ロシアが誇るのは面積だけじゃない!女子も必見メルヘンな建築たち

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

DSC00305

広大な土地、寒冷な気候。シベリア鉄道にバイカル湖、ピロシキ、ボルシチ――世界一の面積を誇ることで有名なロシアという国に皆さんはどんなイメージを持っていますか?
『名前も位置も国旗も勿論知っているけれど、どんな国なのかあまりイメージがない』という方が多いのではないでしょうか。

これを読めば、きっとあなたの中のロシアのイメージが変わること間違いなし!?

おもちゃ箱から飛び出したようなメルヘンチックな建造物!

DSC00283のコピー

玉ねぎ型のドームに、細部まで隅々と細かなモザイクの装飾が施されたこの建物。

これが、ロシア西部の観光都市、サンクトペテルブルクにある『血の上の救世主教会』という、ロシア正教会の聖堂。

ロシア語では「Храм Спаса на Крови(スパース・ナ・クラヴィー教会)」と表されるこの聖堂ですが、その物騒な名前の響きとは裏腹に美しいこの外観は、きっと一度見聞きしたら忘れないはず……!

様々なニックネームを付けられた背景。本名とは?

1881年、ロマノフ朝皇帝アレクサンドル2世の暗殺がきっかけで、その弔意を表すため、1883年に皇帝が暗殺された場所に建立されたのがこの教会。
『血の上の救世主教会』というおどろおどろしいニックネームの由来もそこから来ているよう。

DSC00363

街を流れる美しいこのグリボエードフ運河。この運河のすぐ脇に、『血の上の救世主』は建っています。
この運河が、皇帝暗殺の事件現場だったのですね……。

そして時は流れてソビエト連邦時代――無神論を唄うその政権下では、ロシア帝国の国教であった正教は多数の教会や修道院の閉鎖、財産の没収という弾圧を受けることになります。

ロシア正教の聖堂であるこの建物も勿論例外ではなく、その弾圧を受け閉鎖させられてしまいます。

教会としての役目を果たさなくなったこの建物は、第二次世界大戦中には、なんと野菜を保管する倉庫として使用されたそう。
そのことから、人々はこの建物を『ジャガイモの上の教会』や『ジャガイモの救世主』などと揶揄するようになったのです。

さてさて、そんな様々なニックネームを付けられてきたこの聖堂の本名は『ハリストス復活大聖堂』。
イエス・キリストの復活を記憶する大聖堂であり、「ハリストス」というのは、正教会においてのキリストのことを指します。

外見だけじゃない!驚く程に綺羅びやかなその内装

入場チケットは、正面入口のすぐ隣にあるチケットカウンターで購入することが可能です

《入場料》
大人:250ルーブル
7〜15歳:50ルーブル
正面のこの広場はスリも多いことで有名なので、チケットを買う際はひときわ注意が必要。

それでは、いよいよ聖堂の中へ入ってみましょう!

DSC00316のコピー

柱、壁、天井、床……隙間なく所狭しと描かれたモザイク画の数々が、まず訪れた人々の度肝を抜くこと間違いなし。
青色を中心に使用された極彩色が彩るこの空間はまさに圧巻で、どこか異空間にでも迷い込んだかのような錯覚に、人々を引き込みます。

DSC00319のコピー

一番高いクーポラの部分には、全能者ハリストスのイコンが訪れた人々を見守ります。

DSC00333のコピー

主祭壇部分には、ロシア正教の建築物によく見られる聖所と至聖所を区切るための壁――イコノスタシスが置かれています。

当時のロシア屈指の芸術家達によって作られたこのイコノスタシスは、厳密なルールのもとに配置され、中央にハリストス、その脇にマリアとガブリエル。
そしてマルコ、マタイ、ルカ、ヨハネの福音書記者が描かれているのだそう。

詳しいことはわからなくても、何はともあれ一見の価値は十分にあるこの聖堂。

外見も内装も期待を一切裏切らず、そしてロシアっぽさをふんだんに感じることができるこの『血の上の救世主教会』。
皆さんもこの教会を見学するために、是非サンクトペテルブルク……そしてロシアを訪れてみてはいかがでしょうか?

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

これだけじゃない!ロシアのメルヘンチックな建造物の数々

勿論、美しい建造物は『血の上の救世主教会』だけではありません。
ロシアにはまだまだカラフルでメルヘンチックな建造物がたくさん!

DSC00413

『スモーリヌイ修道院』

淡い水色と白がなんとも可愛らしいこちらの建物は、サンクトペテルブルクにある、女子修道院。

DSC00435のコピー

『エルミタージュ美術館』

宮殿として使用されていたこともある、この豪華で鮮やかな建物は、世界三大美術館の一つとも言われ、尚且つ世界最大規模を誇るエルミタージュ美術館。

レオナルド・ダ・ヴィンチの聖母子画なども所蔵しており、美術ファンには垂涎ものであること間違いなし。

DSC00724のコピー

『クレムリン』

そして、ひときわ鮮やかさが目立つこの建物は、世界遺産にもなっている旧ロシア帝国の宮殿クレムリン。
玉ねぎ頭、カラフルな装飾……こちらもロシアらしさがいっぱいに詰まった建築物ですね。

 

広大な土地、寒冷な気候。シベリア鉄道にバイカル湖、ピロシキ、ボルシチ。
――そして、メルヘンチックな建築物、豪華絢爛な教会。透き通った青い空と極彩色のコントラスト。

この記事を読んで、ロシアのイメージは変わりましたか?

広いロシアには、まだまだ素敵な場所がたくさんあります。
皆さんも是非、自分の足で行って、自分の目にその景色を焼き付けて来てはいかがでしょうか。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  2. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  3. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  5. こんにちわリョウです(^^♪海外を長期で旅していると財布の中に色んな国の紙幣が混ざることもし…
  6. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  7. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  8. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  9. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…

注目記事

  1. ポロリで幸運をゲット! 女も男も熱狂する「ニューオリンズ・マルディグラ」(New Orleans…
  2. はじめに正社員として定職につくのが簡単ではない昨今。それは学歴や成績、そしてコネさえ大きな背…
  3. はじめに地球にぽっかりと口をあけた洞窟は、世界各地に驚くほどの数と規模で横たわっています。普…

ピックアップ記事

  1. 日本人宿とは日本人バックパッカーならではの選択肢として、日本人宿に泊まるという方法もあります…
  2. 憧れのバカンスを楽しめる街地中海のビーチでのんびりと時間を過ごす。そんなバカンスをイメージしたこ…
  3. ブロンド美女は経済不況を覆せるか? 「ブロンド祭り」(Go blonde)/ラトビア・リガブ…
  4. 「そうだ、台湾へ行こう!」京都のCMのキャッチコピーのように気軽に行けるのが台湾。日本・台湾…
  5. 見かけなくなった旅グッズ「あ~、それあった、あった!」ちょっと前までは旅の必需品だっ…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP