バックパッカー女子

人生で二度目の海外。

一度目は高校の卒業記念に親友と行ったLA。ツアーだったので気楽でした。

二度目の海外がまさかバックパッカーで行くなんて思っても見なかったし、バックパッカーのことすら知らなかった。しかも、子連れでだから本当にハラハラしたけど行ってよかったと今では思います。

女性目線で感じたことなど書いてみますので少しでも参考になればと思います。

☆日焼け対策☆

つねに日焼け止めを塗っていました。外国でもたくさん売っています。

サングラスもかけたかったのですが、視界が悪くなるため、

どんなに眩しくてもかけませんでした。風が強い日などはあったほうが何かと便利だと思います。

☆ビタミン剤・薬☆

風邪をひきそうかも?って時に飲んでました。でも無くなったので買ったのですが、粒がでかすぎて銀杏くらいのサイズで噛まないと飲み込めなかった。飲み薬もほんとデカイの。あと、リポビタンDのようなドリンクがほとんど売っていなかった。バリ島にはありました。

一度、風邪を引いたときや子供がヘルペスになったので薬局で薬を買いました。どれもすごく強くてすぐ効きました。虫除けスプレーも蚊取り線香も役に立ちました。虫さされの塗り薬は電子辞書の単語を見せても伝わらず、痒くてつらかったので日本で買っていくことをお勧めします。(メキシコでは買えました。)

☆肌荒れ・メイク落とし・化粧水☆

日本にいるときより肌の調子が抜群に良かった。暴飲暴食もできないくらい口に合わない食べ物ばかりだし、毎日、ひたすら歩いていたからかも(笑)

メイク落としには一番困りました。洗顔は沢山あるんだけど、どこにも無くて探し回りました。メキシコ産のPonsのクリームクレンザーをやっと見つけたのですが、本当に質が悪くて・・・

普通、お湯で綺麗に落ちるはずなのに顔に脂を塗ったみたいにベットベトになり、洗顔で何度も何度も洗い直しました。

仕方なく、メイク落としシートを使ってました。日本にいる妹にクレンジングを頼み、送ってもらいました。。

化粧水はいつも手づくり。薬局で売っている化粧品用尿素とグリセリンを持っていき、無くなったらタイで買えばいいねなんて思っていたのですが、どの薬局にも売ってなく、これも妹に送ってもらいました。使う分だけをペットボトルに作って使い切っていたので、荷物も重くならず良かったです。ミネラルウォーターで作ってました。日本なら水道水のほうが消毒されいていて良いのですが、海外はなかなか信用できないところがあったので。

分量は、

水200ml、尿素50g、グリセリン10mlなのですが、大体4分の1の量を作り、使い切っていました。

私は2Weeksコンタクトレンズをたくさん持っていき、洗浄液は塩で作ってました。日本の薬局にあるソフトコンタクトレンズ用食塩水「ソフコンプラス」をまねてみました。タンパク除去剤は持っていきました。メガネは絶対必要です。

ここは「ノマド」の サイト

「ノマド」= 場所と時間を選ばず「旅」を、生業とし生きる人たち。

東日本大震災(2011年3月)の経験によって、私たち家族4人は日本の家を引き払い、ノマドライフをスタートさせました。

「子連れで世界一周」達成後も旅を終えず、今現在も海外や日本を無帰宅で旅し続けています。

何処の空の下で、何を学び、何を感じ、写してきたのか。私たちが辿ってきた道のりは、

当サイトの「子連れバックパッカー世界一周」「子連れ自転車日本縦断」「手作りキャンピングカー学びの旅(日本)」「ノマド 7人 で旅へ(海外)」「世界の人々の写真」「石垣島での旅人村づくり」「手作り木造ヨット世界一周」

など、1400記事以上にわたって描かれていますので、少しでも目を通して頂ければと思います。

私たちの旅の様子はコチラ👉https://yuuma7.com/

☆服装☆

下着3日分は日本で買ったものをずーっと着ていました。手洗いでぼろぼろになりましたが長持ちしました。子供たちはサイズが小さくなり一度、購入しました。でもすぐ糸が取れて穴が開きました。Tシャツもすぐ縮み、ヨレヨレになりました。アジアではビーサンばかり履いてました。現地で買ったビーサンはすぐ壊れます。

足りない服は現地調達で十分です。

毎回、コインランドリーもある訳ではないので、手洗いしやすい素材ですぐ乾く服がいいです。

洗剤は石鹸で十分でした。洗濯バサミ&ロープは本当に大活躍しました。

服装はなるべく地味にしました。観光客に見える腕時計、アクセサリーはつけないようにしました。

そのおかげか、危ない目にも引ったくりにも一度も遭わずにすみました。そして、観光時の持ち物は首から提げる貴重品ポーチに使う分だけの現金、国際キャッシュカード携帯、ハンカチだけにして極力最小限に抑えました。カメラはなるべく毎日持ち歩きました。

☆トイレ☆

だいたいの所がティッシュを流せないところで、たるに水が汲んであり、自分の使う分だけ汲み、手で流すのですが、、、時々、ティッシュが置いてないときがあります。ティッシュは必ず持っていたほうが便利です。

現地のスーパーなどで安く買えます。ティッシュ専用のゴミ箱に捨てます。

 ☆その他☆

値切り交渉の際は、強い気持ちで、「安くして~、」と、言い通す。少しでも「う~ん、」とか中途半端な返事を返すと相手のペースに巻き込まれて負けてしまいます。お土産屋で売っているもは観光客値段で倍の値段になっています。値切らないとだいぶ損します。

やたらと親切にしてくる男性や女性は何かしら企んでいます。いくら意気投合しても一人でついていくのは絶対にだめですよ!だからといってすべて拒否せず、その人がどんな人なのかじっくり観察して、見極める力をつけたほうがいい事も沢山あります。

※日本で買っていくことをお勧めするものです!

 

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  3. 写真:papa電車を乗り継ぎバラナシに到着した。コルカタから15日間かかった。…
  4. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  5. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  6. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  7. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  8. みなさん…こんにちは…。Shigeで…す。今回僕たちは、本日限定で開催されるロック・…
  9. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  10. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…

pickup 情報

  1. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
  2. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
  3. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…
PAGE TOP