パリジェンヌがおしゃれな理由~モードの発信地パリを旅して(お化粧・服装編)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

p5042713

パリジェンヌといえばおしゃれの代名詞と考える人も多いでしょう。そこでパリの街を歩く際、彼女たちの装いやメイクに目を向けてみました。

まず思ったのは、装いにトレンドがあまり感じられなかったこと。フリルやレースがトレンドになればこぞってそれを身につける、しかしいつの間にか廃れているというのが日本のファッションではないでしょうか。

街ですれ違う女性の多くは、いつの時代でもあるような無地のシャツやブラウスにパンツやスカートを履いていました。現地の装いはまさに「シンプル」。モードの意味する「モノトーンはもちろん、シンプル」がよく伝わってきます。

一枚のシャツとスキニーデニムにアクセサリーはバングルのみなど、上品でも気取った感じがしないおしゃれなパリジェンヌのコーデや化粧にはポイントがありました。

流行り廃れのないシンプルな服に、一生モノの小物

imagebase28_10

ユニクロやZARA、H&Mなどで売っているような無地のシャツにパンツ、もしくはちょっとした柄の入ったワンピース。これだけだとただの安っぽいイメージに見えてしまうかもしれませんが、これにブランドの靴やスカーフ、サングラスなどのアクセサリーといった上質な小物を一点投入するというもの。豪華一点主義です。これによって一気におしゃれになる感じがしますね。

おしゃれというとブランド品をいくつも身に着けることを考える人もいるようですが、そんな人はパリにいませんでした。さりげなく取り入れることで、一点がとても引き立っていて美しかったのを覚えています。シンプルなコーデはそのためなんですね。おしゃれ上手とはこういうことだと学びました。

しかし10代だとブランド品はまだ早い。そんな彼女らも上手にコーディネイトしていました。モノトーンのシンプルな服にキラキラと光る色物のスパンコールのバッグを合わせるなど、ブランド品のように一点コーデのポイントを上手に小物で作っていたのです。

街をおしゃれに感じるのは、このようにおしゃれ上手な人がたくさんいるからかもしれません。

化粧は基本「飾らない」

281 copy

日本ではネイルやアイメイクにすごく凝るイメージがあります。ビーズやラメをふんだんにあしらったデザインを好む人も少なくありません。しかしパリではこのようなラメは子供っぽいとされているそう。

20代くらいの女性の手元を見てみると、ボルドー一色で塗られていました。短めの爪にボルドーやネイビーなどシックな単色を塗るのがパリ流。コーデ同様、実にシンプルですね。

さらにアイメイクは色を重ねてグラデージョンを出すような凝ったことはせず、マスカラひと塗りと自然なアイラインを施したであろう自然なメイクがほとんど。これに口元は赤リップで唯一の色付けをするか、肌に合わせたヌーディリップというシンプルなメイクです。

ネイビーのロンTの袖からのぞくボルドーのネイルを見ると、これぞシンプルなおしゃれだと感じさせられました。ナチュラルメイクだとなおさらボルドーが引き立ちます。短めの爪に赤いネイルを塗るだけ。とっても簡単です。手持ちの無地で暗めの色のトップスと合わせればパリジェンヌさながらです。

jeens

パリの街を歩くならパリジェンヌのファッションをちょっと参考にしてみませんか。

ブランド品は身に着けるとスリに遭いやすくなるので、10代のパリジェンヌのようにさし色でコーデのポイントを作ることをおすすめします。

旅先では現地の人さながらのコーデ、色使いをすれば街に溶け込むことができるでしょう。とりわけパリではおしゃれになった気分になること間違いなしです。

ぜひ街角でシンプルなコーデにバゲットを抱えて、パリジェンヌ気分を味わってみてください。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※マメ知識:カワカミノタケル=ヤマトタケルノミコト(日本武尊)に名を献上した熊襲族の大将さて、僕…
  2. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  3. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  4. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  5. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  6. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
  7. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  8. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  9. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…

pickup 情報

  1. はじめに「旅先の恋」。その場限りの出会いもあれば、結婚につながる出会いもあります。世…
  2. バックパッカーの旅では飛行機は必要不可欠ですよね。そんな飛行機移動をしていると、時々着陸する…
  3. 僕らは子連れで西回り世界一周から始まり、バックパッカーでネットの仕事をしながら2012/5か…
PAGE TOP