プーケットのウィークエンドマーケット

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

2014年5月4日

※前の日記の「プーケットでソンテオに乗る」の続き。

マーケットに到着。もうだいぶお店も開き始め、Barとかにはお客さんもいて、賑わい始めてきた。

食べ物の屋台、洋服、化粧品、コピー商品のすさまじい量、面白い掘り出し物とかあって見てるだけでも十分楽しい!!!
タイといえばマーケットに来なくっちゃね!
地元の人とかも買い物に来てるからよりタイらしさが味わえるし。

IMG_6510

子供たちも買いたいものがあったら自分で注文して、値段も聞いたりしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆいは寿司が食べたいというけど、これは氷で冷やしてないし、やめておこう。。。ってことになり、

 

このめちゃくちゃ甘そ~なキャンディ?が気になり、値段を聞くあき。

IMG_6515

「一つ、2バーツだって!」

五個くらい買って食べてみた。味は、、、、
思っていたほど甘くない!なんか、サツマイモの餡で和菓子みたいだね~

 

歩きながら食べて、蒸し暑くて汗もダラダラかくけど、面白い店番の人との会話もまた楽しい~~

そういえば、よく道を歩いていると、

「ヤマ モト ヤマ~」とか、「アジノ モト~」って声をかけられる。
そんなに日本人はアジノモト使ってないし(笑)
ヤマモトヤマの海苔なんて高級な感じで買ったこともないし(笑)

タイ料理はものすごい量の味の素が使われているんだって!

マッサージ屋のおばちゃんがそう教えてくれた。

 

きっと、中国人と似てるし見分けがつかないから、日本の物で声かけて

振り向けば日本人だ!って見分けているんだと思った。

「エクスキューズミー」は「すみません。」

と言うんだよ。と教えると、すぐ覚えてくれるんだけど

「スミマセヌ~」

ってなってた。けどまぁ、きっと日本の方たちは立ち止まってくれることでしょう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

サトウキビの生絞りジュース。薄いグリーン色で氷が解けてくると丁度いい甘さで飲める。

 

私たちは携帯を持ち歩いていなく、それも一台しか持ってきていないので、常に一緒に行動だからゆっくり見れない~、、、、、

(緊急時の時だけ使うのでいつもバックセーフしたバックパックに入ってます。)

パパはあきとあきの服を探しに、私とゆいは服を探しにちょっと別行動してみた。

「この道沿いに居てね~」

と言われ、道沿いで買い物してたのに私たちが見つからなかったらしく、同じ道を2往復していて、

「ここに居たのか~、一着に悩みすぎだろ~」と、汗だくになりながらキレ気味の主人。

まぁ買いたかったものも買えたし♪一応、「ごめんごめん!」と謝り、明日の昼ご飯を買って、

TAXIと値段交渉し、ホテルに向かいました。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. パパ式自作キャンピングカー旅人仕様 - 再制作中!だいぶカタチになってきました。この後二階の…
  2. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  4. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  5. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  6. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  7. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  8. 子供を連れて旅をしていると、よく聞かれるんです。学校はどうすんの?って。必要無いと思…
  9. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  10. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…

最近の人気記事

  1. トマトに始まりトマトに終わる「トマティーナ」(La Tomatina)/スペイン・バレンシア…
  2. 日本にもいくつもの美しい花畑があり、デートやレジャー、観光など、花畑を目的にその地域を訪れる…
  3. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
PAGE TOP