マリファナの吸い方アレコレ~元大麻愛好者が写真付きで説明

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

若い頃はドラッグ漬けで夜の仕事、20代から大麻天国と言われている石垣島で暮らし、30代は子連れで海外を放浪し、現在は南の島で村づくりをしている、怪しい40代のヒッピーもどきが、この記事を書いています。(プロフィール参照

ここでは、マリファナ吸引に用いられることのある、代表的な方法をいくつか紹介していきます。

マリファナの吸い方で最も大切なことは「吸った煙を肺に長く溜める事」です!吸ってすぐに煙を吐き出さずに、最低15秒は肺に溜めて、ゆっくりと吐き出そう!

マリファナを巻いて吸う3つの方法

①ジョイント

ジョイントとは簡単にいうと、マリファナを紙で巻いて火をつけ煙を吸うスタイル。一般的な「タバコ」ともっとも近いもので、ポピュラーなマリファナ吸引法です。

使用される紙の原料は麻や竹が多く、半透明のものがほとんど。そこに、「クラッチ」や「ローチー」と呼ばれる紙フィルターをつけることで、手に持ち口に加えた状態で安定した形を保つことができるようになっています。

写真:厚紙を使って自作でクラッチを作ります。

②ブラント

ジョイントと同じくタバコスタイルですが、巻く紙に葉巻と同じようにタバコの葉を使うのがブラントです。(下の写真参照)

ブラントの場合、紙の色が茶色であること、紙そのものにタバコの味とニコチンが含まれていることから、マリファナを吸いたいけれどタバコも…というユーザーが好んで用います。また、ブラントの紙はジョイント用よりも大きいため、巻きやすいことから初心者に、多めのマリファナでも包みやすいことから、ヘビーユーザーにも適しています。

③スプリフ

タバコとマリファナをミックスしてタバコスタイルで吸うのがスプリフスです。巻き方などは基本的にジョイントと同じ。

写真:左から「タバコ」「プラント」「ジョイント紙」「大麻」

マリファナをパイプで吸う方法

パイプはボウルと呼ばれるマリファナを詰める部分、その横にある小さな空気穴、吸い口の3点がセット。ボウルに刻んだマリファナをいれて火をつけて、抽出される煙を吸い込みます。空気穴は指先で開閉することで、マリファナを着火させたり火を消したりすることができます。吸い口はボウルの反対側にあります。

紙で巻いて吸うタイプとの違いは、簡単さにあるでしょう。吸うたびに巻く必要がないので、うまく巻けない不器用な人や、柔らかく細いジョイントからうまく吸いあげることができない人にとっては救世主ともいえます。

また大きな長所として、吸入するマリファナの量を加減できるため、節約したい人・量を調節したい人にとっても非常に使いやすいといえます。

一方で、空気穴で調節しながら吸うため、勢いよく燃やしてしまい、熱い煙で喉を傷めることもあるので、注意が必要です。

写真:木製パイプとガラスパイプ。左下の丸いケースはマリファナを砕く「グラインダー」

マリファナをボングで吸う方法

聞きなれない言葉ですが、水をフィルター替わりにする「水パイプ」をボングと呼びます。

マリファナから出た煙は一度水を通過するため、タールやニコチンなどの身体に害のある物質をある程度取り除けます。また、煙の味もマイルドになるため、吸いやすくなるといわれていて、女性にも人気があります。ただし、マリファナ成分の抽出率が高く、摂取効率もアップするため、一度に多くのマリファナを摂取できてしまうので、ビギナーよりもベテラン愛用家向けといえます。

さらに、ボングは味のアレンジが可能です。水のかわりにジュースやアルコール類を入れることで、香りや味を楽しんだり、氷をいれてひんやりとした煙を味わうこともできます。

またペットボトルとキッチン用アルミで簡単にボングが作れます。

写真:周りのカラフルな筒がボング。中心にちりばめられた器具がパイプ。

マリファナを水タバコで吸う方法

アラビア語で「シーシャ」、ヒンドゥー語で「フーカ」または「フッカー」とも呼ばれるものです。ボングと同じく水を介してマリファナを吸引する道具です。

水タバコという呼び名からわかるように、もともとはタバコやハーブ(ドラッグの俗名ではなく純粋なハーブ)などを使った清涼剤的な利用もされていますが、マリファナ吸引にも使えます。

水パイプやボングと似ていますが微妙な違いもあります。水パイプやボングは刻んだマリファナに直接火をつけ、そこから出た煙をフィルターがわりの水に通してから吸引します。シーシャなどの水タバコはマリファナを炭などで熱して蒸すことで煙をだし、それをやはり水に通してから吸引します。

直接火をつけるか、蒸し焼きするかの違いですが、味わいは大きく異なります。ボング以上にマイルドな味わいを楽しめるとされているほか、火をつけないことから、マリファナとともにさまざまなフレーバータバコを混ぜて使いやすい点や、まわし喫いを楽しめる点も人気の秘密でしょう。

写真:アジアのチープなシーシャ

マリファナをヴェポライザーで吸う方法

ヴェポライザーは、ドライハーブを加熱して気化させることで吸引できるようにする機械です。火ではなく電気を使うため、熱の温度は低くなりますが、マリファナ吸引には問題なく使えます。マリファナを燃やさずに蒸気化するため、タールやニコチンなどの有害物質の発生を削減できます。健康リスクを下げることができるというわけです。

火を使わないことから安全性も高く、近年はUSBなどで簡単に充電もできるため、携帯性が高まり大変便利になっています。本体はそれなりに高額ですが、長く使えるものなので、ランニングコストも抑えられます。

大麻(マリファナ)の代用植物の研究とブレンドハーブの販売

 

写真:ヴェポライザーにマリファナをほぐして詰めて吸う

マリファナをベイプで吸う方法

最近はヴェポライザーでもリキッドを使うことがあり、ベイプの区別はほとんどつかなくなってきていますが、厳密には別物。電子タバコの一種であるベイプもマリファナ吸引器として使うことができます。ヴェポライザーと同じく、燃焼させるのではなく蒸気化させて吸引するので、健康リスクは大幅に削減できます。

また、ほかの吸引装置との大きな違いとしてあげられるのが、乾燥させた葉っぱではなく、抽出リキッドを使うところ。ちなみに日本ではCBDリキッドが合法で手に入りますが覚醒しません。THCリキッドは海外やヤクザ屋さんルートで購入可能です。

写真:べイプ(大麻オイル部分が交換式になっている)

※記者は日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。

大麻(マリファナ)の代用植物の研究とブレンドハーブの販売

この世は肉体も死も無いよ「意識と量子論」電磁エネルギーと選択意識回路の世界

元大麻愛好者の告白~大麻作用と「覚醒」で体感した神秘の世界

CBDオイルは危険!THC+CBDが大麻本来の姿です。NO!精製

日本での大麻の買い方「入手方法」プッシャー(売人)は消滅、悪友繋がりに限る

日本から奪われた大麻の歴史、大麻取締法が作られた本当の理由、そして今後の未来

マリファナの吸い方アレコレ~ジョイントからボングまで色々あるよ

コロナから第三次世界大戦は表面化。歴史の罠、日本と世界の真実の歴史を解く

ミッション1「自由」

相対性理論?

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

大麻・マリファナ販売

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. やっぱり南という事で、徳之島を目指して南下。徳之島は日本でも数少ない「軍事基地の無い島」だから引き寄…
  2. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  3. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  4. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  5. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
  6. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  7. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  8. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  9. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…

pickup 情報

  1. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  2. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…
  3. ポロリで幸運をゲット! 女も男も熱狂する「ニューオリンズ・マルディグラ」(New Orleans…
PAGE TOP