ボリビア・ラパスで出会った、日本料理屋4店を格付けしてみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

どんなに楽しい海外旅行でも、旅が進むにつれて飽きてしまうもの。それが食でしょう。

突然ですが、南米の食は、どこもよく味が似ているんです。

どこへ行っても鶏肉の炒め物にポテト、葉物の野菜。キヌアのスープばっかりなのです。もちろん、店ごとに細かな違いはありますが、2週間も南米にいた私にはかなり厳しかったのは事実。

南米料理の基本スタイル

南米料理の基本スタイル

そこで今回は、ボリビア・ラパスで出会える日本食レストランの中で、特に美味しかったレストランについて紹介していきたいと思います。

1.けんちゃんー☆☆☆☆

一言コメント:日本食が食べたきゃ、まずはココ!

IMG_4797

ラパスの学生広場にあり、中心地からはやや遠いです。

けんちゃんは、テレビで紹介されたこともあり、日本人が多く訪れるラパスを代表する日本食レストランです。親切な店員さんが多い印象を抱きました。

料理が出てくるまでの待ち時間は、日本のマンガを読んで待つことができます(比較的ポピュラーなものが多かったです)。

IMG_4796

私はラーメンを注文したのですが、しっかりと鶏のダシが出ていて、チャーシューもやわらかい。日本のラーメン屋にはもちろん及びませんが、フードコートにあるようなラーメンよりは美味しかったと思います。

2.ブルーベリーズ・カフェ(Blueberries Cafe)ー☆☆☆

一言コメント:テリヤキTeriyakiは南米共通語!

IMG_4823

少し中心地から離れているのが残念ですが、タクシーなどでアクセスすると良いでしょう。

日本人が経営することのお店では、何といってもオススメが照り焼きチキン。実は南米では醤油ベースの「照り焼き」味の料理の人気が非常に高く、日本と変わらないハイクオリティな照り焼き味の料理を食べられる店が多いのです。

IMG_4822

白米がやや柔らかかったですが、久しぶりの日本食だと思えばノープロブレム!

3.よしこ(Yoshiko’s Restaurant)ー☆☆☆☆☆

一言コメント:知名度は低いが、確かな定食のクオリティ

IMG_4831

肌寒い夜のラパスに訪れました。ウェルカムドリンクとしてほうじ茶が出てきて、日本人としては非常にありがたかったです。

最もコストパフォーマンスが高そうなのは、定食セットでした。白いご飯、お味噌汁、おしんこやお刺身(セビーチェという魚の種類)、天ぷら(野菜天やえび天)など、本当の日本の味を提供してくれました。

IMG_4830

南米でお刺身を食べることに若干不安もありましたが、特に食中毒にかかることはありませんでした。ボリビアは水道水が飲めない国なので、その分かなりを気を使っているのでしょう。

ボリビアということもあって、定食にそれほど期待していなかったのですが、素晴らしいお味に大満足です。また、こちらはけんちゃんとは異なり、日本人以外の観光客が多かったです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

番外編.一番ホテル

一言コメント:朝こそ和食が食べたいあなたへ

IMG_4832

こちらは番外編。日本人が経営している宿、一番ホテルでは、和食の朝食を食べることができるのが、最大のオススメポイントです。「昼食や夕食だけでなく、朝食こそ日本食が食べたい」という日本人は大井のではないでしょうか。

オーナーの南雲さんは日系2世の方で、一見厳つい顔つきですが、話してみると親切そのもの。ボリビアでの旅行について様々なアドバイスをもらうことができます。

IMG_4804

その南雲さんが、ボリビアにある食材で丹精込めてつくる朝ごはんは、白米とみそ汁、卵焼きなど、まさに日本の朝ごはん。忘れかけていた感覚を取り戻すことができました。

さいごに

いかがでしたか?ラパスは日系移民がとても多く移住していたという背景もあり、私たちが思う以上にクオリティの高い日本食にありつくことができます。
皆さんもリサーチしながら、ラパスの日本食を堪能してみましょう。きっと旅の疲れを癒してくれるはずです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  3. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  4. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  5. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  6. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  7. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  8. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  9. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  10. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…

pickup 情報

  1. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  2. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
  3. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…
PAGE TOP