バルセロナ「ボケリア」市場を満喫する方法

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

img_1最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するために、外せないのは何と言ってもおいしい食事!バルセロナは地中海に面する街なので、もちもん海産物は絶品です。その他にも、スペインワインやサングリア、ハムやチーズなども外せないですよね。スペインは農業が盛んな国であるので、果物やオリーブなどもとってもおいしいです。そんなバルセロナの食の魅力が集まった場所が今回ご紹介する「ボケリア」です。バルセロナに訪れたら、寄って後悔はしません!!

ボケリアって何?

6109cdf4ボケリアはいわゆる通称で、正式には「酸・ジョセップ市場」と言います。バルセロナ随一の市場で、「バルセロナの台所」とも言われています。地元の人と観光客とでいつでも混雑しています。実際に私が訪れた際にも、時間帯を問わず混雑しているイメージでした。市場内には、手軽に食べ歩ける軽食やドリンクを販売しているお店から、レストラン、新鮮な海産物を扱うお店、地元の食材を扱うお店など、ところ狭しと並んでいます。まさにバルセロナの食が集まっている場所と言えるでしょう。朝食や昼食に訪れるのはもちろん、観光の最初に訪れて、バルセロナの食の魅力を体感いいかも知れません。私は実際に、観光の最初に訪れて、バルセロナとボケリアの魅力にはまってしまいました。後にも紹介しますが、フルーツジュースや生ハムの測り売りなどは、滞在中何度も訪れ、買ってしまったものでもあります。

新鮮なフルーツは外せない

pcocrbdowl8peqk1mhqoaubl1bdjstlv1450012906ボケリアで、まず楽しんでもたいたいのが、新鮮なフルーツです。バルセロナは温暖な気候で農業も盛んなので、フルーツもジューシーで食べごたえがあります。観光客向けに、いちごやマンゴーなどをカットして串に刺したものや、小さなカップに入れたものなどが売られています。買ってその場ですぐ食べることができるので、おすすめです。フルーツはそのまま食べる以外にも、ジュースとしても販売されています。市場内には、いくつものフルーツジュースのお店があり、自分で選んだフルーツをその場でジューサーにかけてジュースにしてくれます。フルーツのラインナップや組み合わせなどがお店によって多少異なるので、市場内を歩いて、自分好みを見つけてみて下さい。他にも、ドライフルーツとしてもフルーツを楽しむことができます。

新鮮な海産物をその場で調理してもらおう

lg_gallery_1449902663やっぱり、海の街バルセロナでは、海産物は外せないグルメです。ボケリアでは、バーやレストランがあるので、新鮮な海産物を使った料理を食べることができます。えびや、いかなどはもちろん、中にはマグロを専門にしているお店もあるそうです。カウンター席のあるバルも市場内にはいくつかあるので、海産物とワインを一緒に楽しむこともできます。レストランやバルでの食事を考えている人は食事どきはかなり混雑しているので、それを覚悟していくか、時間をすらすなどの工夫が必要です。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

生ハムも食べ比べよう

dsc07275スペインと言えば、生ハム!と考える人もいるのではないでしょうか。ボケリアにもたくさんの生ハム専門店が入っています。たくさん種類の中から自分好みを探すことができるのがなによりの楽しみでもあるでしょう。ボケリアでは、すぐに食べられるように小さくカットされ、その場で食べることができるように準備された生ハムを購入することができます。少しづつ、違った種類を試してみるのも楽しいですね。気に入ったものはたくさん買ってみて、宿泊先でワインと一緒に楽しむのも素敵ですね。ただ。生ハムを日本へのお土産として持って帰ることはできないので注意しましょう。持って帰れない分、生ハムは滞在中に存分に満喫しましょう!

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  2. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  3. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  4. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  5. 私たちは、家族3人+犬二匹でバンライフをしています。日本で家は持たず、旅をしながらこの「車のおうち」…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  7. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  8. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…

pickup 情報

  1. 北アメリカ大陸は大雑把に分けて4つに分かれます。カナダ、アメリカ、メキシコ、カリブ海諸国です…
  2. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  3. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…
PAGE TOP