バンクーバーの有名大学UBCを訪問記~語学学校へ英語研修

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

会社の夏休みを利用して、1週間バンクーバーの語学学校へ英語研修を受けてきました。
バンクーバーには語学学校が沢山あり、世界中から留学生が訪れます。
語学学校は英語を勉強するための教育施設であり、地元カナダ人の学生生活を垣間見るにはちょっと不十分。地元の学生は実際にどんな環境で勉強をしているのか、カナダの大学訪問記です。
23f45e31564c131059d655b891dc9288_s
カナダのブリティッシュコロンビア州には、公立大学が11校、私立大学が4校あります。
今回訪れたのはブリティッシュコロンビア大学、University of British Columbia(以下UBC)、カナダ西部で最大の研究総合大学です。
P1020648

 

UBCの概要

UBCは1915年に創立され、キャンパスはバンクーバーとケロウナ、その他にサテライトキャンパスがいくつかあります。メインキャンパスは今回訪れたバンクーバーで、52,721人の学生が学んでいます。
(学生数は2016.08の大学ホームページより)

 

UBCへのアクセス

バンクバーのダウンタウンからバスで30分、4、14、44のバスに乗車し、終点がUBCです。
UBCの敷地は400ヘクタール、広大な敷地はまるで1つの街のようです。敷地が狭く、縦長のビルをキャンパスにしている東京都心部の大学とは正反対。緑豊かなキャンパスは散歩するのだけでも楽しいです。キャンパスには野生のリスが生息しています。
キャンパス内は誰でも自由に入れます。
こちらはUBCの構内地図。矢印は後述するブックストアの位置です。
image
UBCは、ちょっとした観光名所にもなっていて、博物館と記念庭園が大学の構内にあります。

 

UBC人類学博物館(UBC Museum of Anthropology)

image
トーテムポールやカナダの先住民族によるアートが展示されています。建物はカナダ人建築家アーサー・エリクソンによって設計されました。日本を含む世界中から集められた民俗資料なども展示されています。

入館料:一般 $18
営業時間:毎日10:00–17:00、火曜日のみ10:00–21;00

 

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

新渡戸記念庭園(Nitobe Memorial Garden)

e0b35a37e448ee6eb5cff3c2c35e3804_s
大学の研究所を兼ねた植物園の一部が日本庭園になっています。1933年に同州ビクトリアで亡くなった新渡戸稲造を記念して造られました。日本国外にある純日本庭園として高い評価を受けており、桜、菖蒲、紅葉など四季を彩る木々が植えられています。

入館料:一般 $7(新渡戸記念庭園のみの値段。植物園は要別途料金)
営業時間:3/15–10/31 毎日11:00-16:30、9月中旬までは木曜日11:00-20:00
1/1-3/14 平日10:00-14:00

 

お土産はブックストアで

image
ブックストアは学生の教科書だけでなく、一般書籍や日本の漫画本、文房具、衣料品、スナック類、何でも売っている学生御用達の売店です。

大学のロゴが入ったTシャツやマグカップ、小物類はお土産にも人気です。キャンパス内では大学のロゴが入ったTシャツやパーカー来た学生を多く見かけ、学生たちのは愛校心が伝わってきます。有名大学なので学生であることに誇りを持っているのだと思います。
image
写真はないのですが、キャンパス内にはカフェテリアがいくつもあり、一般の人でも利用できるので、さらに学生気分を味わいたい方にはお勧めです。ただ、日本の学食のような割安感はないです。街中で食べるのと同じくらいの値段です。

 

まとめ

海外に行くと、その土地にある大学を訪問するのが筆者の楽しみの1つでもあります。
地元の学生に交じってキャンパスを歩くと、何だか昔海外留学をしていた頃に気持ちがタイムスリップします。キャンパス内には幅広い年齢層の人が歩いており、また日本人は学生っぽく若く見えるので、あまり違和感なくお散歩ができると思います。
緑いっぱいの広いキャンパスを学生気分で歩いてみてくださいね。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  2. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  3. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  4. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  5. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  6. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  7. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  8. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  9. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  10. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

注目記事

  1. はじめに「世界一周人」と「釣りキチ」の共通点は、惹かれる場所があれば、あらゆる苦をものともせ…
  2. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
  3. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…

ピックアップ記事

  1. ヤンゴン~バガンを、夜行バスで移動してきました。その時のまとめとアドバイスです。■なぜ夜行バスが…
  2. ブラジルなのにアフリカでポルトガルな旧植民都市~サルヴァドール(Salvador)/ブラジル・バ…
  3. 廃墟化が進むノスタルジー~大連「Dalian/Dairen」/中国・遼寧省19世紀末、今の大…
  4. 「クルクプナル」(KIRKPINAR)/トルコ・エディルネ鍛え上げられた屈強・精悍な男たち、皮の…
  5. ヴァル・ドルチャ「Val d'Orcia」/イタリア・トスカーナ地方ヴァル・ドルチャ「オルチ…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP