フランスパリの電車(地下鉄)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

フランス パリ

8月20日、イタリアからフランス パリに到着。 パリのRERという電車も、落書きだらけで、汚れていて、 なんかパリのイメージとはものすごくかけ離れている。

みんな普通に切符を買わずに改札をジャンプして飛び越えてる人、 とにかくすごい光景。

電車って普通、停止線で止まって人が乗り込むけど こっちは違った!

ホームの端で待っていたら電車があれ??

ゆっくり止まってるけど ホームの真ん中より先のほうで止まり、ドアが開いた。

すると皆一斉に猛ダッシュで 走り出し、乗り込んでいた。面白すぎて笑いが止まらない♪

電車乗るのにこんなに走った事がないから笑いすぎておなかが痛い。

降りるときは、自分でボタンを押さないとドアが開かないしくみ。 このボタンがものすごく硬い!

駅はエレベーターがないのでベビーカーの人は本当に大変そうだった。

 

メトロのほうは停車するごとにドアが開き降りれたけど、路線がものすごいカーブがきつく男のパパでも振り回されるほど。

つかまってないと吹っ飛んで怪我しちゃいそう。 話し声が聞こえないほどガタガタうるさくて、

すごく揺れるし、アトラクションに乗ってるみたいでした。 クーラーは利いてなく、小窓が空いている。

パリでもまたパン。 バックパッカーにはつらい国とは聞いていたけど本当だった。

カフェでサラダを食べようものなら軽く10ユーロはかかる。(1ユーロ=103円)

ホテルの近くにはスーパーがあったのでそこで温めるだけのレトルト食品を買い、 ホテルのすごく小さい電気ケトルで一人分ずつ温めて食べました。 朝はフルーツのみ、昼サンドイッチ、夜はレトルト。

あまりにもつらい時には近くに中華屋があったのでビュッフェを食べました。 そこは中華料理のほかに、サーモンのお寿司があって、 ゆいはお寿司だけでおなかいっぱいになり、 あきは、アイスクリームをそんなに食べるの?という程カップいっぱい食べました。 白いお米は本当に美味しい。

フランスの人はこれでもかってぐらいに寿司、てんぷら、中華、シュウマイがめちゃくちゃにお皿てんこ盛りに盛っていて オシャレな国なのにかなりガッカリしました。そしてお寿司を食べながらスパークリングを飲んでいました。

でも、やっぱりおしゃれな国、パリ。 家具屋も花屋もペットショップも街もどこを見てもおしゃれ。 凱旋門もシャンゼリゼ通りもエッフェル塔も写真には納まりきらないくらい すごい迫力!もう一度歩きにいきたいな。 欲を言えば、ブランドショッピングや買い物に時間を費やしてみたい。 インテリア雑貨もすごくオシャレで可愛かった。パリには旅行で来たかった。

夜のエッフェル塔は綺麗で良かったぁ~☆☆☆ 日が沈んだ後、毎正時5分前にキラキラと点滅するのがものすごく綺麗でした。

昼間のエッフェル塔の前ではローラーブレード少年が練習したり パフォーマンスをしたり賑やかです。 この写真はスリラーを踊っていたかな。みんなとっても楽しそうでした

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  2. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  3. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  4. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
  5. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  6. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  7. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  8. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  9. スタートから61日目スタートからの距離2025km…

pickup 情報

  1. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  2. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
  3. 片岡鶴太郎という名前を、お笑い俳優として認識するか、俳優としてか、はたまた画家か。片岡鶴太郎…
PAGE TOP