マチュピチュで温泉?天然温泉アグアス・カリエンテスの8つの特徴

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

多くの人が憧れる、死ぬまでに行きたい絶景、マチュピチュ。

そんなマチュピチュのふもとにあるマチュピチュ村に、天然の温泉があるのをご存知ですか?この記事ではマチュピチュ村の温泉についてご紹介します。

基本情報

温泉の名は、アグアス・カリエンテス。ペルーの公用語であるスペイン語で「暖かい水」という意味があり、温泉のことを指しています。
マチュピチュの中心地から少し離れた場所にあり、ゆるやかな坂道を登った先にあります。

特徴1. 水着着用

海外の温泉ではどこでもそうですが、水着を着用して入ります。私は持参しましたが、持っていない場合も、温泉に向かう道すがらに水着とタオルのレンタルをする店がいくつかあります。

特徴2. 荷物はフロントで預ける

IMG_4536

荷物は基本的にフロントで預けます。確か1ソルくらいかかるはずですが、鍵も渡されるため、安全です。オススメは、最初はフロントをスルーして更衣室に行って着替え、着替え終わったら荷物を預けることです。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

特徴3. 基本的に立って入る

IMG_4537

日本の温泉とかなり違う特徴として、アグアス・カリエンテスは立って入ります。子供用の手前の温泉は低めですが、奥の方は水深が1mちょいあってそれなりに深いです。
なので座ってゆったり、といったイメージではないかもしれません。壁際にいると寄りかかる場所ができるので落ち着きます。

特徴4. ぬるめの温度

体感36〜38度くらいの、ぬるめの温度です。夏場はちょうどいいかもしれませんが、冬だと少し肌寒いかもしれません。実際私が行った2月だと、もう少し暖かいお湯に浸かりたくなりました。
ですが、長湯できるので、マチュピチュ登山などで疲れた身体を癒すには最適の温度と言えるかもしれません。

特徴5. ちょっと汚いかも

normal_aguas-calientes-hotspring

入浴していて、若干の汚さはあったと思います。まず、入浴前に身体を流すシャワーなどがないこと。身体の汚れがついたそのままの状態で入らなければなりません。
また、源泉の色が若干茶色いようで、それも少し汚れた印象を受けました。海外の方は頭までつけたりしていましたが、あまりオススメできません…。

ちなみに、温泉の成分のせいで少し独特のにおいがします。一緒に入っていた日本人の男性は「ちょっとにおいが気になる」と言って早々に出てしまいました。

特徴6. 入浴しながら飲み物が飲める

日本のプールなどでもありますが、入浴しながらソフトドリンクやアルコールが飲めます。各温泉のそばにメニューが置いてあるので、お兄さんが通りかかった時に声をかけて注文します。

私は注文はしなかったので、清算方法がよく分からなかったのですが、恐らく後払いでしょうか。

特徴7. 安い

IMG_4530

10ソル=300-400円程度に利用できるのがメリットの一つです。日本の安い銭湯と同額くらいでしょうか。この値段のおかげで、滞在した2日両日とも温泉を利用できました。

特徴8. 荘厳な景色が望める

IMG_4539

アグアス・カリエンテスは、村とは少し離れた場所にあるため、人工物があまり目に入らず、マチュピチュの雄大な自然を満喫しながら温泉に浸かることができます。
山が入り組んでいるため、その景色は圧巻。晴れている日もいいですが、少し雲がかかっている方がより荘厳に映ります。

海外でする温泉体験も素敵!

マチュピチュで入浴したアグアス・カリエンテスでは、日本ではなかなかない経験をすることができました。
同じ温泉でも、文化ごとにかなり違いがあるものですね。
マチュピチュを訪れた際は、疲れを癒しに温泉に浸かってみては?

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    type2完成!~旅をして、さらに改良し使いやすく、おしゃれになりました!自作キャンピングカー旅…
  2. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  3. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  4. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  5. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  6. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  7. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  8. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  9. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  10. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…

pickup 情報

  1. 見るより、今年は参加したい! 「リオのカーニバル」/ブラジル・リオデジャネイロ「元祖」ではな…
  2. ヒッピーにとってのヒッピートレイルヒッピーたちは、「LOVE&PEACE」や精神的自…
  3. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
PAGE TOP