一人ぼっちで車中泊!笑。こんな楽しみ方もアリ~楽しみ方まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

一人だからこそ、気楽だし、格好をつける必要はないし、無計画な面があっても、失敗したって、仲間割れもなければケンカにもなりません。

一人ぽっちが苦手な寂しがりには向きませんが、一人で過ごすことを少しでも楽しめる人なら、車中泊のお楽しみ幅はグンと広がります。

一人だからこんな車でも車中泊できる!

フルフラットシートオプションがついた車なら、車中泊はほぼ万全体制です。でも、一人での車中泊なら、一般車でも軽自動車でも、時にはツーシーターのスポーツカーでもできてしまいます。何せ、体一つ横たえられればいいのですから。

さすがに座った状態での就寝はさけたいので、ある程度、ビジネスクラスのシートくらいのリクライニングは確保したいですね。上であげた車種のうち、ツーシーターのスポーツカーで、リクライニングが不可なものは残念ながらかなり厳しくなります。ただ、レカロシートのように硬いシートでさえなければ、運転席と助手席の座面に硬めのマットを渡すことで寝床を確保することが可能です。伸び伸び~とはいきませんが、横たわることはできます。

また、多くの一般車なら、助手席か後部座席を使って、一人ならそれなりに体を横たえることが可能です。さらに寝心地をアップさせる方法としてハンモックがあります。車内にハンモックをつる場所を確保する必要があるのですが、車のドアから吊り紐を出し、車の天井部分を通して再び車のドアから吊り紐を入れることで、車内にハンモックをつることができます。ハンモックの寝心地は人によって好き嫌いが分かれるので、誰にでもおすすめできる技ではありませんが、一案として。

男性一人旅では、トラックタイプの荷台にマットと寝袋を出してごろ寝するという技もあります。季節が限られるほか、キャンプ場などの安全性がある程度確保された場所でしか実現しませんが、満天の星空の下で眠ることができる最高のアウトドアナイトを体験できます。

一人だから急展開も楽しめる

団体旅行とまでいかなくても、旅仲間がいると旅に「予定」が組み込まれがちです。出発日と帰宅日、観光の好み、睡眠時間のサイクル、食事のスタイル、お風呂好き度、トイレの頻度などなど…旅の中身的なことから日常的なことまで、さまざまな「予定」が必要になります。

一人での行動にも多少の予定は必要でしょう。でも、その予定を守るのも変更するのも、自分ひとりの判断でOK。誰の意見もきかず、誰かを説得する必要もありません。予定通りにいかなくても誰も不機嫌になったり、困ったりしないのです。

車中泊は狭い空間の中で過ごす時間が長くなります。同乗者がいると、楽しいことがある反面、気遣いする部分も多くあります。それが一人ならほぼゼロ! どんな急展開だって、自分がOKならGO! NOと思えばNOでいいのです。あなただけの楽しい~を判断基準にしていい気軽さ。最高です。

一人だからこその楽しみ

思い立ったらその日に出発! の気軽さ。荷物はゼロでもOK。一人分の必要物資なら100均を使えば、ほとんど揃います。逆に、誰かと一緒なら「そんなものまで持ってきたのか?」といわれそうなものだって持ち込み自由。車だから重くたってかさばったってへっちゃら。あれもこれも好きなだけ(寝場所を確保できる範囲で)持っていきましょう。

好きなものが食べられるというのも一人だからこその楽しみ方です。一人飯が寂しい人は、一人車中泊そのものが向いていないので考慮しません。自分の食べたいものを目的地にしてもいいし、自分の満足だけを求めて、そして自分のお財布加減だけを気にして、食事を選ぶことができます。

お金の扱いがラクチンなのもあげておきましょう。複数での行動につきものな、面倒な割り勘をする必要がありません。交通費も食費も観光費用もすべて自分が自分のために支払うだけ。遠慮をする必要も、お財布事情に青くなる心配もありません。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

一人車中泊の過ごし方、おすすめ例

パソコンやタブレットを持ち込み、一人でオールナイトムービーナイトを楽しむのはいかがでしょうか? いつか見たいと思ってためてこんでしまった映画やドラマをじっくりと一人で楽しむのにまたとないチャンスです。

一人撮影会は、気になる風景を一人気ままに撮影して旅するパターンもありでしょうし、自分自身の一人車中泊スタイルを撮りまくるというパターンもあっていいでしょう。皆さんご存知のように、最近は車中で撮った写真でも、背景の加工はいくらでもできます。普通に自分のブロマイド作成をすることだって可能です。

卒論などの論文を完成させるのもおすすめ。ラップトップが一台あれば、そして資料さえ持ち込んでいれば、静かで邪魔の入らない環境の中で論文に集中できます。文筆業の人にもおすすめかも。

マンガフィーバーと称して、大人買いした数十巻から数百巻のマンガを一気読みするのも楽しそうですね。ぜひ挑戦してみたいです。

女一人車中泊の不安解消

この楽しくも気軽な一人での車中泊。性別が女性であるというだけで、ちょっとハードルが上がってしまいます。自分の身は自分で守る、これは男女共通ですが、女性のほうが危険度が高いのは社会の常識です。

だからといって、女一人車中泊を諦める必要はありません。不安を解消する工夫をすればいいのです。

たとえば、車中泊場所の選定で安全度は大きく変わります。車中泊を選ぶ以上安く泊まりたい気持ちはありますが、安ければ危険と隣り合わせでもいいという考え方はNG。両方をバランスよく見極めるところが、車中泊の醍醐味でもあります。

また、窓を開けての換気や涼風は確かに気持ちがいいものですが、誰もが寝静まるような時間帯に窓を開け放っていれば、危険を呼び寄せているようなもの。危険を避けるために、小型のバッテリーを購入して扇風機や冷風扇を動かすなどの工夫をすれば、安心して眠れます。

さらには、防犯ブザーなどの助けを呼ぶグッズを身につけておくこと、身を守るためのグッズ(例えばペッパースプレーや電気ショック系など)を車載しておくことも、安心をプラスする工夫です。

一人だから持っていきたいもの

一人でなくても持っていけるものばかりですが、一人だからこそ持っていけばもっと役に立ち、楽しめる、そんなものをリストアップしてみました。

本。個人的な好みもありますが、読書は孤独な時にこそ楽しめるもの。一人車中泊の夜は長く、ときには昼も長いので、じっくりと読み込むことができます。

趣味グッズ。どちらかというと、人目を避ける系の趣味グッズを究極の個室感覚の車内でじっくりと味わうのもおすすめ。

保存容器。一人旅で一人食だと、自炊であっても買い食であっても、偏りや余りがどうしても出やすくなります。そこで、しっかり密封できる保存容器を用意して保存しましょう。夏場に冷蔵庫がなくても、コンビニで購入した冷凍食品や氷と、トロ箱(発泡スチロール箱)などを使えば、一晩程度は十分持ちます。溶けた氷は美味しいお水に変身。または氷水にタオルを濡らして体を拭くと生き返ります。

多めのサンシェード。100均のものでもかまいませんが、サイズ的に少し大きめのものを窓の数分購入しておくと、視線も外の明かりも遮ることができます。

洗濯ひも。衣類も小物なら洗面所で手洗いが可能。乾燥しがちな車内に干しておけば、衣類は乾き、人は乾燥肌を防げます。

保安グッズ。前項でもあげましたが、防犯ブザーや犯罪撃退のためのちょっとした対抗攻撃グッズを身につけたり車載しておくのも、一人での車中泊だからこそ必要です。女子に限らず、男性の場合もあると安心ですね。

まとめ

これまでずっと行きたいと思っていたけれど、仲間のノリが悪くて実現していない場所があれば、一人車中泊を実行するチャンスかも。

引きこもってやりたい! と願っているのに、チャンスがないなら、これまた一人車中泊の旅にでるチャンスかも。

週末や数日の休みを使って、うん? 行ってみるか~くらいの軽いノリで出発してみませんか? 別に、目的地にたどり着かなければいけないという義務はありません。持ってきた本を読まなくてもペナルティはなにもありません。嫌になったらやめていいのです。他の場所や事柄に魅力を感じたら、変更していいのです。

一人だから、自分さえよければすべてよし。もちろん、ほかの車中泊者や周辺の方々などに迷惑をかけない範囲ではありますが、行き先や車中での過ごし方は原則として「自由」です。自分に決定権があります。

それでも、一人であることや車中泊に不安を感じるなら、手始めに近場のオートキャンプ場からスタートしてみてもいいかもしれません。設備や保安面での不安がほぼクリアされるので、自分だけの「楽しみ」に集中しやすく、失敗や挫折感を味わう可能性が低くなります。そうして得た最初の成功は一人車中泊にハマるきっかけにきっとなってくれることでしょう。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  2. あなたも旅をしている気分になれる国境越え動画♪pipi島 → 船でクラビー → トラ…
  3. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  4. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  5. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  6. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  7. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  8. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  9. これでアキちゃんと約2年間旅をしました!車内で灯油ヒーターを焚いてマイナス18度の中キャンプ…
  10. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…

最近の人気記事

  1. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
  2. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
  3. はじめに海外旅行は家族で行くのがごく普通でも、その旅のスタイルがバックパッカーだと家族で出発…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP