バルセロナ「バル」の楽しみ方~おすすめバルの紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

0ac62f25スペイン、バルセロナと言えば、世界的にも誰もが憧れる一大観光地ですね。バルセロナでは、芸術も歴史も、そして食も十分に満喫できちゃいます。様々な名物があるスペインですが、その中でも筆者がバルセロナ滞在中に一番はまったのは、なんといっても「バル」でした。今回はそんな「バル」とは何なのか、そんな種類があるのか、そしてバルセロナでおすすめのバルまでまとめてご紹介します!スペイン、バルセロナに行った際には、バルでとっておきの思い出を作ってくださいね。

「バル」って何?

20151018224429みなさん、そもそも「バル」とは何のことか知っていますか?最近では、日本でも「○○バル」といったような名前のつくレストランやバーも増えてきたように思います。ですが、バルが何を指しているのか、実際のところ分かっていないという人もいるのではないでしょうか?そこでまずは、バルについて説明したいと思います。バルは「Bar」と表記し、スペイン語でバルと読みます。英語ではバー、と読みます。「バー」というと、イメージが付きやすい方も多いでしょう。アメリカやイギリスなどのいわゆるパーは、アルコールを飲むことが中心で食べ物はほとんどないです。一方、「バル」では、「タパス」や「ピンチョス」を始めとする軽食があり、食事からアルコールまで楽しめる、というのが一般的です。バルの軽食の中心となってくるのが、「タパス」と「ピンチョス」です。「タパス」というのは、いわゆるおつまみで、簡単につまめるようなものや、小さなお皿に乗ったものが多いです。少量でたくさんの種類を楽しめるので、旅行客が現地の料理を試してみるには、ピンチョスはぴったりでしょう。「タパス」は小さなパンの上に、チーズやハム、サラダなどが乗せてあり、小さな串(つまようじなど)で刺してあるのもです。もともと、ピンチョスは串刺しという意味があるそうで、手でつまんで手軽に食べれるようになっています。小腹が空いたときにも、1つから選んで食べることができるので、食べやすいです。ピンチョスの場合、刺さっていた串の数を最後に合計して会計することも多いです。

バルの種類

5bb54aeeバルには、実はいくつかの種類があります。食べられる食事の種類や価格帯、メインとなっているものなどによって分類されることが多いです。一言「バス」と言っても、種類があるので、どんな種類があるのか、自分はどんなバルに行きたいのか、考えてお店も選ぶようにしましょう。「バル」と名前の付くことに行ったはいいものの、自分のイメージしていたものとは違った、というようなことがないようにしましょうね。バルの種類としては、食事に重きをおいた「リストランテバル」、コーヒーを中心として「カフェバル」、ジェラート中心の「ジェラートバル」などがあります。その他にも、伝統的な雰囲気のある老舗バルや、地元の人が集まるカウンターだけのバルなど、大きさも雰囲気も多様です。

バルセロナおすすめバル

th_baresteban4では、実際に私が足を運んだバルの中で特におすすめのバルをいくつか紹介したいと思います。

イラティ

まず、カジュアルで安価に楽しめるイラティです。このバルではピンチョスを楽しむことができます。店内には、椅子はなく、立ち飲みスタイルになっています。おいしいピンチョスとワインを安く、手軽に楽しみたい方にはおすすめです。

セルベセリア・カタラナ

観光客にも、地元の人にも人気のお店です。モダンな雰囲気の店内で、席に座って好きなタパスを注文することができます。私がバルセロナで一番最初に訪れたタパスです。まずは、とりあえず、という方にはぴったりです。

タぺオ

こだわりの料理を楽しめるバルです。シェフがこだわった食材をバル内で調理してくれるので、ホットな料理もおいしく楽しめます。おいしい料理にこだわりたい方にはおすすめです。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  2. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  3. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  4. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  5. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  6. 都会の人たちはやっぱり急いでる。だから、早々にヤンゴンを離れ、北上した。今まで7人で動いてい…
  7. あなたも旅をしている気分になれる国境越え動画♪pipi島 → 船でクラビー → トラ…
  8. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  9. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…

最近の人気記事

  1. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
  2. レゲエミュージックがあふれるジャマイカの首都キングストン。独特の音楽やガンジャ(マリファナ)…
  3. はじめに正社員として定職につくのが簡単ではない昨今。それは学歴や成績、そしてコネさえ大きな背…
PAGE TOP