マカオの世界遺産全30を制覇しよう③

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

世界遺産巡り2日目です。①、②に続き、地図を参考にしながら一緒に世界遺産巡りをしている気分になってみてください。
地図

2日目のスタート地点は、No9.聖オーガスティン教会。

8.聖オーガスティン広場、9.聖オーガスティン教会

聖オーガスティン広場
聖オーガスティン広場を囲んで、聖オーガスティン教会、ドン・ペドロ5世劇場、聖ヨセフ修道院、ロバート・ホー・トン図書館が立ち並びます。
聖オーガスティン教会
聖オーガスティン教会はスペインの聖オーガスティン修道会によって1591年に創設されました。昔、大雨の際に司祭達がヤシの葉を使って屋根の補強していたところ、葉が風によって浮遊する竜の髭のように見え、地元の中国人は「竜の髭寺院」と呼んでいました。

開館時間: 10:00~18:00
入館料:無料

 

10.ドン・ペドロ5世劇場

ドン・ペドロ5世劇場
1860年に中国で最初の西洋式劇場として建設されました。普段は内部は公開されていませんが、公共の催事やオーケストラのコンサートなどで使用されています。

開館時間: ー

 

7.聖ヨセフ修道院及び聖堂

聖ヨセフ修道院及び教会
修道院は1728年に、聖堂は1758年にイエズス会によって建設されました。中国や日本などのアジアにおける宣教活動の拠点となっていた場所です。修道院は見学不可です。

開館時間:9:00~18:00 (修道院は非公開)
入館料:無料

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

11.ロバート・ホー・トン図書館

ロバート・ホー・トン図書館
1894年以前に建築されたもので、元はポルトガル人の邸宅でした。1918年に香港の事業家ロバート・ホー・トン氏がこれを購入し、別荘として利用していましたが、彼の死後、遺言に従ってマカオ政府に寄贈され、1958年に図書館に改築されました。

開館時間:10:00~19:00 (月曜から土曜)、 11:00~19:00 (日曜)
入館料:無料

 

6.聖ローレンス教会

聖ローレンス教会
16世紀中頃にイエズス会によって建てられたマカオで最も古い教会の1つです。かつては海を臨む水辺にあり、風の善し悪しが航海の安全につながったので、船乗りの家族達は、この教会に集まり、よい風が吹くようにと祈り、彼らの帰還を待ち続けたことから、「風順堂」と名づけられました。

開館時間:7:00~21:00
入館料:無料

 

4.鄭家屋敷

鄭家屋敷
1869年以前に建てられた屋敷は、中国の文豪・鄭観應の邸宅でした。複数の建物と中庭で構成されており、伝統的な中国式住居に西洋の建築手法を取り入れています。

開館時間: 10:00〜18:00 (水曜日休館)
入場料: 無料

 

5.リウラ広場

リラウ広場
この辺りはポルトガル人が最初に住み始めた地域の1つです。
リラウとはポルトガル語で山からでた湧き水を意味し、マカオの貴重な水の供給源でした。ポルトガルの言い伝えに「リラウの水を飲んだ者はマカオを決して忘れない」とあり、リラウ広場に対する地元民のな想いが感じられます。

開園時間:-

 

3.港務局

港務局
1874年、マカオの警察部隊を補強するためにインド・ゴアから派遣された連隊の宿泊施設として建築されました。現在は海事水務局として使用されています。

開館時間: 9:00~18:00(回廊のみ見学可)
入館料:無料

 

1.媽閣廟

P1020529
航海の女神「阿媽(アマ)」を祀っています。媽閣の広東語読み“マーガオ”がマカオの名前の由来になったとされています。正門、鳥居、4つのお堂で構成されています。百年夫婦樹という木があり、恋愛にもご利益があるようです。

開館時間:7:00~18:00
入館料:無料

 

2.バラ広場

バラ広場
媽閣廟の前に広がる広場。波模様に敷き詰められた石畳は流れる水を連想させます。

開園時間:-
①から③までお付き合い頂きありがとうございます。

世界遺産全30箇所全て制覇です!!

マカオを訪れた際は、是非実際に巡ってみてください。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  3. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  4. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  5. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  6. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  8. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  9. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  10. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…

pickup 情報

  1. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  2. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
  3. はじめに「世界一周人」と「釣りキチ」の共通点は、惹かれる場所があれば、あらゆる苦をものともせ…
PAGE TOP