉体的にも疲れます。しかし、それを乗り越えた時の達成感や、成長した自分を実感した時、なんとも言えない気分になるものです。

しかし、旅の途中に立ち直るのに時間がかかってしまうほど凹んでしまう出来事があったり、嫌な思いをすることも多々あります。時には毎日がただただ辛いだけということもあります。

そんな時、少しでも癒やされたいのなら、ぜひパワースポットへ行くことをおすすめします。パワースポットって行ったところで本当にパワーを感じることができるのかなんて、正直よくわからない部分もあるのですが、パワースポットの雰囲気や景色を楽しむだけでも、十分癒されます。

ちょっと非科学的なものですが、たまにはそういう部分に心の拠り所を作っても良いのではないでしょうか?特に、一人旅をしているバックパッカーさん!悩みや愚痴を話せるよな中間がいなくて、ぶつけようのない思いがあるのなら、ぜひ、パワースポットで癒やされてみることをおすすめします。

では、世界のパワースポットをご紹介いたします。

イギリスの「ボスカーウェン・ウン遺跡」

ps2

イギリスにあるボスカーウェン・ウン遺跡は、何の変哲もない草原にある不思議な遺跡です。この遺跡、等間隔に円を描くように大きな石が置かれていて、円の中心にも石が置いてある遺跡です。

この遺跡は約4500年前に「祈りの場」として作られた遺跡です。なぜ、この遺跡がパワースポットなのかというと、円で囲まれている真ん中の石、もしくは周りにあるとある石に近づくと、体がビリビリしてきたり、なんだか落ち着いたりと不思議な感覚が味わえるからです。

しかも、不思議なのがこの感覚は女の人にしかわからないのです。さらに、周りで囲っている石の中で、そのような不思議な感覚を感じる石はどれかと聞くと、みんな同じ石を指さします。

その石について詳しい人に聞いてみたところ、その石にだけ水晶が含まれているそうです。水晶ってパワーストーンって呼ばれている通り、不思議なパワーを持つ石なのです。信じられない人もいるかもしれませんが、水晶の力によって、癒されることができるのがボスカーウェン・ウン遺跡です。

女の人でも、不思議な感覚が全くない人もいますので、何も感じなかったからおかしいということはありません。

ボリビアの「ウユニ塩原(ウユニ塩湖)」

ps3

ボリビアにあるウユニ塩原の面積は約12000平方メートルです。海のように広い琵琶湖の12倍ほどの大きさで、世界最大級の塩湖です。

乾季になると一面が白銀の世界になり、まるで雪が積もっているかのようになります。そして雨季には一面に水がはり、鏡のように空を映し出します。天空の鏡とも呼ばれており、天と地の境界線がないように見える景色はまさに神秘的です。

大自然が生み出した不思議な景色を見たら、あなたも必ず大自然のパワーを感じること間違いなしです。

ただし、標高約3700m地点にありますので、事前に2000m地点で慣れてから行かないと高山病にかかってしまう恐れがあります。行くまでが大変ですが、大変だからこそ、なんだか神秘的なパワーを感じる、より一層感動できるというところはあります。

シンガポールの「富の泉」

ps4

シンガポールにある「富の泉」は風水を取り入れて作られた噴水です。シンガポールで一番大きなショッピングセンターである、「サンテック・シティ・モール」にあります。

ショッピングセンターも大きいのですが、実はこの噴水もかなり巨大です。1998年には、世界一大きな噴水としてギネスブックに登録されました。見た目もさることながら、迫力満点の噴水は、名前からしてもなんだかご利益がありそうなスポットです。

風水を取り入れているからという理由もありますが、右手で噴水の水に触れながら、時計回りに噴水を3周すると、願いが叶うとも言われているため、パワースポットになっているようです。

パワースポットとしての役目もありますが、エンターテイメント性もある噴水なのです。実は20時から21時の間に、レーザーショーが行われ、噴水がとても綺麗にライトアップされるのです。大自然の力を感じることのできるパワースポットではありませんが、人が創りだした不思議て美しい光景を見ることができるパワースポットとしておすすめです。

レーザーショーできっと癒されること間違いなしです。

旅=ビジネス

求人情報:月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめ

フランスの「モン・サン・ミッシェル」

ps5

「モン・サン・ミッシェル」とは「聖ミカエルの山」という意味です。聖ミカエルというのは旧約聖書にも出てくる大天使ミカエルのことです。大天使ミカエルは4大天使のうちの1人で、知力に優れた天使と言われています。そんな大天使ミカエルのパワーを感じることができると言われているのが、このモン・サン・ミッシェルなのです。

モン・サン・ミッシェルはフランスの海に浮かぶ小さな島の岩山に作られた聖堂であり、世界的にも有名なカトリック巡礼地のうちの1つで、世界遺産にも登録されています。夜にはライトアップされて、神秘的な雰囲気が増すモン・サン・ミッシェルですが、実は歴史的背景を見ると、穏やかとは言いがたいものでした。

陸から孤立しており、そして周りの海の波は荒いため、百年戦争の時は要塞として使用されていたのです。その後は修道院として本来の役割を担っていましたが、フランス革命後は監獄として使用されていました。景観がとても美しく、歴史的価値のある聖堂ですが、実は意外な使われ方をしていたのです。

大天使ミカエルのお告げにより作られたと言われている小さな島の牛着な聖堂、パワースポットに興味がなくても行ってみる価値はあります。

メキシコの「テオティワカン」

ps6

「テオティワカン」のあるメソ・アメリカには数百から数千ほどのピラミッドがあるそうです。他にも数多くの遺跡がある、そんな不思議な場所で最大の規模を誇る遺跡がテオティワカンなのです。

巨大な2つのピラミッドは「太陽のピラミッド」と「月のピラミッド」です。大きい方の太陽のピラミッドの高さは74m、月のピラミッドは46mほどです。特に、太陽のピラミッドは世界で3番めに大きなピラミッドとなっています。

ピラミッドに登ってみるとテオティワカンを一望することができます。テオティワカンはきっちりと区画整理されている遺跡であり、古代の人の技術で作られたとはとても考えられないほど圧倒されます。

14世紀にこのテオティワカン遺跡は発見されましたが、当時発見したアステカ人たちは、人間が作ったものだと信じることができず、神が集う場所(テオティワカン)と呼び、ここを聖地としたのです。聖地とされたテオティワカンは、生け贄を捧げ崇められました。

不思議な雰囲気に、そして圧倒されるほど迫力のある景色に感動しない人はいないのではないでしょうか。願いが叶えられるという伝説により、今ではパワースポットとして多くの観光客が世界中から訪れます。

まとめ

パワースポットとされる場所は、主に自然が創りだした神秘的な場所や、人々の手で作られた美しく不思議な雰囲気のある場所です。神や風水などに結び付けられ、訪れた人々を癒やしたり、幸運に導いたりするそうです。世界中にはこのようなパワースポットがいくつもあります。

パワースポットについて、不思議な力とか信じてもいないし、感じることもないと思っている人は少なくはありません。しかし、パワースポットでパワーを感じるかどうかというよりも、その風景を見て癒やされたり、感動できたりすれば良いのではないかと思います。

行ってみる価値は十分にあると思いますので、旅の途中に立ち寄れるパワースポットがあれば、一度訪れてみることをおすすめします。

旅=ビジネス

求人情報:月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  3. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  4. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  5. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  6. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  7. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  8. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  9. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  10. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…

pickup 情報

  1. バックパッカーで海外のライブハウスを巡る、音楽の旅旅には必ず音楽がついてきます。お気…
  2. 全身で楽しんで美肌になれる泥祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」(Boryeong Mud …
  3. 写真はハートで撮るんだ! カメラでもなく、腕でもなく、被写体でもなく、一番に必要なのはハート。…
PAGE TOP