プーケット パトンボクシングスタジアム(SAINAMYEN STADIUM)でのムエタイ観戦

写真:ファイターゆうきさんと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

yuuma

本場のタイ人たちの格闘と、アジア対ヨーロッパという大会。

日本人は完全にアウェイ。日本人応援者もたぶん一人もいなかった。

応援しているのはファイターのスタッフさんたち、客人は僕らだけ。思わずスタッフさんたちに声かけたらとてもフレンドリーに「応援よろしくお願いします!」

そしてファイターのゆうきさんと写真や握手をさせてもらった。聞けば神奈川県から来たとの事。僕らの故郷だ。

それから応援は、任せておけ!っと。気合入りまくりの応援団一家となった。

プーケットという土地柄もあり半数以上は欧米の観光客で、地元の人たちは最後列に座ってる。だから僕らも観光客用のチケットを捨ててあえて最後列で応援した。

本場とあってタイ人はやっぱり素人が見ても強いと感じた。独特の民族音楽が流れる中で試合は行われる。

いつだったかメキシコの庶民的なプロレスを観戦しに行った時と雰囲気は似ているけど、観光オーラがこっちはちょっと強いかな。

僕らは赤ペンと紙を用意して日の丸を作って日本人を猛アピールし叫びまくった。

異国で尚且つアウェイのリングで戦っている日本人を見て心から感動した。だからその気持ちを届けたかった。

リングサイドまで数メートルしかない、会場内のほとんどが敵ファイターを応援しているけど、精一杯ででかい声で応援すれば、きっと僕らの声は届くはずだ。

家族全員で応援した。

結果は負けてしまったけど、次がある。日本人ファイターは試合後悔しさで倒れこんでいた。会場裏で女性ファイターが悔し涙を流しているのを見て僕もこらえきれず涙した。

ほんとにいい試合だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YUI 12歳

4月28日にムエタイを見に行きました。

その日は日本人が出るというので見に行きたいね!と言っていました。

ヨーロッパ vs アジアだったので、ヨーロッパの人がいっぱい勝って、

「イェーーーイ」

と言っていたのでパパが、

「ヴーっヴーーーっ」

っといっぱい言ってました。ヨーロッパのチームにチャイニーズが入ってたらしく、みんながチャイの事を応援していて

いつもはチャイの事が嫌いなのに都合のいい時だけそうやってするんだ~~~と思いました。

 

女の日本人VS スウェーデン人の時、日本人が最初やられていたのでパパが、

「そんなもやしぶっ飛ばせーーー!」

と、叫んで応援していました。でも、負けてしまい、

 

男の日本人VSタイ人が戦う番になり、ちょっとやられたのでパパが、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「日本の強さを見せてやれー!!!」

「日本は強いぞー!!!」

と叫んでいました。

「タイ人は嫌いじゃないけどさ!」

と、言ったのでボクシングの人がちょっと笑ってしまいました。

でも、強い人だったのでみんなで応援していました。

けれど、メダルを取られてしまったので男の人は泣きそうで、悔しそうでした。

 

最初、日本人はボクシングに強いので勝つかな?と、思っていました。けれど「タイ」だったので日本人を応援してる人が少なく、

全員負けてしまいました。

最後に男の人と写真を撮って帰りました。でも、これからも頑張ってほしいと思いました。

帰りに、ボクシング代に入っていた往復タクシーの場所に行って探しても、いなくて先にタクシーが帰っていました。パパは、

「ふざけんじゃねーよ。ふざけてるね!」と、いい、せっかくタクシー代払ったのに、、、、

これからはもう自分たちでタクシーつかまえようね!と話していました。

でもその日は、ボクシングを見れて良かったです。

次は、ニューハーフショーに行きたいね。と話していました。

 

AKI 9歳

ムエタイを見にはじめて来ました。さいしょ、入るときティーシャツを4まいもらいました。

そして、ポップコーンとみず、ビールをかいました。

そしてはじまりました。

日本人のユリさんとゆうきさんという人がでてました。

日本人のユリさんよりスウェーデンのほうがかちました。

パパのおうえんがすごかったです。パパのよく言ったことば。

「日本のつよさをみせてやれ!」と、「もやしなんてぶっころせ!!」でした。

さいしょ、もやしがどういういみかわかりませんでした(^▽^)

そして、おうえんしても二人ともまけてしまいました。

ゆうきさんのほうはおしかったです。(>_<)

パパがさけんだとき、ほとんどみんなこっちをむきました。

はずかしかったし、おもしろかったです。

 

■とっても迫力間の伝わるエスジムスタッフさんのブログです。

2014年5月18日 (日)
東京・ディファ有明で試合があるそうです!!!ぜひ、この迫力をスタジアムで味わってもらいたい!

こちらがユリさん

http://ameblo.jp/sgymstaff/entry-11839355932.html?frm_src=thumb_module

 

こちらがゆうきさん

http://ameblo.jp/sgymstaff/entry-11837390466.html?frm_src=thumb_module

 

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  2. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  3. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  4. 私たちは、家族3人+犬二匹でバンライフをしています。日本で家は持たず、旅をしながらこの「車のおうち」…
  5. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  6. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  7. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  8. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  9. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…

pickup 情報

  1. はじめに「旅」は誰もがその規模や考え方は違っても体験しますが、「バックパッカー」、「世界一周…
  2. 北アメリカ大陸は大雑把に分けて4つに分かれます。カナダ、アメリカ、メキシコ、カリブ海諸国です…
  3. はじめに「海外旅行」で「夜遊び」とくれば、男としては本領発揮! と気勢を上げるところでしょう…
PAGE TOP