ラオス・パクセーからタイ・バンコクへ陸路移動してみた!

今回は、ネットで探してもあまり情報がなかったので、ラオスからタイへの陸路移動について書いていきます!移動時間こそ長いですが、かなり快適な旅だったので、それも含めて書いていきます!!!

チケット

ラオスからタイへは、多くのバスが出ているので、心配しなくても大丈夫!パクセーにそこらじゅうにあるチケット売り場から、チケットを購入できます。値段は普通のバスで22000キープから25000キープほど。だいたい同じですが、僕は一つだけ22000キープのチケットがあったのでそれを買いました。あとはだいたい25000キープです。
バスの他にも寝台列車のようなものがありましたが、そちらはやや高額でした。

出発

午後15時、チケット売り場に行くと、バンがピックアップしてくれます。他の乗客とともにラオスの出国手続き上へ。
パクセーからは1時間半くらいでした。非常に近い。
image
まず、4番の窓口に、パスポートと入国の際に記入していた出国カードを提出します。その後、左隣にある窓口にて、10000キープを支払い領収書をもらいます。領収書を受け取ったら、再び4番の窓口にてパスポートを受け取り、出国オーケー!もしお金を持っていないとしても、ATMもあるのでご安心を!だいたい10分くらいで終わります!手続きが終わると、近くに立っているおばさんがバーツに両替をしてくれます。
両替を済ませたら歩いてタイに入国。
image image
3分くらい歩きます。地下のような場所を抜けると、タイの手続き所に到着。タイの出入国カードを渡されるので記入します。記入をしたら、空港のようなパスポートを見せる場所があるので、入国許可を頂戴して無事完了!荷物検査はなぜか大きな荷物を通すだけで終わり(笑)すごく適当です。
荷物検査を終えると、5分程度待ち、トゥクトゥクでバスステーションまで移動。5分もかかりません。

想像以上の快適さ!

image

バスステーションで約1時間程度待機。ここには売店等がありましたが、キープでもバーツでも買い物ができました。ここでそれぞれがこの後の食料を調達したり、小さなレストランのような場所で食事を済ませたりします。
image
45分間くらい待っていると、僕らが乗るバスが到着。それがめちゃめちゃでかい!そして綺麗!VOLVOって書いてある!笑
バスが到着すると、チケット係のような女性が行き先を聞いてくれて「このバスだよ」と教えてくれるので乗り間違えることはなさそうでう。
imageimage image
そしてバスに乗り込むと、やはり想像をはるかに超える快適さでびっくりしました!!2階立てで、乗車部分はは2階でした。乗客もそんなに多くなかったので、2つの席を貸し切り。バスに一緒に乗車するバスガールだっています。軽い食事だってもらえます。
image
途中何回か休憩を挟みながら、目的地に向かいます。同時に、タイ人が途中から乗り込んでくることもありました。

このサイトを運営している家族

貯金30万円、財産すべてをザックに詰め込み、7歳と9歳の娘たちを連れて地球放浪の旅に出たのが10年前。今になっても着地できず、旅は年々刺激と学びが増すばかり。

私たちの「超刺激的な旅ブログ」を読む👇
https://yuuma7.com/blog/

事故目撃!×2

あたりが暗くなり始めた頃、外を見るとかなり天気が荒れています。雷と雨が降りしきる中、事件は起きました。まずは衝突事故を目撃。外の人だかりを見ると、一つの車の側面がぺちゃんこになり、救急車が止まっています。どういう経緯でそうなったのかはわかりませんが、大きな事故でした。が!そこからさらに走ること15分。今度はさらに大きな事故に遭遇!車がひっくり返ってる!?!?
道の外側の少し坂になっているところに、大きな車がひっくり返っているではありませんか!これは相当の事故です。無事だったのでしょうか、、、
たまたま2回も事故を目撃したのか、それともタイでは頻繁に事故が起きるのかはわかりませんが、、、

無事到着!

そんなこんなで、朝5時半頃。タイのバスステーションに到着したしました。前述した通りすごく快適だったのであまり苦ではありませんでしたよ!
バスが到着すると、一瞬でタクシーの客引きが引くくらい寄ってきます(笑)バスステーションの周りには、ローカルなお店や屋台がいくつか並び、タクシーが大量に止まっています。スワンナプーム国際空港からは少し離れているので、タクシーで行くことになります。が、非常に高額でした。30分くらい乗って700バーツ。ぼったくられてるのかもしれませんが、どんなに戦っても、どの運転手に聞いても同じ値段でした。ラオスからタイへの移動とそんなに変わらないじゃないか!笑
image image

スワンナプーム国際空港

image

綺麗な朝焼けとともに、スワンナプーム国際空港に到着。よかったよかった。
ちなみにこの空港は、ちょっとログインが面倒くさいけどとても早いWi-Fiが利用できますので、快適に過ごすことができますよ!
皆さんも、陸路移動はどうなるか不安かもしれませんが、結局何とかなるので、ぜひチャレンジしてみてください!!

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. やっぱり南という事で、徳之島を目指して南下。徳之島は日本でも数少ない「軍事基地の無い島」だから引き寄…
  2. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  3. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
  4. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  5. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  6. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  7. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  8. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  9. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  10. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

pickup 情報

  1. 激アツな音楽にハイテンションなオーディエンス。普段は大人しくしている人でも会場に行ってしまえ…
  2. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  3. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…
PAGE TOP