パリのコンフィズリー(菓子店)に行ってみた!おすすめの店紹介

DSC00099

エッフェル塔にルーブル美術館、凱旋門、ベルサイユ宮殿などパリには見どころがいっぱい。あまりにも見所がたくさんあるので、これらを見て回っているとちょっと一休みもしたくなります。

街歩きに疲れたら甘いものでも食べて休憩しませんか。

パリの街には「コンフィズリー」と呼ばれる、主に砂糖菓子、飴やキャラメルを扱うお菓子屋さんがいくつもあります。

今回パリで250年続く由緒あるコンフィズリー「ア・ラ・メール・ド・ファミーユ(A la Mèle de Famille)」を訪ねてきました。

ここは1761年創業の老舗でパリの老人たちの間でもよく知られていることから、長年にわたって人々に愛されてきたことがわかります。

自社のチョコレートや品揃えの良さ、昔ながらの店構えは今なおパリの人の心を掴んで止みません。

チョコレートが自慢

自社ブランドのチョコレートが自慢で、味はもちろん、動物をかたどったものなど見た目にもこだわりが感じられます。DSC00100

イースターを来月に控えていることもあって、イースターエッグをかたどった卵形のチョコレートがたくさんありました。包み紙もカラフルでかわいいですよね。

DSC00103

豊富な種類のチョコレートに目移りしていると、店員さんがおすすめしてくれたのは量り売りのチョコレート。ビター、ミルク、ホワイト、ナッツ、キャラメルなどいろいろな種類を少しずつ楽しめます。あれもこれも楽しみたいという人の心を満たしてくれるはずです。

DSC00104

お菓子の品揃えがよい

砂糖菓子やチョコレートに加えて、ここのお店ではお酒やジャムまで扱っています。

DSC00101

キャンディやチョコレートは溶けてしまう、と不安な人はお酒やジャムをお土産にしてはいかがですか。

保存がきくので、帰国してすぐに渡せない人へのお土産としてもよいですよ。

パリらしい雰囲気の店構え

1900年からの店構えにはベルエポックの面影が残されています。ベルエポックとはフランスで19世紀末から第一次世界大戦の起こった1914年までの時代のことをいい、当時パリの建築物でアール・ヌーヴォーという装飾美術が大流行しました。

蔦などの自然のモチーフや自由曲線による装飾に鉄やガラスといった当時の新素材の利用が特徴です。

ガラス張りになっていることや、2階、3階に見える曲線のフェンスに当時の流行を見ることができますね。

SAMSUNGパリの古くからの街並みを感じさせる店構えも必見です。

アクセス:パリメトロ7号線Cadét駅もしくは8・9号線Grands Boulevards駅

住所:35, rue du Fg, Montmartre 9e

TEL: 0.1.47.70.83.69

営業時間:9:30~20:00(土10:00~20:00、日10:00~13:00)

定休日:1/1

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  2. ※マメ知識:カワカミノタケル=ヤマトタケルノミコト(日本武尊)に名を献上した熊襲族の大将さて、僕…
  3. やっぱり南という事で、徳之島を目指して南下。徳之島は日本でも数少ない「軍事基地の無い島」だから引き寄…
  4. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  5. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  6. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  7. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  8. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  9. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  10. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…

pickup 情報

  1. 東南アジアは日本人にとっては文化や生活習慣も比較的近く、国にもよりますが他の地域と比べて旅し…
  2. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
  3. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
PAGE TOP