フィレンツェの隠れた美術館、ヴァザーリの回廊に行ってみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

 

1451320400_Vasari_Corridor_and_Uffizi_Gallery_Tour

旅のきっかけ

学生時代、美術史を勉強していたこともあって何度か訪れたことがあったウフィツィ美術館。

その度に気にはなっていたのに、ウフィツィ美術館の作品群に見入ってしまい、なかなか時間が合わずツアーに参加できなかったヴァザーリの回廊。

今回のフィレンツェ訪問で必ず行きたい!と現地で見つけた一番手頃なツアー会社に電話予約し、やっと訪れることができました。そこで、今回の。

そもそも、ヴァザーリの回廊って何?

CORRIDOIO+DISEGNO

ヴァザーリの回廊とは、1565年にメディチ家が芸術・建築家ヴァザーリに依頼した執政所(現ウフィツィ美術館)とメディチ家の自宅だったピッティ宮殿を直接結んだ全長約1キロの出勤用隠し通路。

当初は完成まで6年かかるとされたが、ヴァザーリはなんと半年で完成させてしまったという逸話もあります。

財力と権力でフィレンツェを統治していたメディチ家は命を狙われることも多く、護身と利便性も兼ね備えた通路だったのです。

そもそも、ヴァザーリの回廊ってどこ?

ヴァザーリの回廊って聞いたことはあるけど、どこにあるの?秘密の通路だから、地下道?と、不思議に思った方も多いでのでは?

DSC02467

ヴァザーリの回廊はウフィツィ美術館3階に入り口があり、地上2階建の通路をくねくねと曲がりながらピッティ宮殿へと続きます。

フィレンツェを訪れると誰もが目にする高級貴金属店が軒を連ねるヴェッキオ橋の2階部分も回廊になっています。

回廊の上からヴェッキオ橋や街の様子が伺えます。外から回廊をたどってみるのもオススメです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

そもそも、ヴァザーリの回廊の内部って何があるの?

以前は一般には閉ざされていたヴァザーリの回廊も最近は一般公開されるようになったのですが、残念ながらウフィツィ美術館のチケットではヴァザーリの回廊を見学することはできません。

ヴァザーリの回廊の入場は完全予約制で別途ガイド付きツアーに参加しないと見学できないのですが、高額な料金を払っても参加する価値は十分あります。

ウェブで検索すると、たくさんツアーの予約サイトが見つかります。ツアーおよそ1時間、言語は英語をはじめとする各国語選べますが、日本語ツアーは割高です。

IMG_2781

ウフィツィ美術館3階の第3廊下の入り口あたり、いつも閉まっていて気づかずに通り過ぎてしまいそうなドアが回廊の入り口です。集合時間になるとツアー参加者が集まり始めます。

ヴァザーリの回廊はこのドアを開けると始まります。

DSC02405

ドアを開け長い階段を降ります。

adorazionedeipastori

長い階段を降りたところの踊り場には1993年に起きたマフィアによる爆弾テロで被害を負った『牧者の礼拝(ホントホルスト作)』が展示されています。このテロの恐怖を忘れないようにという意味が込められいるそうです。

DSC02408

回廊の両壁には約1000点もの肖像画が展示されています。ヴァザーリの回廊は、言うなればルネッサンス時代からコンテンポラリーの画家の自画像のみ集めた美術館なのです。

ヴァザーリの回廊の見どころ①新コレクション

数年に1回入れ替えをするそうなのですが、総数約1600の自画像が貯蔵され、その中にはダ・ヴィンチ、レンブラントなどの重鎮の自画像も含まれます。

2015年には127点の現代アーチストのコレクションが追加展示されました。

pezzo1

シャガール、モランディ、デキリコ、ウォーホルなどの自画像も含まれるコレクションの幅の広さには脱帽です。

22

中でもシャガールの自画像がひときわ目立つ存在です。

現在アーチストのコレクションはピッティ宮殿に近づく出口周辺にあり、おすすめの見どころです。

ヴァザーリの回廊の見どころ②秘密の礼拝堂

La-chiesa-di-Santa-Felicita-vista-dal-Corridoio-Vasariano-Firenze-Italia.-Author-and-Copyright-Marco-Ramerini

ヴェッキオ橋をすぎると礼拝室があります。ローマ時代に建立が始まったといわれる、フィレンツェ最古の教会サンタ・フェリチタ教会です。

この教会を通過する際に祈りを捧げないのは罪になると設置した礼拝室で、庶民と交わることなくミサに参加できたそうです。

ヴァザーリの回廊の見どころ③小窓からの眺め

DSC02421

回廊のところどころに現れる小窓から見える街の風景も素晴らしく、一見の価値があります。

今では貴金属店が軒をつらねるヴェッキオ橋ですが、当時は強い匂いを放つ精肉店が立ち並び、店から出たゴミはそのまま川に投げ捨てられていたそうです。

メディチ家のフェルディナンド1世はその悪臭や光景を一掃すべく、橋の上の店を全て宝石店に入れ替えたのが、現代のヴェッキオ橋の姿にも受け継がれているそうです。

メディチ家の人たちも私たちと同じように街の様子を回廊から見ていたのかもしれませんね。

ヴァザーリの回廊ツアーに参加するには

ウフィツィ美術館公式ホームページや他のツアー会社から予約が可能です。

The Vasari Corridor

ツアー会社や季節により価格設定が違うので、リサーチして納得できるツアーを選ぶのがおすすめです。

また、ツアーによって、ウフィツィ美術館の外やヴァザーリの回廊の扉の前など集合場所が異なるので申し込み時に確認が必要です。

ウフィツィ美術館とヴァザーリの回廊の両方見たい方には、コンビネーションチケットもあります。

ウフィツィ美術館は当日チケットを買うと何時間も並ぶことになるので、ネットなどで事前予約がおすすめです。

ネットで予約チケットの購入時に入館時間を決める必要があります。ヴァザーリの回廊のツアー時間と美術館での鑑賞時間を考慮して、入館時間を決めてくださいね。

*ヴァザーリの回廊のツアー後にウフィツィ美術館への再入館はできないので、ご注意を!

アクセス:ウフィツィ美術館は、ドゥオーモから東に徒歩5分、ヴェッキオ宮殿の隣です。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  2. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  3. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  5. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
  6. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  7. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  8. 私たちは、家族3人+犬二匹でバンライフをしています。日本で家は持たず、旅をしながらこの「車のおうち」…
  9. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…

pickup 情報

  1. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  2. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  3. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
PAGE TOP