バックパッカー女子が最も気をつけるべき事、心得ておく事

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

日本はとても安全な国ということを忘れないこと

jb1

日本はとても安全な国というのは、世界的に見ても常識的なことです。そのため、危機管理能力がとても低いというのが日本人の悪いところでもあります。

女性をターゲットにした犯罪は、残念ですがどの国にも存在します。レイプなどの性犯罪だけでなく、スリや置き引きなどの盗難なども女性が狙われることが多いそうです。

日本にも残念ながらそのような女性をターゲットにした犯罪はたくさん起こっていますが、海外では日本と比べ物にならないくらい発生しているのです。

日本だと、東京の新宿区や足立区、江戸川区などが治安の悪い地域だと言われています。地方に住んでいる方は、東京そのものが治安の悪い地域だと思っている人もいるようです。しかし、どんなに治安が悪い、どんなに犯罪件数が多い地域でも、海外に比べたらかなり安全な方なのです。

すぐ近くの韓国や中国だって、日本人女性を狙った犯罪が多数発生していますし、安全なイメージのあるヨーロッパだって、日本の東京に比べても遥かに治安が悪いのです。

そこで、バックパッカー女子が海外で注意すべきことや心得ておくべきことをまとめてみたので、是非バックパッカーで一人旅をしたいと思っている女性の方は参考になさってみてください。

身だしなみについての注意点

jb3

日本ならヒールを履いても大丈夫だし、超ミニスカートでも別に注目を浴びることなんてありません。「あの人スカート短いなぁ・・・。」くらいにしか思われません。

しかし、海外ではそうはいかないのです。まず、靴ですが、必ず、どこへ行くにも歩きやすい靴を履いてください。ハイヒールだけは絶対にNGです。

何故かと言うと、やはりいざとなったらいつでも逃げ出せるようにです。ハイヒールでは速く走ることなんてまずできません。サンダルくらいなら許させると思いますが、基本的には走っても大丈夫な靴を履くようにしてください。

また、スカートはなるべく履かないようにしてください。スカートを履く場合は、ロングか膝下の丈のものを履いてください。膝上は売春婦だと思われてしまう国もあるそうです。

なので、ミニスカートなんて絶対にNGです。どうしても履きたいなら必ず下にレギンスやデニムを重ねて履いてくださいね。タイツやストッキングは若干危ない部分があるのでNGです。

気をつけるべきなのは服装だけではありません。お化粧にも気をつけなくてはなりません。

すっぴんで旅をしろとは言いません。むしろ紫外線の影響などもあるので、すっぴんよりかはUVケアできるメイクはしておいたほうが良いです。ただし、お化粧するなら身だしなみ、あくまでもマナーとしてのお化粧をしてください。

ナチュラルな仕上がりにしてください。目が小さいのが嫌な人はアイプチまではOKですが、アイラインで目をくっきり囲ったり、つけまつげやマスカラでまつげをボリューミーにしたりするのはNGです。

さらにチークもほんのり乗せるだけなら問題ありませんが、いかにも「チーク塗ってます!」みたいな濃いチークはNGです。理由はスカートと同じです。

街の歩き方についての注意点

jb2

まず、街を歩くときは絶対にフタがしっかりしまる鞄を持ち歩いてください。フタの閉まらないトートバッグなんかは「盗んでください」と言っているようなものです。

特に貴重品に関してはかなり慎重に扱ってください。東南アジアでもそうですが、特にヨーロッパは、プロのスリやプロの窃盗犯と言った、非常に巧妙な手口で盗んでいく人がたくさんいます。現地の人よりも、外国人(特に女性)を狙うことが多いそうです。なので、日本人女性ってかなり狙われやすいと思います。

人通りの多いところでは鞄を抱えたり、貴重品は内ポケットに入れるなどして特に注意してください。貴重品と自分をつなぐチェーンなどがあるとなおGOODです。

そして、街を歩くときはアクセサリーはなるべく付けないことがおすすめです。安いアクセサリーなら問題は無いのですが、宝石などを使ったら綺羅びやかなアクセサリーは付けないようにしましょう。

無理矢理引きちぎって奪われる可能性があるからです。特にピアスは危険です。ピアスを引っ張られて耳たぶが引きちぎられます。治安の悪い地域では特に注意しましょう。

また、夜のひとり歩きはかなり危険です。できれば夕方以降は出歩かない方が良いです。

人通りの多いところなどは比較的安全ですが、深夜には絶対にひとり歩きしないようにしましょう。人通りが少なく街頭も少ないような場所の場合は、暗くなる前に宿に戻りましょう。

そして、海外には美味しい食べ物や美味しいお酒がたくさんあります。特にお酒好きならたくさん飲んでしまいがちですが、海外では飲み過ぎないようにしましょう。酔いつぶれた人の面倒を見てくれるのは日本だけなのです。

実際に、日本で酔いつぶれて1人で電信柱に抱きついていた女性がいたそうですが、知らない人が声をかけて「欲しいものはある?」と聞かれ、水や酔い覚ましドリンクなどを持ってきてそのまま去っていったというケースがあったそうです。知らない人が助けてくれるのは本当に日本だけです。

海外では、酔いつぶれている女性を見かけたら、貴重品を盗られたり、身ぐるみ剥がされたりレイプされたりするだけです。誰かが助けてくれるどころか、頭が悪いやつだと思われ、犯罪の被害に遭うリスクが高まるだけなのです。お酒を飲むなとは言いませんが、自分をコントロールできなくなるほど飲まないようにしてください。少しでも酔ってきたと思ったら、コントロールできなくなる前に飲むのをやめましょう。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

人との関わり方の注意点

jb4

まず、普通に歩いている時とかに知らない人に声をかけられたら無視をするのが基本です。用事がある、困ったなどという場合、自分から話しかけるのは問題ありませんが、向こうから話しかけてくるのは怪しいです。

無理矢理物を売られてぼったくられたり、どこかに連れて行かれて思わぬ犯罪の被害に遭ってしまうかもしれません。自分が困っている時に話しかけてくれたら、もしかすると困っているのを感じて声をかけてくれた良い人なのかもしれません。しかし、海外では基本的には知らない人から声をかけられたら無視してください。

また、日本人女性は海外ですと非常にウケが良いというか、日本人というだけでモテてしまうことがあるのです。意外とナンパされることも多々あるようですが、体だけが目的の場合もあります。

むしろ、旅を続けたいのならば一時の甘い誘惑に惑わされず、しっかり断りましょう。食事中やちょっとしたイベント、海でのバカンスなどを一緒に楽しんでくれる分には良いと思いますが、もし少しでも怪しいと感じたら身を引くべきでしょう。

無理矢理犯されて病気を移されてしまうというリスクもありますし、恋心が芽生えてしまうと旅の妨げになってしまうこともあります。海外での甘い誘惑には十分注意してください。

宿や住居での注意点

jb5

旅行中に宿泊する場所が、1人部屋ならしっかり鍵を締めたり、貴重品を管理したりというセキュリティに関して注意していれば問題は無いと思います。しかし、バックパッカーの場合はホステルに泊まることも多いのではないでしょうか?

ホステルは基本的に複数人で一部屋に泊まるという感じになっており、部屋が男女別のホステルもありますが、男女混合のホステルも意外と多いです。

男女混合のホステルで女性だけにして欲しいということはできませんが、部屋が一緒の人がなんかおかしい、なんか怖い危ないと感じたら、ホステルの人にすぐに相談してみてください。部屋を変えてくれるかもしれません。

また、各部屋貴重品を入れるためのロッカーが常設されていると思いますが、ロッカーに鍵が付いていない場合もあるので、必ず南京錠を持ち歩くようにしてくださいね。

日本より安全な国はほとんどありません

治安が良い、安全な国や地域は日本以外にもあると思います。しかし、ほとんどの国と地域は、日本よりも安全ではないと思ったほうが良いです。

どんなに安全そうなイメージのある国であっても、油断大敵です。常に警戒心を忘れずに行動したほうがよいでしょう。男性ならそこまで神経質にならなくても大丈夫だと思いますが、女性の場合はやり過ぎなくらい警戒したほうが良い場合もあるのです。

女性は男性に比べて力も弱いですし、性犯罪の被害に遭うリスクも高いです。バックパッカーの旅を快適に過ごすためにも、あらゆる危険のリスクを考えて、常に警戒心を忘れずに過ごすようにしてください。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  4. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  5. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  6. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  7. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  8. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  9. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  10. こんにちわリョウです(^^♪いよいよ旅始まって二ヶ国目ミャンマーに突入です!!いぇい♪…

注目記事

  1. この記事は平成の自由人、旅人として国内トップの所得を稼ぐ悪ガキが書いています笑悪ガキの更なる…
  2. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  3. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…

ピックアップ記事

  1. 「海外でスキューバダイビングのライセンスを取得。旅行代金全て込みで●●●円」という広告を見かけたこと…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. アメリカには、先住民族とも呼ばれる少数民族が多く存在しています。その中でアーミッシュは異色中…
  4. 日本人が麻薬で死刑に!「海外へ行けばドラッグを試せる」、そんな安直な動機で手を出した結果の死…
  5. 日本のレゲエアーティストたちの世界進出がスゴい! 各地で開催されるクラッシュでの勝利、イベントへの招…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP