フィリピンの高級地区マカティを歩いてみた~おすすめショッピングモール紹介!

フィリピンのマニラというと、治安を心配される方が多いのではないでしょうか。
女1人旅でブルネイを訪れた時、乗り継ぎでマニラに1泊することになりました。1人で何か国も旅している筆者にとっても、マニラはちょっと怖い印象の街でした。1番治安の良い場所にホテルを取ろうとインターネットで検索し、マカティという場所に滞在することに。
今回は、フィリピン一の高級街マカティ(Makati)散策記です。

マカティ(Makati)とは

フィリピンの首都メトロマニアにあるマカティは、金融の街、ビジネスの中心地であるとともに高級住宅街として知られています。
フィリピン最大の財閥の1つであるアヤラ一族によって開発された地区で、高級ホテルやショッピングモールが立ち並び、フィリピンの富裕層や旅行者に人気のエリアです。
マカティの一画。
P1060047
マニラ=怖い、の先入観があったのですが、この辺りは特別。街を歩いている人の服装もきちんとしているし、治安の悪さを感じさせない街でした。

 

フィリピン政府観光省発行の地図

無題
マカティの中心はアヤラ通りとマカティ通りの交差点付近にあるアヤラセンター。ショッピングモール、デパート、スーパーマーケットが集まる一大ショッピングエリアです。
マカティの中心にある公園、アヤラトライアングルパーク(Ayala Triangle Park)はビジネスマンたちの憩いの場になっています。公園内にはレストランやカフェがあります。Free-WiFiが使えました。公衆トイレもキレイです。
IMG_2416
こちらはペニンシュラマニラ、印象に残る外観です。
P1060051
ペニンシュラマニラの道路を挟んだ向かい側にはアヤラセンターの入口を示す看板があります。
P1060050

 

周辺のショッピンングモールをいくつかご紹介

①グリーンベルト(Greenbelt)IMG_2427
1~5までの5つの建物で構成されている巨大ショッピングモール。ブランドショップや高級レストランが入っています。中央部は公園になっており、熱帯植物が植えられ、池もあります。
②グロリエッタ(Glorietta)
P1060046
アクティビティセンターと呼ばれる吹き抜けの広場を中心に、1~4の4つのエリアに分かれる巨大ショッピングモール。こちらもブランドショップが多く入っています。
③SMシューマート(SM Shoemart)
P1060041
フィリピン全土にチェーン展開している大型デパート。もともと靴の専門店だったので、シューマートという名前です。先の2つに比べると庶民的なお店が多いです。

 

PR広告

※投稿記事とは無関係です。

おまけ

マカティに滞在していると、フィリピンにいる感じが殆どしません。少しはフィリピンぽいモノをということで、マカティで体験できる最もフィリピンぽいお店、ジョリビー(Jollibee)へ。フィリピンではマクドナルドより高い支持率の国民的ファーストフード店です。街中でよく見かけます。
メインメニューはハンバーガーとスパゲティーで、これらにチキンを組み合わせるのがフィリピン流。ポテトの組み合わせもあります。
写真のセットメニューは確か79ペソだったはず。1ペソ2.2円で計算すると、174円です。麺は柔らかく、ソースも甘めなので、日本のお子様ランチのような味付けでした。ファーストフードですし、値段も安いので、味は可もなく不可もなく。
ARROW2_corporate_slider_all_day_GFX_01_07_16
P1060055

 

まとめ

マニラは治安が心配、と感じている皆様にマカティはお勧めできるエリアです。女1人で歩いていましたが、全く怖い思いも危険な雰囲気もありませんでした。
また、これほど大きなショッピングモールが隣接している場所は日本にはないので、是非の高級感たっぷりのモール群を散策してみてください。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  2. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  3. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  4. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  5. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  6. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  7. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  8. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  9. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  10. ※マメ知識:カワカミノタケル=ヤマトタケルノミコト(日本武尊)に名を献上した熊襲族の大将さて、僕…

pickup 情報

  1. クジラの死骸から発見された、40kg相当のプラスチックゴミ。これが何を意味するか、誰の目にも明らかで…
  2. はじめに「世界一周人」と「釣りキチ」の共通点は、惹かれる場所があれば、あらゆる苦をものともせ…
  3. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
PAGE TOP