ラパス名物「おばプロ」~チョリータス・ルチャドラスを見学!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

60621_368630799918789_498622619_n伝統的衣装で激しく戦う通称「おばプロ」

南米ボリビアの首都ラパスでは、おばさん達のプロレスを観戦できる通称「おばプロ」なるものが流行している。

正式名称は、スペイン語で「チョリータス・ルチャドラス」と呼ばれ、

「チョリータ」=大きくふくらんだスカートと色鮮やかなショール、山高帽などの伝統衣装に身を包んだ先住民女性の愛称

「ルチャドラス」=レスリング

として、子供からお年寄り、貧しい人から金持ちまで市民の皆に親しまれている。

プロレスに関して自分はあまり興味はなかったが、ラパス名物と言われるものであるし、インディヘナの伝統衣装もいろいろ見てみたくて会場へ足を運んだ。

149063_368631066585429_32844244_nラパスでも有数の貧困街「エル・アルト」

おばプロが開催されるのは、毎週日曜の夕方から夜にかけて。

そして、会場となる体育館があるのはダウンタウンから少し離れた山の方にある「エル・アルト」という街。

この街はラパスでも有数の貧困街であり、治安には十分注意が必要である。

ツアーで行くのが最も安全だが、近くにある「泥棒市」と呼ばれる市場も覗きたかったので、現地で出会った旅行者と2人でタクシーで向かった。

「泥棒市」では、日用品から電化製品まで何でも破格の値段で手に入るが、隣国などから盗んできたものを売っているという噂もある・・・。

実際に、iPhoneが売られているのを見たが、中身を見てみると明らかに日本人のアドレス帳がそのまま残っていた。

本当に強盗やスリの多い街だから、残念だが、このiPhoneもどこかの日本人観光客の被害かもしれない。

483618_368630906585445_1166010215_nおばちゃんの白熱の戦いに大興奮!!

開場近くなると、チケットブースに人が並ぶ。

おしゃれなチケットにはトイレ券とお菓子・お土産がセットになっており、こういうアイデアはなかなか面白いなとボリビア人の知恵に感心する。

試合の始めのほうは前座で、いわゆる「ルチャリブレ」と呼ばれる普通のプロレス。

中盤頃になって、インディヘナのおばちゃんがリングに登場すると、会場のボルテージは一気に上がる。

堂々とパンチラを繰り広げながら、男性レフリーを投げ飛ばし、おばちゃん同士で髪の毛の引っ張り合いの殴り合い、会場にいる客のほうにも卵やら椅子が飛んでくる。

試合の流れは非常にわかりやすく、ヒーロー(善玉)がでてくると観客は歓喜と拍手で応援し、ヒール(悪役)が出てくると一斉にブーイング。

最終的にはヒールを倒し、一件落着という流れ。

こういう娯楽は言葉がわからなくても楽しめるから面白い。

この街には貧しくて学校へ通えなかったり、言葉を読めなかったりする人もいるだろう。

だからこそ、こういった誰が見ても興奮して楽しめるエンターテイメントが人気となっているのかもしれない。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万~320万円。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

579605_368630766585459_284721579_n貧困と差別に立ち向かう先住民の誇り

楽しいエンターテイメントとして市民に愛されている「おばプロ」だが、標高約4000mの高地でこれだけ激しい戦いをするというのはおそらく厳しいトレーニングと覚悟が必要である。

「チョリータ・レスリング協会」によると、女子プロレスは1970年代からすでにあったが、当時は普通のレスラーの格好をしていたという。

しかし、プロレス人気はだんだんと下降をたどり、集客率も悪くなったのだそう。

そこで思いついたのが、伝統衣装を身につけて戦うというスタイルだった。

もちろん、女性が下着を見せながら戦うということへの偏見、伝統を侮辱しているというような批判も多かったであろうが、プロレスという方法で皆を笑顔にしたい、戦うことで貧困や差別へ立ち向かう姿勢を見せたいという熱い思いが今多くの人に伝わっているのであろう。

そして、現代社会の中でも伝統的衣装を身につけることによって、先住民としてのアイデンティティ、若者ファッションとしての新たな文化、古き良きものは残していかなければならないという精神を強く感じられる、それが「ラパスのおばプロ」なのである。

575730_368630876585448_1457728635_n

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

旅が仕事YUUMA

求人

村人ブログ

神崎竜馬

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

Family – pickup

  1. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  3. ※写真: TRAVELER'S NOTE スタートから44日目~47日目琵琶湖志…
  4. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  5. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  6. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  7. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  8. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  9. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …

注目記事

ピックアップ記事

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP